街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

夏でも涼を感じる「蘆花恒春園」の竹林散策と夏季限定「ケーキ屋さんのかき氷」を楽しむおでかけコース

お散歩・行楽

夏でも涼を感じる「蘆花恒春園」の竹林散策と夏季限定「ケーキ屋さんのかき氷」を楽しむおでかけコース

ページ閲覧数
674

暑い日が続く毎日。少しでも“涼”を感じようと、今日は京王線「芦花公園駅」から歩いて都立公園「蘆花恒春園」(通称:芦花公園)を散策します!まずは、蘆花恒春園に向かう途中にある、趣ある蕎麦処「蘆花庵」で腹ごしらえ。お腹が満たされたら、次は蘆花恒春園へ向かいます。木陰や竹林の間を散策し、帰りに芦花公園駅前にあるケーキ屋さん「ARIMA」で、かき氷を食べて「芦花公園駅」に戻ります。暑い夏でも涼を感じられるおでかけコース。さっそく出発しましょう!

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【11:20】京王線「芦花公園駅」スタート!

【11:20】京王線「芦花公園駅」スタート!
芦花公園駅

京王線「芦花公園駅」は、「新宿駅」から各駅停車で約18分。停車する電車は、「各駅停車」のみです。 改札を出て北口・南口ともにエレベーターとエスカレーターが完備され、バリアフリーにも配慮されています。 今回は南口からスタートします。

02

【11:30】「蘆花庵」でお蕎麦ランチ

【11:30】「蘆花庵」でお蕎麦ランチ
芦花庵

そば処「蘆花庵」は、地元で愛されるお蕎麦屋さん。「芦花公園駅」南口からスーパーサミットの方向へ歩いて2分ほどのところにあります。 お店に入ると、明るく元気な店員さんが迎えてくれました。

店内には10名掛けの大きなテーブルが1つと、4名掛けのテーブルが4つ。 お昼時は常連の方やわざわざ遠方からお蕎麦を食べに訪れている方、近くにある「世田谷文学館」帰りの方などで賑わっていて、ほぼ満席でした。
メニューが多くて迷いましたが、夏季限定メニュー「きす天丼セット(税込1,250円)」を注文。 今が旬の魚「キス」の天丼と冷かけそばにサラダと漬物もついて、ボリューム満点。 毎朝店内で作っているという自家製の蕎麦は、コシがしっかりとしてとても美味しく、キスの天ぷらやかき揚げも揚げたてサクサクで、とても満足しました。
天丼(税込950円)、かつ丼(税込850円)、親子丼(税込850円)などはテイクアウトもできます。 電話で連絡しておけば待たずにテイクアウトできるので、お近くの方はぜひご利用ください!

03

【12:30】「蘆花恒春園」で竹林を散策

【12:30】「蘆花恒春園」で竹林を散策
蘆花恒春園

ランチのあとは、近くにある「蘆花恒春園」へ。「蘆花恒春園」は明治〜大正時代に活躍した文豪・徳冨蘆花が暮らした旧邸宅の一帯を含んだ都立公園です。「恒春園」は徳冨蘆花本人によって命名されました。 敷地内には東京都指定史跡「徳冨蘆花旧宅」や「蘆花記念館」「夫妻の墓」などが残っています。他には、数多く植えられた竹林や季節の花が楽しめる「花の丘」「児童公園」や「アスレチック広場」などもあり、見どころ満載な公園です。 木々が立ち並んでいるため、木陰も多く、夏場でも涼しいですよ。

「蘆花庵」から「蘆花恒春園」正門まで徒歩12分ほど。 正門から入ると右手に早速竹林があり、“モウソウチク”という種類の竹が影をつくります。
竹林の隙間から注ぐ木漏れ日がとても気持ちよく、癒されます。 ここでは暑い夏でも涼しい風が吹きます。
竹林の間を進んでいくと、茅葺き屋根の家が見えてきます。 ここは蘆花夫婦が過ごした邸宅で、現在は都の史跡に指定されています。 蘆花記念館では、屋敷とともに寄贈された農耕具や原稿など蘆花の遺品を見ることができます。
児童公園には、複合遊具やブランコ・滑り台・砂場・シーソー・スリング遊具があります。 木々の日陰になっているので、昼間でも比較的過ごしやすいです。
花の丘には季節の花々が植えられています。 春には桜やチューリップ、菜の花が楽しめ、夏には近くの小学生が植えた向日葵、秋にはコスモスも楽しめます。
こちらは、アスレチック広場。 滑り台の複合遊具は、児童公園の複合遊具よりコンパクトで、小さな子ども向けです。 児童公園同様、柵付きの砂場がありますが、こちらの砂場は日向だったので、砂遊びをするなら児童公園の方が涼しくおすすめです。

04

【14:00】洋菓子店「ARIMA」でかき氷を食べる

【14:00】洋菓子店「ARIMA」でかき氷を食べる
ARIMA

地元で愛される昔ながらの洋菓子店「ARIMA」。芦花公園駅の北口を出てすぐ、踏切の目の前にあります。 4月下旬~9月下旬にはかき氷もメニューに登場します!

「蘆花恒春園」正門から京王線の踏切を越えて、「ARIMA」まで徒歩15分ほどで到着しました。
奥には広めの喫茶スペースがあり、ショーケースから選んだケーキが食べられます。 今日はこの時期ならではのお楽しみ、かき氷を食べます。
ケーキをイメージして作られているかき氷は、ケーキと同じ材料が使われています。 “ケーキ屋さんのかき氷”とだけあって、普通のかき氷とはちょっと違い、どれも美味しそうで迷います!
いただいたのは「イチゴミルク(税込750円)」。 国産イチゴを使った自家製イチゴシロップとARIMA自慢の生クリームで「ショートケーキ」をイメージしたかき氷です。 生クリームが乗ったかき氷は初めて食べましたが、ふわっと甘い生クリームと、練乳のかかったフワフワ氷がとてもマッチしていました。
こちらは「レモンミルク(税込750円)」。 練乳の甘さとレモンの酸味が絶妙で、氷のフワフワ感も感じられるかき氷。 上に乗っているオレンジピールもとても美味しかったです。

05

【14:30】京王線「芦花公園駅」ゴール!

【14:30】京王線「芦花公園駅」ゴール!
芦花公園駅

「ARIMA」から「芦花公園駅」はもう目の前。 そば処「蘆花庵」から「蘆花恒春園」に向かう途中には、「世田谷文学館」もあったので、またの機会に訪れてみたいと思いました。 水分補給をしながら熱中症に気をつけて、ぜひ、涼を感じる散策を楽しんでください。 ※このコースは2020年7月16日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ