街はぴは、京王沿線のおでかけスポットやイベント、グルメ情報をまとめた沿線情報サイトです。

映画がもっと楽しくなる!府中駅周辺の映画「ちはやふる」のロケ地を巡るおでかけコース

聖地巡礼

映画がもっと楽しくなる!府中駅周辺の映画「ちはやふる」のロケ地を巡るおでかけコース

ページ閲覧数
519

今日のおでかけは京王線「府中駅」から出発!府中駅周辺の映画のロケ地をめぐるコースです。 累計2100万部を超える国民的大ベストセラーとなった少女コミック「ちはやふる」は2016年に「上の句」「下の句」として実写映画化されました。 その舞台にもなった府中で映画鑑賞し、「ブラッセリ― ベガ」で天然酵母のおいしいパンが食べ放題のランチを楽しみます。その後、老舗の「青木屋 府中けやき並木通り店」でお土産を購入したら、「大國魂神社」と映画「ちはやふる」のロケ地「下河原緑道」を散策し、「分倍河原駅」にゴールします。 それでは、おでかけスタート!

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【10:00】京王線「府中駅」スタート

【10:00】京王線「府中駅」スタート
府中

京王線「府中駅」から出発!「都会的で現代的なミュージアムをイメージさせる駅」として、関東の駅百選にも選定されている外観も素敵な駅です。特急・準特急・急行・区間急行・快速・各駅停車が停まり、「新宿駅」から特急で約20分。駅の周辺は府中市まちの環境美化条例により「環境美化推進地区」に指定、路上喫煙も終日禁止されているため、啓蒙活動とパトロールが行われています。その成果でしょう、駅周辺はとても綺麗です。

02

【10:00】「TOHOシネマズ 府中」で映画鑑賞

【10:00】「TOHOシネマズ 府中」で映画鑑賞
TOHOシネマズ 府中

府中駅南口直結の商業施設「くるる」へ徒歩3分で到着。 5階にある「TOHOシネマズ 府中」専用のエスカレーターを上っていきます。 モダンな長いエスカレーターに乗っているうちに、ワクワク感が増してきます!

映画館と言えばやはりポップコーン。こちらの映画館では、バケツ位の大きさの迫力あるポップコーンも販売されていて、フードもドリンクもとても充実しています。
ショップも広々していて、上映されている映画の魅力的なグッズがいっぱいあります。 高価なレアグッズもあり見ているだけでも楽しいです。記念に何か買っていきたくなりますね。

03

【13:00】「ブラッセリー ベガ」でランチタイム

【13:00】「ブラッセリー ベガ」でランチタイム
ブラッセリー ベガ

映画を観て心がいっぱいになったら、そろそろお腹も空いてきました。 映画館と同じ施設内「くるる」1階にある天然酵母パンで有名な「ブラッセリー ベガ」へ。

府中で30年以上も続いてる有名なレストラン。 入口から想像するよりも、入ってみると結構広い店内でゆったりできそうです。 夜はスペインバーとしてタパスを中心としたメニュー。ワインの種類もとても豊富で、カウンターもお洒落です。
「ランチプレート 本日の肉料理、包み焼きハンバーグ~デミグラスソース~」 (990円税込)をオーダーしました。ドリンクもついていて、大好きなマンゴージュースをセレクト。 サラダ、スープ、ミニシフォンケーキ、ソフトドリンク、おかわり自由な天然酵母パンまでついていて、盛り沢山!素敵なメニューです。
包み焼きハンバーグは熱々で、スープは冷たいビシソワーズ、天然酵母のパンは少しずつ5種類入っていました。さらにちゃんと焼いて温めて出してくれるのが嬉しいです。 パンのおかわりは、最初とは違う種類を出してくれる心遣いも素晴らしいです。
ランチを食べ終わってお会計の前に、「お好きなパンを1つお持ち帰り頂けますのでどうぞ」と何種類かから選ばせて頂きました。 私は大好きな「メロンパン」をチョイス。お土産まで頂けるなんて本当にありがたいサービスです!

04

【14:30】「青木屋 府中けやき並木通り店」でお土産購入

【14:30】「青木屋 府中けやき並木通り店」でお土産購入
青木屋 府中けやき並木通り店

駅前には商業施設がたくさんありとても便利です。「くるる」から徒歩2分で「府中フォーリス」にある「青木屋 府中けやき並木通り店」に移動。 1893年、大國魂神社の境内でアイスやお団子などを販売していたという、創業125年を迎える多摩・武蔵野エリアに店舗展開する和菓子屋さんです。

映画「ちはやふる」にちなんだ「ちはやふるサブレ」や「ダディベアどら焼き」は、かつてこの店舗で限定販売され、大人気でした。 今は販売されていないのでダディベアが刻印されていた、モンドセレクション2018で銀賞を受賞した「日々是 くろどら」(180円税込)を購入。製造当日のみの販売で、毎日できたてを食べられるどら焼きです。 北海道産の大粒小豆から作られた「百年製餡」と沖縄の黒糖が香るふわふわ食感の生地がおいしかったです。
「焼だんご」は注文してから店内で焼いてくれます。焼きたてなのでとてもおいしく、こちらもおすすめです。

05

【15:00】「大國魂神社」を散策

【15:00】「大國魂神社」を散策
大國魂神社

「青木屋 府中けやき並木通り店」から、天然記念物に指定されている「大國魂神社馬場大門ケヤキ並木」を気持ち良く歩いて2分で「大國魂神社」に到着します。 入口にある「大鳥居」は高さが10mもあって、御影石でできているものでは日本一と言われています。迫力がありますね!

大國魂神社では、毎年70万人以上の観光客が訪れ、千年近くの歴史がある例大祭「くらやみ祭」をはじめ、1年中いろいろなお祭りが行われています。 お祭りの時にはこの参道に出店がいっぱい並んで、とても賑わっています。
参道の先には国産の檜で製作されている「随神門」の右手に手水舎があります。 立派な龍が並んでいてとてもパワーを貰えそうですね。 多くの方がここで水を頂いていました。 私もここでお水を頂いて少し休憩して心身共にリフレッシュできました。

06

【16:00】映画「ちはやふる」のロケ地「下河原緑道」を散策

【16:00】映画「ちはやふる」のロケ地「下河原緑道」を散策
下河原緑道

「大國魂神社」から「下河原緑道」までは徒歩15分。映画のシーンで、疲れ切って寝入ってしまった映画の主人公である千早を太一がおんぶして上がるのが「清水下小路」の坂で通称「おんぶ坂」と言われています。

主人公の千早と、その師匠である原田先生が並んで歩くシーンがまさにこの場所です! 映画がよみがえってきます。 ここは自転車と歩行者の道が中央線で仕切られているのでとても歩きやすかったです。
「下河原緑道」は1976年に廃線となった旧国鉄の下河原線の跡地を利用していて、 自転車と歩行者の専用道として整備されました。 のんびりお散歩する人がいたり、サイクリングしている人がいたり、緑が多くて癒される緑道でした。

07

【16:30】京王線「分倍河原駅」にゴール

【16:30】京王線「分倍河原駅」にゴール
分倍河原駅

「下河原緑道」から「分倍河原駅」までは徒歩15分くらいです。 駅前ロータリーには立派な新田義貞の像がありますよ。

駅前のロータリーから階段を上ると、分倍河原駅に出ます。 今日は映画鑑賞をした後に、映画「ちはやふる」の舞台となった場所をのんびり散策しました。 こうして映画の聖地を訪れた後に、また映画をじっくり鑑賞するのも良いですね。 ※このコースは2018年6月4日に行ってきました。

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ