街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

地元の名店カレーをテイクアウトして「蘆花恒春園」で梅散策!親子で春を感じるおでかけコース

親子お出かけ

地元の名店カレーをテイクアウトして「蘆花恒春園」で梅散策!親子で春を感じるおでかけコース

ページ閲覧数
633

春が近づいてきました。今回は「芦花公園駅」からスタートし、地元の名店「カレーハウスちとせ」でランチのカレーをテイクアウトして「蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)」に向かい、公園でランチをします。ランチの後のお散歩で梅を観賞します。その後は「自家焙煎コーヒー イネマメ」でコーヒーをいただき「芦花公園駅」にゴールします。

昼 からスタート!

Good Afternoon!
Good Afternoon!

01

【12:20】「芦花公園駅」からスタート

【12:20】「芦花公園駅」からスタート
芦花公園駅

「芦花公園駅」は京王線の各駅停車のみが停車する駅です。新宿駅からは各駅停車で約18分です。北口と南口があり、両方の改札にエレベーターとエスカレーターが完備されています。

今日のおでかけは北口からスタートします。

02

【12:30】「カレーハウスちとせ」でランチ用のカレーをテイクアウト

【12:30】「カレーハウスちとせ」でランチ用のカレーをテイクアウト
カレーハウスちとせ

「芦花公園駅」から徒歩約1分で「カレーハウスちとせ」に到着します。芦花公園駅で、有名な昔ながらのカレー屋さん。 揚げたてカツカレーなど味と信頼で常連さんを惹きつけ、居心地の良いお店です。

訪れたのはちょうどランチタイム。 扉を開けるとお店は満席でした。そしてなんと 「今日は店内メニューは売り切れです。」 との声掛けがありました。
店内は完売でしたが、運良く「ポークカレー」650円(税込)のテイクアウトを購入することができました。 天気が良いので今日は公園でランチにすることにしました。 【子連れおでかけポイント】 ・ベビーカーでの入店可。  ・メニュー:キッズメニューなし ・店内は喫煙可

03

【13:30】「蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)」でランチ&梅を鑑賞

【13:30】「蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)」でランチ&梅を鑑賞
蘆花恒春園 児童公園

「カレーハウスちとせ」から徒歩約17分で「蘆花恒春園」の「児童公園」に到着しました。広大な蘆花恒春園の一角です。 蘆花恒春園はもともと東京都に寄贈された日本の文豪、徳冨蘆花の旧宅や敷地だったそうです。

広大な公園の敷地内にひときわ子供達を惹きつける大型遊具があります。その前のベンチでランチをすることにしました。
「カレーハウスちとせ」の「ポークカレー」650円(税込)はほどよい温かさを保っていました。 手洗いを済まし、さっそく食べ始めました。 じっくり煮込まれたルーに程良いピリっとした感覚が走ります。「これは美味しい!」と思ったところ、子ども達も「このカレー美味しい〜」と思わず声を出していました。お陰様で穏やかな春のランチタイムを満喫できました。
お腹いっぱいになったので「児童公園」からお散歩の開始です。 隣の「ドッグランエリア」を通り過ぎて「蘆花恒春園」の正門近くの芝に到着すると、たくさんの「八重寒紅梅」が植えられているのを発見しました。
「みて、かわいいピンク色だね。」 ちょうど見頃の早咲きの品種「八重寒紅梅」の花です。
スッキリとした青空に向かって伸びる枝の勢いに圧倒されました。 遠目からみれば繊細な梅の木の枝ですが、間近で見れば見るほど勢いが感じられとても気に入りました。
せっかくの機会なので「蘆花恒春園」の「蘆花記念館」にも足を伸ばしました。 隣の「サービスセンター」の窓には園内で鑑賞できる梅の種類が掲示されており、「八重寒紅梅」以外に「白加賀」などもあるようです。 じっくりと公園をお散歩しながら駅に向かうことにしました。

04

【15:00】「自家焙煎コーヒー イネマメ」でコーヒーをいただく

【15:00】「自家焙煎コーヒー イネマメ」でコーヒーをいただく
自家焙煎コーヒー イネマメ

「蘆花恒春園」から徒歩約20分で「自家焙煎コーヒー イネマメ」に到着します。まだまだ冷えも続く感のある本日のおみやげはコーヒーにすることにしました。 2017年8月オープンの芦花公園駅前でじわじわ人気を集めている自家焙煎の珈琲専門店に立ち寄ります。

和洋折衷かつモダンな店構えで、とても入りやすい雰囲気です。
ずらっと広がる焙煎を終えたコーヒー豆の缶。手前から奥にかけて味に苦みが増すという分かりやすい展示方法です。
私は、苦めが好みということもあり、奥から2つめのインドネシア産の「マンダリン・タブー」に目を付けました。 豆の価格は50gで440円(税込)ですが、100g、200g単位で購入するとそれぞれ2割引、300gの場合は3割引、400gでは4割引になります。
さらに、全種類がドリップコーヒーでテイクアウト可能です。その場合は一律で一杯350円(税込)とコーヒー好きには破格の値段で味わえます。 ということで私は今日の気分で「マンダリン・タブー」350円(税込)をテイクアウトさせていただきました。 子ども達はちょうどフライヤーで置いてあった、お手製の可愛い「本のしおり」をゲットすることができ、感激していました。 お店の内装も店主の人柄も心地よく、人気が出るのも納得です。 【子連れおでかけポイント】 ・ベビーカー入店可 ・店頭にベンチあり

05

【15:30】「芦花公園駅」にゴール

【15:30】「芦花公園駅」にゴール
芦花公園駅

「自家焙煎コーヒー イネマメ」のコーヒーの香りに満たされながら、徒歩約1分で「芦花公園駅」にゴールします。今日は曇ったり晴れたりと春の陽気の中でしたが、地元の名店「カレーハウスちとせ」のポークカレーを味わうことができ良い記念になりました。また「芦花恒春園」の広大な自然に癒され、梅も綺麗に咲き誇っていて、お散歩に最適な1日でした。※このコースは2019年2月20日に行ってきました その他蘆花恒春園のおすすめおでかけコースはこちら​ https://www.happy-town.net/course/1158​

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ