街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

稲田公園(通称くじら公園)で思いっきり体を動かそう!地元の人気もちもちパスタや名物厚焼きホットケーキを堪能する親子おでかけコース

親子お出かけ

稲田公園(通称くじら公園)で思いっきり体を動かそう!地元の人気もちもちパスタや名物厚焼きホットケーキを堪能する親子おでかけコース

ページ閲覧数
383

今日は子どもが楽しみにしていた多摩川沿いにある「稲田公園」、通称「くじら公園」におでかけです!寒い冬でも周りに高い建物がなく日当たりが良いので、のびのび遊べるはず!「京王稲田堤駅」で下車したら、まずはランチに地元で人気のパスタ屋さん「mashka(マシュカ)」であったか、もちもちパスタをいただきます。次にお待ちかねの「くじら」に会いに「稲田公園」に向かい、たっぷり遊んだら、名物ホットケーキが自慢の「にじいろカフェ」へ。身体も心も温まったら駅へ戻り、帰路に着きます。安定した晴れの日が多い冬にこそおすすめ!親子おでかけコースのスタートです!

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【11:00】 相模原線「京王稲田堤駅」スタート!

【11:00】 相模原線「京王稲田堤駅」スタート!
京王稲田堤駅

「京王稲田堤駅」は神奈川県川崎市にある駅。新宿駅からは特急で調布駅まで行き、相模原線に乗り換えるのが便利です。 改札は南口と北口があります。改札へは直通エレベーターがどちらのホームにもついているので、バギーの方にはとっても便利。 今日は「北口」からスタートです。

02

【11:20】パスタ ダイニング「mashka(マシュカ)」でもちもちパスタを楽しむ

【11:20】パスタ ダイニング「mashka(マシュカ)」でもちもちパスタを楽しむ
パスタ ダイニング mashka (マシュカ)稲田堤

パスタ ダイニング「mashka(マシュカ)」は府中街道沿いにある、地元で人気のパスタ屋さん。 使い勝手、そして幅広いパスタメニューがあるので、子どもから大人まで楽しめるランチスポット。「京王稲田堤駅」からは5歳の子どもと一緒に歩いて、徒歩約15分です。 このお店でしか味わえない、オリジナルパスタとして「鶏肉のココナッツミルクとカレー風味スープパスタ」や、「ココナッツミルクを加えたピリ辛でクリーミーなパスタ」 など、大人でもワクワクするようなメニューが用意されています。

カントリー風のこちらがパスタ ダイニング「mashka(マシュカ)」さんです。 娘は、お店の前にあるベンチから窓越しに覗いて 「ママ、早く入ろう!」 と、大好きなパスタを食べるのが待ちきれない様子。
店内も木目のカウンター席やテーブル席から、イタリアンというよりはアメリカのカントリー、ウエスタン風。 先客の可愛い幼児がおいしそうにパスタを食べていました!
数あるパスタメニューを見てどれにしようか?と娘と悩みに悩み、「エビとモッツァレラチーズのエビクリ」1,290円(税込)をオーダーし、シェアしました。 アメリケーヌソースで、濃厚なエビのトマトクリームパスタです。エビそのものは得意でない娘ですが、エビの出汁がたっぷりと染み込んだこのソースが大好き! モッツァレラチーズもとろとろにパスタにからまって、絶品。 熱々でしたが、二人ともハフハフ言いながら、いただきました!
今日はドリンクとサラダ、デザートがついたランチセット「デザートセット」(450円税込) にしていたので、最後にプチデザートがサーブ。 ドリンクは、娘が大好きな「ホットココア」を。 食後の甘い時間も楽しませていただき、大満足!
店内には大きなテレビがあり、ビデオが流れていて、ひとりでものんびりお食事できます。 この時は、ちょうど子どもでも楽しめるようなワンちゃんのアニメ映画だったので、子どもも喜んで見ていました。 「キッズプレート」(720円税込)は、2種類のパスタからメインをセレクトでき、サラダ・パン・ゼリー・ドリンクが付いています。 この日のキッズプレートのパスタは、 「ホワイトソースのほうれん草ベーコン or たらこほうれん草ベーコン」という内容でした。 パスタが子どもの好みなら「キッズプレート」おすすめです! 【子連れおでかけポイント】 ・ベビーカーでの入店可。入り口階段あり。  ・メニュー:キッズメニューあり。 ・その他:店内全面禁煙、子ども用スプーン・フォーク・お皿・コップあり、キッズチェアあり。店内におむつ交換台付のトイレあり。

03

【13:30】「稲田公園(通称くじら公園)」で思いっきり遊ぼう!

【13:30】「稲田公園(通称くじら公園)」で思いっきり遊ぼう!
稲田公園

さあ、お待ちかねの公園遊びです。今日は快晴!冬は安定した晴れの日が多く、陽射したっぷりの時間帯なら公園遊びにはもってこいです。「稲田公園」は、多摩川河川敷近くにある大きな公園。今日、私たちが遊んだくじらがある遊具広場以外に、少年野球場、せせらぎ、児童プールなどの施設があります。 「mashka(マシュカ)」からは駅の方向に戻り、南武線の線路を越えて徒歩約20分です。

娘は最初、くじらでなく、こちらの遊具で遊びだしました。ちょっと高いところに登れるようになったので、得意になって 「ママ、すごいでしょ〜」 と声をかけてくれます。以前は怖くて足元から下が見える場所では、手も振れなかったのにと、その成長ぶりになんだか嬉しくなりました。
石の山を登るようなこちらの遊具は、反対側は滑り台になっています。 滑り台が大の苦手である娘は、ひたすら登って降りてを繰り返していました。 しかし、どの遊具にも日がさんさんと当たって、寒くありません! 「この公園にして良かったね〜」 と声をかけても遊びに夢中の娘でした。
最後は、この日公園でお友達になった男の子と仲良くブランコ。「くじら」を見ながら、何かお話している様子。 見ているだけで、こちらもホッとする温かい光景でした。 冬だ!寒い!と決めて公園に来ないのはもったいない!と改めて思いました。 「稲田公園」は住宅街にあるので、静かで、車通りも気にせずにゆったりと遊べます。そして、何より日当たりが良く、この時季におすすめの公園です。

04

【15:00】「にじいろカフェ」で厚焼きふわふわホットケーキを食べる

【15:00】「にじいろカフェ」で厚焼きふわふわホットケーキを食べる
にじいろカフェ

「にじいろカフェ」は地元に密着した、使い勝手の良いカフェです。カフェですが、ランチタイム、ディナータイムも利用できる食事メニューが充実。素材にもこだわっているので、子連れや女子に人気も高く、時々コンサートなどのイベントも開催しています。 「稲田公園」からは、南武線の踏切を越えて徒歩約10分です。

ビルの1階の一番奥にあるので、入り口どこかな?とわくわくしながら娘と到着。 さっそく看板に「厚焼きホットケーキ」の文字を発見! 「ホットケーキやってるよ!」 と娘に声をかけるととっても嬉しそう。
店内はソファ席も充実、真ん中には大人数で座れるテーブル席もあり、いろんな方が利用しやすいように工夫されています。 入り口から中まではバリアフリーなので、バギーはもちろん車イスでも楽々入店できます。 また、お子さん大歓迎とあって、絵本もたくさん用意されていました。 入る前から、メニューが決まっている娘はさっそく、好きな絵本を持ってきて読んでいました。
もちろん、オーダーしたのは「厚焼きふわふわホットケーキ」550円(税別)です。 プラス230円(税別)でドリンク付きにでき、ホットのジャスミンティーをセレクト。 子ども用ドリンクは150円(税別)でオレンジジュースにしました。 親子でシェアすると伝えなくても、スタッフの方は子ども用のカトラリーを持って来てくださいましたよ。気が利いています! しかも娘が大好きなスヌーピーシリーズ。
待つこと20分少々。オーダーした際に、厚焼きなのでこれくらいの時間がかかるとスタッフの方より伺っていたため、あっと言う間でした。 目の前にやってきた、湯気たちのぼるホットケーキに 「おいしそう!なんで、こんなに分厚いの??」 と娘は大興奮。まさにふわふわホットケーキです! 食べながら 「ふわふわすぎて、転がっちゃう~~」 と大興奮。 何もつけないで、まずは一口。 次はメープルシロップをかけて存分に味わいました。 心も身体もすっかり温まって、まだまだゆっくりしたいところですが、そろそろ帰宅の時間です。さあ、駅に向かいましょう。

05

【16:00】「京王稲田堤駅」ゴール!

【16:00】「京王稲田堤駅」ゴール!
京王稲田堤駅

「にじいろカフェ」から徒歩約5分で「京王稲田堤駅」の北口に戻ってきました。冬でもポカポカ日当たりの良い「稲田公園」では、身体も心もときほぐされて思いっきり遊べました!ランチやカフェタイムではもちもちパスタ!ふわふわホットケーキと身体もこころも満たされる、温かいスポットで楽しい一日となりました。娘は「また稲田公園で、あの男の子と遊びたいな〜」といい思い出を作れたようで、親子揃って幸せなおでかけタイム。みなさんも、ぜひいつもとは違う公園におでかけしてみてくださいね! ※このコースは2019年1月11日行ってきました

ko
36

京王稲田堤

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ