街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

<「街はぴ」サービス終了のお知らせ>
誠に勝手ながら「街はぴ」は、2024年3月28日(木)をもちましてサービスを終了することになりました。これまで長きにわたり皆様にご愛顧いただき、ありがとうございました。
<「街はぴ」サービス終了のお知らせ>
誠に勝手ながら「街はぴ」は、2024年3月28日(木)をもちましてサービスを終了することになりました。これまで長きにわたり皆様にご愛顧いただき、ありがとうございました。
大宮八幡宮「杉並花笠祭り」で山形県の文化に触れる西永福おでかけコース

文化・歴史

大宮八幡宮「杉並花笠祭り」で山形県の文化に触れる西永福おでかけコース

ページ閲覧数
245

今回は「大宮八幡宮」でコロナ禍を経て4年ぶりに開催される「杉並花笠祭り」に行ってきました!京王井の頭線「西永福駅」から会場となる大宮八幡宮に向かい、鏡開きを見て露店で地酒や名物「いも煮」をいただきます。お店を楽しんだら、大賑わいの会場を一度出て、「天ほう」でボリュームたっぷりの天ぷらランチに舌鼓。ひと休みした後は、再び大宮八幡宮の参道で花笠踊りパレードを楽しみ、最後に「たまじ珈琲」でおいしいコーヒーでほっこりして、西永福駅にゴールします。 4年ぶりに開催ということもあり、大賑わいを見せる杉並花笠祭り。地元愛にあふれるお祭りにさあ出発です!

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【10:50】「西永福駅」をスタート

【10:50】「西永福駅」をスタート
西永福駅

西永福駅は京王井の頭線の駅です。渋谷駅からは急行吉祥寺行に乗り永福町駅で各駅停車に乗り換え約12分で到着します。今日は気持ちのいい晴天!西永福駅北口を出ると大勢の人たちが大宮八幡宮のある商店街方面に向かって歩いていたので、道に迷うことはありませんでした。

西永福駅の改札を出たところでは、このようにお祭り会場となる大宮八幡宮の立て看板がありました。道中は、のぼりもたくさん立てられていて、お祭り気分を楽しむことができます。

02

【11:00】「大宮八幡宮」の表参道で露店を楽しむ

【11:00】「大宮八幡宮」の表参道で露店を楽しむ
大宮八幡宮

西永福駅から歩いて7分ほどで杉並花笠祭りが開催される大宮八幡宮に到着しました。杉並花笠祭りは今年で30回目を迎える、地元で愛される初冬の風物詩といえる行事です。 地元西永福に本社を構えるサミット株式会社と大宮八幡宮が主催し、山形県や山形観光協会などが後援。そして多くの食品企業などが協賛してお祭りを盛り上げています。

立派な鳥居をくぐると、表参道に多くの露店が軒を連ねています!一般的な露店とは異なり、後援している組織・団体や協賛企業のブースが並んでいます。 会場は多くの方で大賑わいです!
まずは表参道を歩いてメインステージへ。 11:00になると、関係者の方による鏡開きがありました。コロナ禍で開催を中止していた杉並花笠祭り。多くの方がこのお祭りに関わっており、熱い想いを持って4年ぶりに開催されていることが感じられました。
鏡開きでも提供されていた山形の日本酒「六歌仙」がチャリティーでも提供されていました。募金箱に寄付をすると、六歌仙をなみなみと1杯コップに注いでいただけます!
さっそく1杯いただきました。 甘さが感じられて飲みやすいお酒でしたよ。朝から贅沢なひとときです。
そして、山形名物「いも煮」もチャリティーで振る舞われていました!募金をすれば食べられるということもあり大人気。11:00過ぎには300人以上の行列ができていました。何度も補充のためにいも煮が入った大きな鍋が運ばれていて、ブースは大忙しです。
お待ちかねのいも煮です!大鍋で煮込んだいも煮は熱々で、こんにゃく、里芋、豚肉,舞茸、ネギなど具材たっぷり。出汁が効いてとても美味しかったです。これは並ぶ価値ありの一品でした。
お腹が温まったところで、次は露店を覗いてみます!こちらは、山形物産展。山形産の新鮮な野菜が1つ100円で販売されていました。 エコバッグ持参で野菜を手に取っている方が多く見られました。 他にも、寄付をすれば商品がもらえるブースや、食品が通常価格の半額以下など、とってもお得な価格で販売しているブースがほとんどで、見ているだけでもワクワクしてきますよ。

03

【11:50】「天ほう」で天ぷら定食ランチを満喫

【11:50】「天ほう」で天ぷら定食ランチを満喫
天ほう

お昼になったので、お祭り会場を一旦後にして、ランチを食べに行くことにしました。西永福商店街にある、揚げたての天ぷらがおいしいと評判の「天ほう」です。 朝からおいしい日本酒をいただいたからか、はたまた露店グルメをたくさん見たからか、食欲旺盛です。

店内は、カウンター5席と2人席のテーブルが2つとこぢんまりしています。お店にはテレビが置かれていて、町の天ぷら屋さんといったカジュアルなお店です。
「天ぷら定食」(1,280円税込)を注文しました。これがボリュームたっぷり! 左上の小鉢が3種、半熟玉子の天ぷらを含めた7種の揚げたて天ぷらとお吸い物がついています。
天ぷらのお皿を持ってみたら、ずっしりと重みがあります。 これで1,280円はお得!天つゆの他、テーブルに置かれた焼き塩で食べるのもおすすめです。 天ぷらは熱々でカラッと揚げられていてサクサクの食感。量が多いかも?と思いましたがペロリと食べてしまいました。

04

【13:10】「大宮八幡宮」表参道で花笠踊りパレードを楽しむ

【13:10】「大宮八幡宮」表参道で花笠踊りパレードを楽しむ
大宮八幡宮

お腹が満たされたところで、のんびりと大宮八幡宮に戻ります。 杉並花笠祭りでは、午前の部と午後の部の2回、表参道で本場山形の花笠踊りパレードが開催されます。午後の部は13:10からで、パレードの少し前からメイン会場では太鼓の演奏が始まりました。

色鮮やかな衣装に身を包んだ花笠踊りのパレードがやってきました!有名な花笠音頭の音楽に合わせて幅広い年齢の方が楽しそうに参加されています。 花笠踊りは、東京山形県人会花笠踊り愛好会や地元商店会婦人部、そして主催者であるサミットや協賛企業などの方々が参加されているそうです。
パレードは約30分で、その間どんどんパレードの一行が練り歩きます。花笠も衣装も素敵!アナウンスで「飛び入り参加も大歓迎ですよ!」と声がかかっていました。 シンプルな踊りで、気軽に参加できそうな楽しそうな雰囲気です。
パレードの時間帯はクライマックスだけに大盛況でした。 見応え抜群ですので、ぜひみなさんも来年は訪れてみてください。

05

【14:00】「たまじ珈琲」のおいしいコーヒーでひと休み

【14:00】「たまじ珈琲」のおいしいコーヒーでひと休み
たまじ珈琲

大宮八幡宮から駅に向かって歩いていくと、西永福商店街に入る手前に「たまじ珈琲」があります。コーヒー豆やスイーツを販売している小さなお店ですが、お店の前にイートインスペースがあるので、こちらで一休みすることにしました。

カウンターにはコーヒー豆やクッキーなどが並んでいます。木の温もりが感じられる温かい雰囲気のお店で、とても気に入りました。
「本日のコーヒー」(270円税込)は、「苦め」と「あっさり」の2種類があり、「苦め」をオーダーしました。左手のベンチで座って待ちます。
ハンドドリップでコーヒーを淹れてもらっている間に、店頭のコーヒー豆をチェック。「X\'masブレンド」(730円/100g 税込)がおすすめとのことでした。
コーヒーはプラスチックを使わない、紙のみでできたバタフライカップで提供してくれました。爽やかな苦みを感じるコーヒーで食後にぴったりの味わいでしたよ。
屋外のベンチで寒いかも...と思いましたが、ヒーターがあるので足元がポカポカ。これなら冬でも暖かくしておいしいコーヒーを楽しめますね。

06

【14:30】「西永福駅」にゴール

【14:30】「西永福駅」にゴール
西永福駅

たまじ珈琲から徒歩3分くらいで西永福駅に戻ってきました。 今日は朝から「杉並花笠祭り」で山形の地酒や名物「いも煮」、そして花笠音頭に触れることができ、山形にとても親しみを感じることができました。また、西永福商店街の「天ほう」で天ぷらランチ、最後に「たまじ珈琲」でおいしいコーヒーも楽しめて、グルメ三昧な1日でした。とってもお得で楽しい体験ができる貴重なお祭りですので、ぜひみなさんも来年は行ってみてくださいね! ※このコースは2023年12月9日に行ってきました。