街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

「多磨霊園駅」でボリュームたっぷりとんかつランチと日本初の公園墓地「多磨霊園」で紅葉を楽しむ親子おでかけコース

親子お出かけ

「多磨霊園駅」でボリュームたっぷりとんかつランチと日本初の公園墓地「多磨霊園」で紅葉を楽しむ親子おでかけコース

ページ閲覧数
1,344

「多磨霊園駅」で秋のお散歩をしてきました。駅をスタートして「とんかつ割烹 やすいみーと」でボリュームたっぷりのトンカツランチを食べて、次は多磨霊園駅から京王バスで「多磨霊園表門」へ。日本初の公園墓地「多磨霊園」で紅葉を観賞します。その後「多磨霊園表門」から京王バスで多磨霊園駅に戻り、「しのぱん」でおいしい蒸しパンを買って「多磨霊園駅」にゴールします。それでは行ってみましょう!

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【11:50】「多磨霊園駅」スタート

【11:50】「多磨霊園駅」スタート
多磨霊園駅

京王線「多磨霊園駅」は、快速と各駅停車が停まります。新宿駅からは、特急、準特急で調布駅まで行き各駅停車に乗り継ぐと、新宿駅から約30分で到着します。

02

【12:00】「とんかつ割烹 やすいみーと」でボリュームたっぷりランチ

【12:00】「とんかつ割烹 やすいみーと」でボリュームたっぷりランチ
とんかつ割烹 やすいみーと

「とんかつ割烹 やすいみーと」は、飲食店の他に食肉の加工や卸業を行っていて、新鮮でおいしいお肉を破格で提供できることで知られる人気店です。「多磨霊園駅」からは徒歩約6分です。

店内はテーブル席と座敷、カウンター席があります。空いていた座敷席に案内されました。 ステーキやメンチカツなど、ランチメニューを眺めます。どれも美味しそう...。 いろいろ迷って「とんかつ定食」900円(税込)を注文しました。ご覧のボリュームで1,000円以内は破格だと思います。
お子様メニューもありましたが、「名物のトンカツを食べたい!」ということで子ども達も同じものを注文して子ども2人でシェアしました。
特製の味噌だれソースがこれまた美味しい! お肉が柔らかく感激しました。子ども達にも好評でした。 【子連れおでかけポイント】 ・ベビーカーは入口に折りたたみ ・お子様メニューあり ・ランチタイムのみ禁煙

03

【13:30】「多磨霊園駅北口」から京王バスで「多磨霊園」へ移動

【13:30】「多磨霊園駅北口」から京王バスで「多磨霊園」へ移動
多磨霊園駅北口バス停留所

「やすいみーと」から「多磨霊園駅」に戻り、北口から京王バスに乗車し「多磨霊園」に向かいます。「JR武蔵小金井駅南口」行き、または「多磨町」行きに乗車して、「多磨霊園表門」で下車します。乗車時間は10分ほど。運賃は大人200円(税込)、小学生以上の子どもは100円(税込)です。

04

【14:00】親子で日本初の公園墓地「多磨霊園」をお散歩「紅葉観賞」

【14:00】親子で日本初の公園墓地「多磨霊園」をお散歩「紅葉観賞」
多磨霊園

「多磨霊園表門」から徒歩3分ほどで「多磨霊園」に到着します。「多磨霊園」は文字通り霊園ですが、日本初の公園墓地としてその広さは東京ドーム27個分に相当するそうです。都立霊園の公式サイトには「霊園めぐりのおすすめ」というページもあり、近頃は「霊園散歩」も推奨されているのだそうです。海外の観光などで、歴史上の人物を霊園で巡ることもありますよね。今回、こちら「多磨霊園」にもたくさんの著名人が眠っています。人物によってはお墓の場所が公開されており、足跡を辿ることもできるそうです。

さらに、「多磨霊園」は知られざる紅葉の穴場スポットでもあるそうで、今日は紅葉も目当てにお散歩がてらやってきました。 「多磨霊園」に到着して早々、正門付近で、良い色づきのもみじに出会うことができました。
紅葉を眺めつつ、管理事務所でパンフレットをゲットしました。霊園の区画が細かく記載されていて、背面には主な著名人の霊園の場所の詳細が記載されていました。 私が気になったのは「与謝野晶子」や「江戸川乱歩」など。子ども達には、サザエさんの原作者「長谷川町子」や芸術家の「岡本太郎」についてのイメージは把握できそうだったのでプチレクチャー。「霊園散歩」はちょっとした豆知識を広げるのにも良さそうですね。 このマップで1枚で「東京ドーム27個分」の広さを表しているということですが、マップだけでは大人も実感が湧きませんので、さっそく歩いてみることにしました。
霊園散歩の良さは、とにかく混雑がないこと。 節度を守れば自由に散歩ができる空間です。 綺麗に色づいている紅葉巡りをしようということになりました。
SNS映えもばっちりの紅葉風景をおさえましたよ。
落葉がまるで赤い絨毯のよう。 こんな風情たっぷりの光景には心底癒されますよね。
歩いてみて解りましたが、現在1から26まである区画の1区画がなんとまあ広いこと。 とても1日では廻りきれませんでした。

05

【15:30】「多磨霊園表門」から京王バスで「多磨霊園駅」へ移動

【15:30】「多磨霊園表門」から京王バスで「多磨霊園駅」へ移動
多磨霊園表門(バス)

たっぷり歩いたので駅に戻ることに。「多磨霊園」正門から徒歩3分ほどのところにバス停「多磨霊園表門」があります。こちらからバスに乗車、多磨霊園駅に戻ります。運賃は行きと同じく大人200円(税込)、小学生以上の子どもは100円(税込)です。

06

【16:00】「しのぱん」でもちもちの「蒸しパン」をおみやげに購入

【16:00】「しのぱん」でもちもちの「蒸しパン」をおみやげに購入
天然酵母の蒸しパン屋 しのぱん

「多磨霊園駅」に戻ってから、徒歩約10分で美味しい蒸しパンのお店「しのぱん」に到着します。天然酵母を使用した身体に優しい手作りの蒸しパンです。売り切れも多い人気店です。

お店の扉には、ベビーカー、車いすの方がそのまま入店できるという優しいステッカーが貼ってありました。入店前から温もりを感じます。
ところどころに売り切れのカゴが点在していました。
「きなこフレーク」180円(税別)「まめまめ」160円(税別)「マルゲリータ」180円(税別)を選びました。 「きなこフレーク」はすぐになくなることが多いそうなので、入手できてラッキーです。
「マルゲリータ」味に限らず、蒸しパンの名前として生まれて初めて目にするものばかりでした。 そのままでもおいしいのですが、説明通りに、自宅で蒸してみたら大正解。それぞれの味はどれも優しく、モチモチで美味しく、子ども達も感激していました。

07

【16:40】「多磨霊園駅」ゴール

【16:40】「多磨霊園駅」ゴール
多磨霊園駅

「しのぱん」から徒歩約10分で「多磨霊園駅」にゴールしました。今日は「やすいみーと」でお腹いっぱいになって「多磨霊園」では綺麗な紅葉を鑑賞、さらにとても可愛らしい蒸しパンの「しのぱん」にも足を延ばすことができました。振り返ってみると秘密のおすすめスポットばかりにも思えて、まるで街歩き探検隊になったような気分になれる面白い1日でした。※このコースは2019年11月23日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ