街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

国領グルメを満喫!たい焼きランキング東京1位を受賞した「鯛幸房」の絶品たい焼きを堪能するコース

名物グルメ

国領グルメを満喫!たい焼きランキング東京1位を受賞した「鯛幸房」の絶品たい焼きを堪能するコース

ページ閲覧数
1,323

専門家がおすすめするたい焼きランキングで東京1位に輝いた経験もある「鯛幸房」のたい焼きを買いに「国領駅」にやってきました。その前に手作り餃子と家庭料理のお店「こな家」へランチに。そして「こな家」から国領駅への帰り道にある「やさしいパンのお店 PINO」にも寄り道。最後に、鯛幸房のたい焼きを買って帰ります。国領グルメを楽しむコース、スタートです!

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【11:10】京王線「国領駅」スタート!

【11:10】京王線「国領駅」スタート!
国領駅

京王線「国領駅」は、各駅停車が停まる駅です。「新宿駅」からは準特急で「千歳烏山駅」または急行で「つつじヶ丘駅」で乗り換えると25分前後で到着します。

駅前はきれいに整備されており、駅前再開発で建設された複合商業施設「ココスクエア調布」には、スーパーや飲食店、クリニック、カルチャーセンターなどもありとても便利です。 また、調布市の子ども家庭支援センター「すこやか」があり、調布市外の方も利用できるためとても人気があります。

02

【11:30】「こな家」で野菜たっぷりランチ

【11:30】「こな家」で野菜たっぷりランチ
こな家

「国領駅」から徒歩約11分のところにある手作り餃子と家庭料理のお店「こな家」。住宅街の中にひっそり佇む隠れ家的なお店です。野菜たっぷりの食事がいただけます。

国領駅前の狛江通りを南へ歩くこと約10分。イトーヨーカドーとデニーズがある交差点「国領町8丁目」を右へ。 曲がってすぐ見える「東京消防庁 調布消防署国領出張所」を過ぎたら左へ、そして最初の角を右へ曲がるとランチの看板が見えてきます。
住宅街にひっそりと佇む「こな家」の外観。 とても閑静な住宅街にあるので、ご近所への配慮も。 ランチメニューの看板が目印です。
1階は陽の光がたくさん差し込みとても明るい店内。中庭も見渡せる落ち着いた空間です。 『美味しいお野菜とお料理を楽しんでいただけたら嬉しいです』と書かれた手書きのウェルカムメッセージボードを見て、一気に心温まりました。
2階には個室が2室。 大人3人、子ども5人でもゆったり広くて快適。 日替わりランチはドリンク付きで、セルフでホットコーヒー、紅茶、ホットレモネードがおかわり自由で飲めるのも嬉しいポイントでした。
部屋には、ブロックやぬいぐるみ、アンパンマンのおもちゃもあるので、待っている間も子どもたちは全く退屈しませんでした。
この日の「日替わりランチ」は、「和風スープハンバーグ」(1,050円税込)でした。 野菜がたっぷり入った和風スープの中に、ハンバーグが入っていて栄養もボリュームも満点。 メインはもちろんのこと、サラダのラディッシュはシャキッと水々しく、具がパンパンに詰まった手作りの餃子は岩塩やお酢、手作りラー油でおいしくいただきました。
大人と一緒のスープと餃子が食べられる「お子さまランチ」(500円税込)。 3人の子どもの母親でもある店主が作る家庭料理は、無農薬・減農薬野菜を使い、国産の材料が使用されているので安心して食べられます。 必ず地元調布産の野菜を取り入れているのも特徴。 お腹も心もほっこりと満たされるようなランチタイムでした。

03

【13:00】「やさしいパンのお店 PINO(ピノ)」でパンを購入

【13:00】「やさしいパンのお店 PINO(ピノ)」でパンを購入
やさしいパンのお店 PINO

「こな家」から「国領駅」へ戻る前にちょっと寄り道。来た道を戻ること約5分、可愛いのぼりと看板のイラストが目印のお店「やさしいパンのお店 PINO(ピノ)」です。PINOでは「毎日食べたい」「毎日行きたい」をコンセプトに、焼きたてのフワフワパンを販売。小さくて可愛いお店ですが、こだわりは盛りだくさんなパン屋です。

国領駅方面から来る場合は、お店が見えないので通り過ぎないよう注意。 ベビーカーで入ろうとしたら、店員さんが笑顔でドアを開けて迎えてくれました。
店内に入るとやさしいパンの香りに包まれます。 クリームパン、あんぱん、メロンパンなど、親しみのあるパンがたくさん並んでいて、小さい子どもからご年配の方まで人気があるのがわかります。
山ごとに販売されている「PINO食パン」を2山(246円税込)購入。 焼いてもふんわりやわらかく、ほんのり甘くてとてもおいしかったです。
パン以外にも可愛くて目を惹いたのが「コンフィチュール」と「クリームチーズスプレッド」。 “お口に合わない場合は返金します”という返金保証もつくほどの自慢の一品。 パンに付けて食べたら絶対おいしそう。
子どもの朝食に「メロンパン」(140円税込)ととっても可愛い見た目に惹かれた「にこぱん」(86円税込)。 メロンパンは外はサクサクなのに、中はしっとり。にこぱんの中身はチョコレートが入って子どもは大喜びでした。
開店以来不動の人気ナンバー1の「カスタードクリームパン」(140円税込)。 毎日お店で作っているという自家製クリームはこだわりの卵が使われていて、とろけるおいしさでした。 どれもふわふわでおいしく、小型のオーブンで少量ずつ、複数回焼くことで、常に焼きたてパンを置いてあるのも人気の理由の一つです。

04

【13:30】「鯛幸房」の絶品たい焼きを味わう

【13:30】「鯛幸房」の絶品たい焼きを味わう
鯛幸房

「やさしいパンのお店 PINO」から狛江通りを国領駅方面へ歩くこと約7分。「鯛幸房」は西友や「調布市市民プラザあくろす」が入るビル「グランドタワーコクティー」の狛江通り沿いにあります。素材にこだわり、店主が丁寧に焼き上げるたい焼きは、さくっともちもちで、あんの種類も豊富なのが人気です。

「つぶあん」「しろあん」「カスタード」(各180円税込)。 「きせつあん」(210円税込)は今は黒ごま餡。 毎月変わる季節の餡は、前回は「リンゴとクリームチーズ」、その前は「紅あずまのさつまいも」「栗餡」など、その季節にあったものを食べられるので何度来ても楽しめそう! ちなみに「ボーノ」(230円税込)は「ラザニアミート・ウィンナー・チーズ」が入った甘くないたい焼きです!珍しいですね。
こちらは季節の餡の黒ごま餡。 餡は控えめな甘さで、トースターで焼くと皮はパリッと中はモチモチ。 とてもおいしくいただきました。
使用する材料は北海道産にこだわっており、小麦、小豆はもちろん、砂糖にも北海道産のてんさい糖が使用されています。 甘党なので、「つぶあん」「きせつあん」「カスタード」を購入しましたが、次回は「ボーノ」も挑戦してみたいです。 定番も変わり種も両方楽しめるたい焼き屋さんでした。

05

【14:00】京王線「国領駅」ゴール!

【14:00】京王線「国領駅」ゴール!
国領駅

「鯛幸房」から「国領駅」はもう目の前。どのお店も店主の方のやさしい人柄が感じられ、お腹だけでなく心も満たされた気がします。 素材にこだわり、体にやさしくおいしいものがいただける癒しのグルメコースとなりました。 ※このコースは2019年1月16日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ