街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

花火を間近で見られる!「相模原納涼花火大会」をピクニック気分で楽しむコース

イベント

花火を間近で見られる!「相模原納涼花火大会」をピクニック気分で楽しむコース

ページ閲覧数
283

相模原の夏の風物詩「相模原納涼花火大会」。48回目となる今回は、例年開催の8月から7月に開催時期が変更になりました。夏の始まりを告げるかのような圧巻の花火大会に行ってきました! 最寄駅の一つである「橋本駅」に到着したら、駅すぐの「エバーグリーンカフェ」で少し遅めのランチをして、バスに乗り花火会場となる相模川河川敷に向かいます。河川敷にたくさん出ている露店巡りを楽しみ、お待ちかねの打ち上げ花火を鑑賞。最後はバスで橋本駅に戻ります。 河川敷から間近に見られると評判の「相模原納涼花火大会」の様子をレポートします!

夕方 からスタート!

Good Evening!
Good Evening!

01

【15:00】相模原線「橋本駅」からスタート

【15:00】相模原線「橋本駅」からスタート
橋本駅

当日朝まで雨が心配でしたが、お天気が回復!「第48回相模原納涼花火大会」が開催になり、ウキウキしながら橋本駅までやってきました。 橋本駅は、特急、準特急、急行、区間急行、快速、各駅停車が停車する活気ある大きな駅。新宿駅からは準特急で40分ちょっとで到着到着します。

02

【15:10】「エバーグリーンカフェ」で遅めのランチ

【15:10】「エバーグリーンカフェ」で遅めのランチ
エバーグリーン カフェ

橋本駅の改札を出ると、駅直結のビル「ミウィ橋本」に向かいます。 ミウィ橋本1階に2019年5月にオープンしたばかりのおしゃれな「エバーグリーンカフェ」でランチをすることにしました。 地元野菜を取り入れていると評判のお店だそうです!

道路に面したお店で、ウッドデッキにはテラス席もあり開放的。 窓際の席に座り外を見ると、浴衣姿の人がちらほら。 花火大会の気分が盛り上がります。
店内は細長い造りで窓が大きく明るくて気持ちがいいです。
こちらのお店は、地元野菜をメニューに取り入れていて、「作る人、食べる人、みんな笑顔に」という素敵なコンセプトを掲げています。 店内にも地元の野菜が販売されていましたよ。
花火会場までバスに乗ったり歩いて移動する前に、こちらで腹ごしらえ。 ランチメニューから、日替わりの「エバーグリーンプレート」(918円税込)を注文しました。 この日は「ガパオライス」と「ケールのシーザーサラダ」。ケールのサラダは食感がしっかりとしていながらクセがなく、とても美味しかったです。さすが地元野菜、新鮮でした。 お腹が落ち着いたので、駅の南口バスのりばに向かいます。

03

【16:30】橋本駅南口バスのりばから路線バスで移動

【16:30】橋本駅南口バスのりばから路線バスで移動
橋本駅南口

駅北口方面の「エバーグリーンカフェ」から駅をまたいで南口のバスのりばに来ました。花火会場の最寄バス停となる「田名バスターミナル」には、1番のりばからバスで45分ほど。バスのりばにはすでに大勢の人たちが並んでいるので、迷うことはありません。 時間帯によってはバスで2時間かかる場合もあるそうなので、早めに移動することをおすすめします。 ※バスのりばは北口と南口の2箇所あるので、注意してくださいね

04

【17:20】花火会場最寄りの「田名バスターミナル」から花火会場に移動して屋台を満喫

【17:20】花火会場最寄りの「田名バスターミナル」から花火会場に移動して屋台を満喫
田名バスターミナル(バス)

路線バスの中は満員でしたが、渋滞に巻き込まれることなく45分ほどで花火会場最寄りの「田名バスターミナル」に到着しました。バスターミナルから花火会場となる相模川河川敷までは歩いて20〜30分ほどです。 バスを降りてから数分ほどのところにコンビニがあるのですが、花火会場までにあるコンビニはこの1店舗のみ。飲み物を買ったり、トイレを利用する人たちでとても混雑していました。

花火会場までは高低差があります。見晴らしのいい景色を楽しみながら、ハイキング気分で移動するのも楽しんじゃいましょう。 距離があるのでスニーカーがおすすめです。
20分ほど歩いて会場となる相模川河川敷に到着! 駐車場は大混雑!ほぼ満車のようでした。 駐車場と橋を挟んで逆側が観覧エリア。屋台もたくさん並んでいるので、さっそく行ってみましょう!
河川敷は屋台が目白押し。 たこ焼き、焼きそば、かき氷、タピオカドリンクなど、目移りしてしまいます。
涼しげなきゅうりの一本漬(250円税込)も美味しそう!
いろいろお店を見た結果、定番の「生ビール」(500円税込)と「唐揚げ」(400円税込)を購入。夏はやっぱりこれです! 河川敷はとても広いので、余裕を持ってレジャーシートを広げることができました。なんだかピクニック気分です。
ベビーカステラ(10個入り300円税込)も購入。 周りの人たちも、思い思いにレジャーシートを広げたり、テントを張ったりとアウトドアな雰囲気満載です。 途中小雨がパラパラと降ったりもしましたが、なんとかお天気が持ちこたえました。 夏の屋外のイベントなので、雨具の用意をしておくといいですね。

05

【19:00】「相模原納涼花火大会」打ち上げ開始!

【19:00】「相模原納涼花火大会」打ち上げ開始!
高田橋

花火がスタートする19時前になると、パン!パン!と打ち上げのリハーサル?のような花火の音がして、会場はだんだんと盛り上がりが高まって来ました。 もうそろそろかな、と思った瞬間、夜空に美しい花火が上がりました! 花火大会のスタートです。

今年の花火打ち上げ数は約10,000発。色鮮やかな花火が夜空を彩ります。 花火の打ち上げは数分ごとにインターバルがあり、放送で解説が入ります。
また、相模原納涼花火大会では「メッセージ花火」という粋な計らいがあります。 メッセージ花火とは、花火とともに、メッセージを場内放送で流してくれるとのこと。 私は残念ながら聞きとれませんでしたが、今年は素敵なメッセージが流れたのでしょうか。夏の夜に花火とともにメッセージを伝えるなんてロマンティックですね。
立ち見ではなく、レジャーシートでのんびりとくつろぎながら鑑賞できる相模原花火大会。スピーカーを持ち込んで音楽をかけている人もいれば、テーブルをきちんとセッティングして食事を楽しんでいるご家族も。 河川敷から見るので、すぐ間近で見られるのもポイントです。 また、相模川にかかる高田橋から花火を鑑賞している人もたくさん見かけました。 みんながそれぞれ花火を自分のスタイルで楽しんでいる感じがとても心地よく感じた花火大会でした。

06

【21:15】路線バスで橋本駅に戻る

【21:15】路線バスで橋本駅に戻る
田名バスターミナル(バス)

花火をたっぷりと満喫し、余韻に浸りながら、行きと同じく「田名バスターミナル」まで徒歩で戻ります。 帰りも渋滞せず、予定通り45分ほどバスに揺られました。

07

【22:00】「橋本駅」に到着!

【22:00】「橋本駅」に到着!
橋本駅

バスの中も花火の感想を話す声が聞こえる中、お祭り気分に浸っているうちに橋本駅前に到着しました。 今日はエバーグリーンカフェで新鮮野菜たっぷりのランチを楽しみ、相模原納涼花火大会を満喫しました。会場までの予想していた混雑もさほどではなく、ピクニック気分で花火をリラックスしながら鑑賞できたのが良かったです。 都心部で立ち見の花火を見るのとはまた違った楽しみ方ができるのでおすすめですよ。ぜひみなさんもおでかけしてみてくださいね! ※このコースは2019年7月15日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ