街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

子どもと調布飛行場で遊ぼう!遊具ひろばや格納庫見学をして「プロペラカフェ」でのんびりする飛行機満喫コース

親子お出かけ

子どもと調布飛行場で遊ぼう!遊具ひろばや格納庫見学をして「プロペラカフェ」でのんびりする飛行機満喫コース

ページ閲覧数
1,347

飛行機を間近で見られる「調布飛行場」に親子でおでかけして来ました!まずは「調布駅」からスタートして「調布駅北口」からバスで「調布飛行場」前まで行き、飛行機を見学。さらに調布飛行場敷地内の「調布飛行場遊具ひろば」で遊んだり、「プロペラカフェ」でカフェタイムを楽しんで、バスで「調布駅北口」へ。最後に世田谷生まれの文房具店「文具ハラジマ調布店」でお土産を購入して「調布駅」にゴールします。 飛行機好きにはたまらないおでかけコースに出発です!

昼 からスタート!

Good Afternoon!
Good Afternoon!

01

【13:20】「調布駅」スタート

【13:20】「調布駅」スタート
調布駅

「調布駅」は京王線と相模原線の分岐点で、映画のまちとしても有名です。新宿駅から特急を利用する場合は、乗車時間わずか15分ほどで到着するので便利です。

02

【13:30】「調布駅北口」からバス移動

【13:30】「調布駅北口」からバス移動
調布駅北口バスターミナル

「調布駅中央口」から徒歩30秒ほどでバスターミナルに到着。今日はここから「調布40」のバスに乗車し、「調布飛行場」の前の停留所に向かいます。乗車時間は約15分。運賃は大人220円、子ども110円です。

03

【14:00】「調布飛行場」到着

【14:00】「調布飛行場」到着
調布飛行場

「調布駅北口」から乗車15分ほどで目的の「調布飛行場」の前にある停留所に到着します。調布飛行場は大島、新島などの東京諸島とも呼ばれる伊豆諸島間との飛行機が運航する空港です。

今日は飛行機には乗りませんが、こちらの2階の展望デッキで飛行機を眺めたり撮影できるスポットがあるということで、飛行機好きな子ども達とやってきたのです。
とても楽しみにしていたので、さっそく展望デッキのある2階に上がりましたが、 今日は雨模様のため、展望デッキは閉鎖中でした。
展望デッキに入れなくても、すぐ隣の待合室の壁面全体に広がる窓から飛行機の離発着が目の前で眺められたので、親子で安堵しながら、大満足で景色を眺めました。 隣のテーブルでは搭乗を待つ家族がお弁当を食べていました。
この大きな窓と開放的な飛行場だけでも、非日常。 旅行気分で写真を撮りたくなります。 ワクワクしながら親子で楽しい時間を過ごしました。

04

【14:40】「調布飛行場遊具ひろば」で遊ぶ

【14:40】「調布飛行場遊具ひろば」で遊ぶ
調布飛行場遊具ひろば

「調布飛行場」の隣に「調布飛行場遊具ひろば」があります。他の公園では見ることのできない飛行機の形の遊具がありフォトジェニックです。

遊具先頭の操縦席部分に実際に座って景色を眺めることもできます。
小さな子ども用のスプリング遊具も飛行機仕様で、嬉しい気分になりました。
珍しい遊具を楽しみながら遊んだ後は、同じく調布飛行場の敷地内にある「プロペラカフェ」に向かいます。

05

【15:00】「プロペラカフェ」でカフェタイムと格納庫見学

【15:00】「プロペラカフェ」でカフェタイムと格納庫見学
プロペラカフェ

「調布飛行場遊具ひろば」から徒歩8分ほどで「プロペラカフェ」に到着します。「プロペラカフェ」は、調布飛行場内の従業員などが使用する施設のひとつにあたります。そのため、カフェに向かう途中には入退場を管理するゲートがあり、私達は指定の用紙に氏名を記入しました。今回のように記入が必要になったのは2018年夏からだそうです。建物外観は撮影禁止ですが、カフェの中は撮影OKと告げられました。

カフェのテーブルと椅子は、白で統一されていて、とてもモダンな印象です。 飛行機の離発着が間近で見られ、手作りメニューの数々も美味しいそう。 特別感のあるカフェとして人気のお店です。
訪れた時間はカフェタイムですが、美味しそうな写真に釣られ始めた子ども達。 今日私達は、昼食がバタバタし過ぎていたのもあってもうお腹が空いてしまっていました。 カフェタイムですが子ども達は「プロペラバーガー」1,000円(税込)のオーダーを決めていました。バーガーは手作りの滑らかなお肉でポテトもカリカリで美味しかったので、思い切ってこちらに決めて正解でした。 私は「ホットコーヒー」300円(税込)をゆっくりと飛行機を眺めながら味わう贅沢な時間を過ごしました。
「NYチーズケーキ」や「ガトーショコラ」各500円(税込)も美味しそうでした。 他にもアイスクリームやクレームブリュレなどメニューは豊富にあったので次回来る時は他のものをオーダーしたいなと思います。 【子連れおでかけポイント】 ・ベビーカーでの入店可。 ・メニュー:キッズプレートあり。 ・その他:店内全面禁煙、子ども用スプーン・フォークあり。
食後は、貴重な機体が展示されているカフェの隣の格納庫も見学。 子ども用のパイロットの制服が記念撮影用に準備されていたので、子ども達はさっそく試着していました。 「あのー旅行に行きたいんですけれど、飛行機乗れますか?」 「あ、どうぞこちらから乗ってくださいね」 などと、記念撮影は二の次で、ごっこ遊びに興じる、愉快な子ども達でした。
格納庫見学の後は、カフェの入口付近に展示されていた、飛行機の操縦部分にも自由に触れることができました。 今度は飛行機の操縦ごっこに時間を忘れて夢中になっていました。
最後に、お土産もチェックしました。 リアルな飛行機の模型が陳列され販売されていたり、他にも、珍しいパッケージの紅茶など、ここでしか巡り会えなさそうなお土産品の数々が並んでいました。 親子ですっかり満喫。楽しくて名残惜しい私達は「今度は晴れた日にも来てみよう」という話をしながらカフェを出ることにしました。

06

【16:00】「調布飛行場」停留所からバスで調布駅へ

【16:00】「調布飛行場」停留所からバスで調布駅へ
調布飛行場停留所

「プロペラカフェ」から徒歩7分ほどで「調布飛行場」停留所に到着します。ここから「調40」系統のバスに乗ります。

乗車約10分で調布駅北口に到着しました。

07

【16:30】「文具ハラジマ調布店」でお絵かき好きな子どもとお土産を探す

【16:30】「文具ハラジマ調布店」でお絵かき好きな子どもとお土産を探す
文具ハラジマ調布店

調布駅北口から徒歩約3分で「文具ハラジマ調布店」に到着します。創業はなんと1950年。世田谷で創業した歴史ある文房具専門店です。「見て・さわって・たのしめる」がコンセプトだそうです。

文房具店といえばまず多種多様なファイル。様々な形式のファイルを実際に手に取って手触りや大きさを確認できる、最近では貴重なお店です。価格は100円(税別)からありました。
お絵かきが得意な子ども達が大好きなクレヨンやクーピー、色鉛筆も多種多様です。
私はこちらのカメラのデザインの「鉛筆削り」280円(税別)に一目惚れして購入を決めました。
さらに、子ども達と一緒に以前から探していたサイズに丁度ぴったりだったオレンジと緑のデザインで有名なマルマンの「スケッチブック」700円(税別)を購入しました。
他にも、子ども達は香り付の消しゴムやラインマーカーなども気になっているようでした。 店内には可愛らしい鉛筆をまとめて購入している小学生の女の子の姿もありました。 メモ帳やペンケースなどの種類も豊富で、特価品も狙い目です。またじっくり立ち寄ってみたいなと思いました。

08

【16:50】「調布駅」ゴール

【16:50】「調布駅」ゴール
調布駅

「文具ハラジマ調布店」から徒歩約3分で調布駅に帰ってきました。毎回違った顔を見せてくれる調布の街が好きで、何度もおでかけに来ている私達親子ですが、今日は特に以前から行きたいと思っていた「調布飛行場」と「プロペラカフェ」をセットで巡るお散歩コースを無事にまわることができ、予想以上の驚きもあり凄く楽しめました。さらに「文具ハラジマ調布店」では親子で楽しく文具選びができました。フォトジェニックな場所が多く、写真好きな方にもおすすめしたいコースです。※このコースは2019年4月30日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ