街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

冬も花を楽しめる!京王百草園で12月が見頃の山茶花(サザンカ)を楽しむコース

お散歩・行楽

冬も花を楽しめる!京王百草園で12月が見頃の山茶花(サザンカ)を楽しむコース

ページ閲覧数
573

今日は快晴!冬でも花を楽しむことができる「京王百草園」におでかけします。まずは最寄駅である「百草園駅」を出発して京王百草園に向かいます。四季を通じて様々な花が楽しめる京王百草園を散策して、山茶花(サザンカ)や晩秋の紅葉を楽しんだら、駅方面に戻り、「中華そば つけめん専門店 弘前軒」でランチ。帰りにグリーンショップ「ELF FLORIST(エルフフローリスト)」でお土産を探します。さあ、冬でもお花を楽しめるコースにさっそく出発しましょう!

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【10:20】京王線「百草園駅」からスタート

【10:20】京王線「百草園駅」からスタート
百草園駅

東京都日野市にある「百草園駅」。名前の通り「京王百草園」の最寄駅で、各駅停車と快速、そして区間急行が停車します。新宿駅から特急または準特急に乗車し、府中駅で各駅停車に乗り換えると30分ほどで到着します。

02

【11:40】冬の「京王百草園」で山茶花(サザンカ)を鑑賞する

【11:40】冬の「京王百草園」で山茶花(サザンカ)を鑑賞する
京王百草園

四季を通じて、様々な花が楽しめる百草園ですが、今日は晩秋から冬にかけて花をつける山茶花をお目当てにでかけました。「百草園駅」からは、カーブが続く急な坂道を上りきった所に入り口があります。駅からは徒歩で約10分です。 園内には、江戸近郊の名所として「江戸名所図会」に紹介された日本庭園があり、高台にあるので、お天気に恵まれた日には、新宿都庁や東京スカイツリーも見ることができるとか!また、著名な作家、歌人が愛した場所で、徳冨蘆花や若山牧水などが訪れています。

受付で入場料大人300円(税込)を支払い、最初の急な階段を上って「あずまや」に向かいます。「山茶花は、あずまやの横にありますよ」と受付で教えていただいたからです。 ありました、山茶花!山里のような景色の中、あずまやに寄り添うように咲く山茶花が映えます。
木の高い位置にもたくさん花をつけていたので、見上げるようにして、山茶花を鑑賞しました。 今年は大きな台風や雨が多かったので、例年より早く咲いて、散ってしまったとのこと。 間に合って良かったです。
山茶花が早く咲いたおかげで、紅葉も存分に楽しめました。
見事な茅葺き屋根が目を引く「松連庵」の前の大きな銀杏。今が一番の見頃でしょうか?黄色く色づいた葉が素晴らしかったです。 銀杏の木の下には、黄色の絨毯が広がっていました。 こちらのベンチでひと休みします。
せっかくなので、紅葉を楽しみつつ、さらに上を目指して散策します。 紅葉の中には、まだ黄色のものもあり、彩り溢れる園内を楽しみました。
「松連庵」から「見晴台」に行く途中、大きな若山牧水の歌碑がありました。 若山牧水は恋多き人で、失恋の歌を「百草園」で読んだそうです。 「見晴台」からは先ほどの銀杏が、光り輝くように見えました。

03

【13:00】「中華そば つけめん専門店 弘前軒」であったかランチ

【13:00】「中華そば つけめん専門店 弘前軒」であったかランチ
中華そば つけめん専門店 弘前軒

この辺りで大人気の「中華そば つけめん専門店 弘前軒」。味とその量で勝負するお店です。男性ばかりかと思わせるような外観の暖簾をくぐると、中年ご夫婦のお客様が多く、客層の幅広さに味への期待がさらに高まります。「京王百草園」からは「百草園駅」を通り過ぎて、徒歩で約15 分で到着しました。

大通りに面し、建物の背中側には線路という場所にある 弘前軒。 お店の前にも大きく 「当店の麺はたっぷり2玉入っています」 と書かれていました。 また、女性には嬉しい、少なめ(1玉)希望の場合は煮玉子か、温泉玉子をサービスします!とのこと。
テーブル席がすでに満席だったので、カウンターでいただきます。 季節柄、中華そばが人気のようですが、今日は初めての来店だったので、名物「つけめん」850円(税込)をオーダーしました! もちろん、麺は少なめ(1玉)で大好きな煮玉子をサービスしてもらいました。
こちらで麺は1玉。これでも十分!というボリュームですね。 男性の中にも1玉をセレクトし、代わりにサービスされる煮玉子か、温泉玉子を味わっている方もたくさんいました。 スープがあっさり、ネギがふんだんに入っていることもあり、お蕎麦感覚で完食してしまいました。とても美味しかったです! また、店員さんの対応がとても親切、丁寧な点も印象に残りました。

04

【14:00】「ELF FLORIST(エルフフローリスト)」で季節の花をお土産に

【14:00】「ELF FLORIST(エルフフローリスト)」で季節の花をお土産に
ELF FLORIST(エルフフローリスト)

「中華そば つけめん専門店 弘前軒」から踏切を越えて、百草園駅のホームの外側をぐるっと1周するようなコースで「ELF FLORIST(エルフフローリスト)」に向かいます。「ELF FLORIST」は、地元で長年愛されている、街の花屋さんです。

この季節らしい、ポインセチア、プリンセチアの鮮やかな色。見ているだけで、気分も上がります。
こちらの花屋さんは花束も得意とのこと。綺麗な菊の花束が300円(税別)と、そのリーズナブルさが目を引きます。 今日は、こちらの花束を購入しました。

05

【14:20】「百草園駅」にゴール

【14:20】「百草園駅」にゴール
百草園駅

「ELF FLORIST(エルフフローリスト)」から徒歩約10秒で駅の入り口です。今日は「百草園」の晩秋から冬にかけての景色を楽しめました。快晴だったこともあり、色鮮やかな紅葉がまぶしく、また、冬に咲く山茶花も楽しめてとてもラッキーでした。街に根付く名店も訪れることができたので、また違う季節に再訪したいと思います。 ※このコースは、2019年11月29日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ