街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

新宿・花園神社「酉の市」でご利益をもらい、期間限定和菓子とノスタルジックな居酒屋を満喫するコース

イベント

新宿・花園神社「酉の市」でご利益をもらい、期間限定和菓子とノスタルジックな居酒屋を満喫するコース

ページ閲覧数
152

毎年11月の酉の日に行われる「酉の市」は開運・商売繁盛を祈願する伝統行事です。 新宿・花園神社で行われる「酉の市」は江戸三大酉の市のひとつとして、多くの人で賑わい、師走を迎える新宿の街の欠かせない風物詩となっています。 2018年は11月に3回酉の日があるため、前夜祭・本祭合わせて計6日の酉の市が開催されます。 今回は「一の酉」に行ってきました。 「新宿駅」で友人と待ち合わせをしたら、花園神社のすぐ近くにある「花園万頭」でおいしいお饅頭を購入し「酉の市」へ向かいます。 まずは、きちんと参拝をし、熊手などの縁起物をチェックしてから、屋台を楽しみます。「酉の市」を満喫した後は、「どん底」のノスタルジックな雰囲気の中で乾杯。 来年もいい一年になるよう縁起物を求めて、「酉の市」に出発しましょう!

夕方 からスタート!

Good Evening!
Good Evening!

01

【16:00】「新宿駅」からおでかけスタート

【16:00】「新宿駅」からおでかけスタート
新宿駅

今回は、京王線の起点となる「新宿駅」の京王西口改札前で友人と待ち合せです。 京王新線や他路線も乗り入れるターミナル駅で、通勤や通学はもちろん、買い物客など多くの人で賑わい、1日の平均乗降者数が世界一の駅です。 そんな多くの人が利用する駅だけあって、慣れていない人でも簡単に目的地まで行けるよう、わかりやすい案内がたくさん出ています。

今回は「花園万頭」「花園神社」のある新宿5丁目まで、地下道を利用しました。 看板が出ていてわかりやすいだけでなく、暑さや寒さの厳しい時期でも快適に行くことができてとっても便利です。 京王西口改札前から「新宿東口」方面へ向かいます。
その後は、看板を見ながら「歌舞伎町・新宿三丁目方面」へ。
地下道を歩いていると酉の市のポスターが貼ってありました。
最寄りの地下道の出口は「E2」。 「新宿三丁目駅」や「伊勢丹」を通過した後にある出口ですが、地下道より少し道のりが近い「歌舞伎町方面」から向かうことにしました。
「サブナード」という商業施設を通過して「新宿区役所」のすぐ近くにでる「15b」という出口を利用するのがおすすめです。
地上へ出ると、花園神社方向にはたくさんの屋台が並んでいるので、新宿に慣れていない人でも迷わずに花園神社へ向かうことができます。

02

【16:15】「花園万頭」でおいしい饅頭を購入

【16:15】「花園万頭」でおいしい饅頭を購入
花園万頭 新宿本店

待ち合わせした京王西口改札から10分強ほど歩くと「花園神社」へ到着です。 「酉の市」に行く前に「花園万頭」でお饅頭を買うことにしました。 「花園神社」を通り過ぎ、今歩いてきた靖国通りと明治通りがぶつかる交差点を左に行きます。するとすぐに、明治通り側の「花園神社」の入り口の道を挟んで向かい側に「花園万頭」があります。

「日本一高い、日本一うまい」をキャッチコピーとしている老舗の和菓子屋さんで、百貨店などに入っていますが、直営店はここ新宿本店だけです。 以前は本店の外壁にも「日本一高い、日本一うまい」の大看板が設置されていたので、近くを通ったことのある私も友達もそのキャッチフレーズがすごく印象に残っていました。 「あれ?看板なくなってるね・・・。」 後でお店の人に聞いたところ、本店の建て替えの際、外壁の大看板は取り外されてしまい、今は壁側に書いてあるものだけになってしまったそうです。
大看板はなくなっていましたが、酉の市で売られる縁起熊手は今も飾られていました。 この熊手は花園万頭新宿本店だけに飾られる、巨大な特別サイズのものだそうです。
大熊手の隣では名物の「栗きんつば」を作っているところを見ることができます。 「おいしそうだね。」 「作りたてが買えるお菓子屋さんて、あんまりないからうれしいよね。」
酉の市期間中は「お酉様万頭」が新宿本店限定で発売されています。 籠に入った5個入り(1,080円税込)のものは私たちが行った時間にはすでに売り切れてしまっていました。 お店の人に聞いたところ、15時頃には売り切れてしまったそうです。 籠入りのものはありませんでしたが、6個入り(1,080円税込)や、ばら売り(1個195円税込)のはまだ残っていました。
「花園万頭」「栗きんつば」と並ぶ看板商品の「ぬれ甘納豆」も酉の市限定の箱に入ったものが売られていました。 せっかくなので、私は「ぬれ甘納豆」(540円税込)も買うことにしました。 「お酉様万頭」は「花園万頭」同様、賞味期限が短いので、私はばら売りで2つを購入しました。 友達は「お酉様万頭」の6個入り(1,080円税込)を買っていました。
翌日食べてみましたが、こしあんがたっぷり入った「お酉様万頭」も「ぬれ甘納豆」もどちらもすごくおいしくお茶の味を引き立てていました。

03

【17:00】「花園神社」酉の市へ参拝&熊手をチェック

【17:00】「花園神社」酉の市へ参拝&熊手をチェック
花園神社

「花園万頭」で酉の市限定のお菓子を買ったら、いよいよ酉の市へ。 11月の酉の日に行われる「酉の市」。新宿花園神社での酉の市は明治時代にはじまり、江戸三大酉の市として知られています。 毎年60万人もの人が訪れる酉の市の日には、たくさんの屋台が出店されるほか怪しげな「見世物小屋」もあり、見所満載です。   2018年の酉の市日程は、 酉の市前夜祭:10/31・11/12・11/24  本祭:11/1・11/13・11/25 です。

熊手を見る前にまず、「花園神社」を参拝します。 境内には約1,000灯の奉納提灯がともり、すごくいい雰囲気です。
早めの時間だったので、まだそれほど待たずに参拝することができました。 神社を後にする頃には平日にも関わらず、たくさんの人で賑わっていたので、できるだけ早めの時間に参拝することをお勧めします。
参拝後は、熊手を見てまわります。 「酉の市ってなんで熊手なんだろうね??」 「ほんとだね。由来とか知っていたほうがより楽しめるかもね。」 さっそく調べてみることにしました。 酉の市はもともと農民の収穫祭として始まり、熊手や鍬などの農具が売られていました。その農具にオカメや小判などの装飾をするようになったといわれています。 熊手が落ち葉などを掃いてかき集めるための道具だったことから、「金運や客をかき集める縁起物」として現在も熊手が売られているそうです。
花園神社の酉の市には約60店の開運熊手を扱う店舗が出店して、お店によって熊手の雰囲気が違います。 熊手は1,000円前後からあり、毎年一回り大きなものに買い替えるとよいとされています。
小さくてかわいらしい熊手は、商売をしていない私や友人が買うのにサイズも値段もぴったりです。 来年の干支イノシシが飾られているものや、キャラクターが飾られているものもありました。 他の屋台には置物タイプのものもあり、お正月飾りとしてもよさそうです。
高額(1万円以上が目安)な熊手が購入されると威勢のよい「手締め」が行われます。 お店の方が「周りの方もご一緒に!!」と声をかけて行われるので、盛大に手締めをしてくれます。 せっかくなので私たちも一緒に手締めさせてもらいました。 「これだけでも、幸運をもらった気分になるね。」 あちらこちらから、手締めが聞こえてきて、さらに幸運になりそうな予感です。 熊手以外にもダルマや招き猫などの縁起物を販売している屋台がありました。 たくさんの縁起物を見ていると、それだけでご利益がありそうな気がしてきます。 私はシンプルな1,000円(税込)の熊手を、友達はイノシシのついた熊手を買って来年の金運をかき集めることにしました。

04

【18:00】酉の市の「屋台」を楽しむ

【18:00】酉の市の「屋台」を楽しむ
花園神社

花園神社の酉の市には昔懐かしい「見世物小屋」が立つことで知られています。 「見世物小屋」を興行する会社は日本には1社しかなく、花園神社以外は札幌と博多の3ヶ所にしか小屋を出さないようで非常に珍しい興行とされています。 「見世物小屋」とは「奇異な外見を見世物にしているところ」だそうです。昭和30年ごろまでは様々な寺社のお祭りや縁日でみることができたそうです。 近年では場所の確保が難しかったり、世間から受け入れがたいといった点で衰退をしてしまったそうです。

また、たくさんの人が訪れる「酉の市」だけあってたくさんの屋台が出ています。 来るときに通った靖国通り沿いなど、神社の周囲の屋台も合わせると200店もの出店があるそうです。 普通のお祭りの時などにでる「やきそば」や「チョコバナナ」などの定番屋台はもちろん、銀杏を売る屋台がでていたり、漬物を売る屋台など、あまり見かけない変わった屋台など、いろいろな屋台がでていました。
私は大好きなりんご飴(300円税込)を買いました。大きいものが買えたのでとっても得した気分です。 「いろんな屋台があって面白いね。あ、射的もある!!やってもいい?」 友達は射的の屋台を見つけ(500円税込)で5発の射的に挑戦していました。
「あれなんだろう?」 次に見つけたのは、「切山椒」という屋台。 どうやら江戸時代から続く酉の市の名物屋台で、砂糖と山椒の粉を加えたお餅を短冊形に切った餅菓子のようです。 山椒は捨てるところがなくすべて使い道があり、無駄がないので縁起が良いといわれているそうです。 「これ食べると、1年間風邪ひかないらしいよ!!」 珍しいものが好きな友達は、試しに買ってみていました。
花園神社の酉の市には座って飲食できる屋台が数多くあり、日本酒や焼酎を飲みながらおでんや金目の煮つけを食べられる居酒屋的な屋台もたくさんありました。 見世物小屋や昔ながらの屋台など、なんだか懐かしい気分になるお祭りでした。

05

【19:00】「どん底」で昭和ノスタルジックな雰囲気を楽しみながらディナータイム

【19:00】「どん底」で昭和ノスタルジックな雰囲気を楽しみながらディナータイム
居酒屋 どん底 本店

花園神社で酉の市を満喫したら、徒歩5分ほどの所にある居酒屋「どん底」へ。 新宿にいることを忘れてしまうような、蔦に覆われたレトロな外観のお店です。 1951年創業で「洋酒が飲めるロシヤ風居酒屋」として広まりました。数多くの文化人に愛され、三島由紀夫や黒沢明も訪れたという昭和ノスタルジックなお店でお酒と雰囲気を楽しみます。

地下1階から3階まであるお店ですが、私たちが案内されたのは中2階。 1階・2階はバーのような居酒屋のような感じでしたが、中2階とそこから見える3階は山小屋の屋根裏のようで不思議な雰囲気のお店でした。
私は白ワインのリストから「ソリス」(600円税込)をチョイス。 友達は「生ビールジョッキ」(700円税込)を注文し、まずは乾杯。
料理はおすすめ料理の中から「ハーブ香る鶏ハム」(650円税込)を注文。 ハーブがたっぷりと入り、しっとりして私好みのおいしい鶏ハムでした。
他にも「マッシュルームのプランチャ」(850円税込)、「チーズ揚げ」(750円税込)とお酒に合うメニューを注文。お酒が進みます。
ワインとビールをお代わりし、昭和ノスタルジックな雰囲気に浸っていると、ふと壁に貼られた写真が目につきました。 白黒の写真と写っている人の雰囲気がより昭和な雰囲気を醸し出していて、懐かしい気分になりました。
「どん底」名物のオリジナル料理「林さんのみ」(900円税込)を注文。 こちらにライスがついた「林さんのライス」(950円税込)もあります。 牛肉とキャベツをウスターソースで炒めた料理で、どことなく懐かしい味付けで癖になるおいしさ。こちらもお酒によく合います。 最後にもう1杯ずつお酒を注文し、シンプルでおいしい料理を堪能。 ほろ酔い気分でお店を後にしました。

06

【21:00】「新宿駅」に到着。おでかけ終了!

【21:00】「新宿駅」に到着。おでかけ終了!
新宿駅

「どん底」から徒歩15分かからず、新宿駅に戻ってきました。 「花園万頭」で酉の市限定のお菓子を買い、熊手屋台や見世物小屋と「酉の市」を満喫することができました。 「酉の市」は昔ながらの屋台が多く、そのあと行った「どん底」も昭和ノスタルジックな雰囲気だったので、平成最後の年に「昭和」を感じる1日となり不思議な気分になりました。 ぜひみなさんも酉の市で盛り上がる新宿に行ってみてくださいね! ※このコースは2018年11月1日に行ってきました。

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ