街はぴは、「あなたのハッピーが街のハッピーに!」をコンセプトとした京王沿線クチコミ情報サイトです。

「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」で日本最大級のネット遊具を体験!室内遊びをたっぷり楽しむ親子おでかけコース

親子お出かけ

「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」で日本最大級のネット遊具を体験!室内遊びをたっぷり楽しむ親子おでかけコース

ページ閲覧数
1,740

今回のおでかけは、3月13日にグランドオープンしたばかりの話題の施設「京王あそびの森 HUGHUG (ハグハグ)」を紹介します。施設のお隣にある「多摩動物公園駅」からスタートし、まずは「京王あそびの森 HUGHUG 」の「もりのあそびば」にある滑り台や「ハグハグのき」という日本最大級のネット遊具、ミニSLの「ハグハグトレイン」などで思いっきり遊びます。次に子ども連れならではのありがたい設備、キッズトイレや授乳スペースを利用して「HUGHUG Café」でランチをします。その後は「HUGHUG SHOP」でおみやげを探して「多摩動物公園駅」にゴールします。

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【9:50】動物園線「多摩動物公園駅」スタート

【9:50】動物園線「多摩動物公園駅」スタート
多摩動物公園駅

「多摩動物公園駅」は動物園線にある各駅停車が停まる駅です。「京王新宿駅」からは特急に乗車し「高幡不動駅」で乗り換え、動物園線に乗車するのが早くて便利です。乗車時間は40分ほどです。

動物園線には可愛らしいピンクのラッピングトレインが走っています。 「京王あそびの森 HUGHUG (ハグハグ)」「京王レールランド」「多摩動物公園」の3つのスポットのイメージを取り入れたポップなデザインとなっていて、子どもはもちろん大人もワクワクします。
シートの側面も扉も動物のイラストでいっぱいです。 こんなに可愛いラッピング仕様の電車に乗車するだけで、どんどん気持ちが盛り上がります。
駅について、ホームに降りたってからもワクワク感は継続します。 改札前にあるトイレのデザインにも動物たちがいっぱいでお出迎えしてくれるからです。
ユニバーサルトイレもあり、こちらにも動物たちがいっぱい描かれています。
ユニバーサルトイレ内はとても広々としています。ユニバーサルシートも完備されていました。 車いすでの利用や、子どものおむつ替えなど快適に行うことができます。
出口はひとつです。 今日は子どもたちと一緒に、以前からものすごく楽しみにしていた話題のスポット「京王あそびの森 HUGHUG」に向かいます!

02

【10:00】「京王あそびの森 HUGHUG (ハグハグ)」の1Fで思いっきり遊ぶ!

【10:00】「京王あそびの森 HUGHUG (ハグハグ)」の1Fで思いっきり遊ぶ!
京王あそびの森 HUGHUG < ハグハグ >

「京王あそびの森 HUGHUG」は、0歳から12歳までの子ども向けに作られた全天候遊戯施設。その規模は国内でも有数の大型施設です。施設内は「あそびの森」と名付けられるように、木の温もりが感じられるようになっていて「木育」「体育」「知育」をコンセプトにしています。日本最大級のネット遊具や、館内をぐるりと走るミニSL、食事ができる「HUGHUG Café」もあるので親子揃って、一日中遊ぶことができます。

営業時間は9:30〜17:30で、最終入館は17:00です。 また、利用料金は 子ども(6ヶ月~12歳まで)入館30分まで600円(税込)、 以降15分ごとに200円(税込)、 平日はお得なフリーパス1,400円(税込) ※年末年始や祝日、春休み夏休み期間などの販売はありません。 また、数量も限定となることがあるようです。 大人(中学生以上)は一律1日700円(税込)です。 まずは1Fの木育スペース「きりかぶハウス」で遊びます。「きりかぶハウス」は木のやさしい感触に触れることができます。 ひのきと杉で作られた大きな家のような滑り台、積み木、ひのきのたまごのプール、おままごと遊びなどができ、多摩産の木材をたっぷりと使用しています。
こちらはひのきの柱で作られたやぐらの中のおままごとスペースです。 子ども用のキッチンスペースのようになっていて、食器や食材が豊富です。 子どもたちはまるで本物のキッチンにいるかのように、真剣。たっぷりと遊ぶことができました。
「はいはいパーク」は乳児専用の木育スペースです。多摩産の木を使用したフローリングは、ハイハイをする乳児にとてもやさしい仕上げとなっています。 赤ちゃん目線の位置に、木製のおもちゃがたくさん収納されている所もポイントが高いですね。
「はいはいパーク」には乳児向けのひのきで作られた背の低いジャングルジム、ひのきのたまごのボールプールもありました。 こんなに低い位置で、ジャングルジム遊びができるなんて!乳児連れにとってとても貴重だと思いました。
次は体育スペースの「もりのひろば」です。2Fに出入口がある「ハグハグのき」の下にあり、子どもたちが自由に遊ぶことができるイベントスペースです。
こちらも体育スペースの「もりのあそびば」。木製の大型遊具があります。中でも勢いのある大型滑り台が大人気でした。また、子どもたちは吊り橋を慎重に渡りながらドキドキした感覚に刺激されているようでした。 下にはボールがぎっしりと敷きつめられ、その数は約45,000個との事。寝転がっても気持ちが良さそうです。

03

【11:30】2Fへ移動「ハグハグのき」「ハグハグトレイン」「おひさまラボ」で遊ぶ

【11:30】2Fへ移動「ハグハグのき」「ハグハグトレイン」「おひさまラボ」で遊ぶ
京王あそびの森 HUGHUG 「ハグハグのき」

「もりのひろば」の階段を上ると「京王あそびの森 HUGHUG (ハグハグ)」の2Fに到着します。「ハグハグのき」が1Fと2Fをつらぬいて中心にそびえ立っています。2Fには「ハグハグのき」の出入口、「ハグハグトレイン」「おひさまラボ」があります。

階段を上ると体育スペース「ハグハグのき」の出入口があります。高さ約12メートル、直径約15メートルのネット遊具で大きさは日本最大級です。 「雲のチューブ」という、天井付近にみえる雲を模した白い部分は高さ10mの場所にあり、その中を人が安全に通れるように設計されています。 生まれて初めて見る迫力のあるネット遊具に私たちは大興奮で、最初はおそるおそると内部に入りました。 ※「ハグハグのき」はスカート、裸足、5本指ソックスでは利用できません
子どもたちは「ハグハグのき」の出入口の下の段にあるバランスボールの山が気になり、工夫してネットをつたい降りていきます。なんとか下の段まで行くことができました。 ネット内は4つの階層に分かれています。目的の場所までどうやって行こうか?と考えたりするので、知力と筋力をフル活用することができます。
「ハグハグのき」に初めて入った瞬間は慣れない感覚に緊張していましたが、動いていくうちにすぐコツを掴んでとても楽しそうでした。 一旦外に出てみては、また「さっきの木のところに行きたい!」と言って繰り返し遊んでいました。
次に、そらのひろば「ハグハグトレイン」の乗り場の「くものえき」に向かいました。 館内唯一の有料遊具で1人一律300円(税込)です。10時から15分間隔で発車し、終電は17時15分です。 2Fエリア全体は、空のイメージの青や水色の色合いで可愛らしく、まるでふわふわとした夢の中にいるような気分になりました。
さあ出発です。途中、館内の飲食スペース「HUGHUG Café」を通るので、子どもたちが手を振るとカフェにいる人々が振り返してくれたりと終始なごやかでした。 途中でトンネルもありました。子どもたちはトンネルが大好きなので大喜びで歓声をあげていました。 ※「ハグハグトレイン」は館内を2周走ります
「ハグハグトレイン」乗車後は向かいにある知育スペース「おひさまラボ(そらのひろば)」に入りました。ワークショップやおもちゃで遊べるスペースとして利用される場所です。 足で踏む大きいロールピアノや、子ども用のドラムセット、鉄琴、ミニハープなどいろいろな楽器が置いてありました。 子どもたちは無心でししばらく演奏に没頭していました。ようやく我に返った瞬間、お腹が空いていることに気がついたようです。 お昼に向かうことにして、その前にトイレに行くことにしました。

04

【12:30】子育て世代の気になる設備。トイレや授乳スペースをチェック

【12:30】子育て世代の気になる設備。トイレや授乳スペースをチェック
京王あそびの森 HUGHUG 「キッズトイレ」

「京王あそびの森 HUGHUG」は0歳から12歳と付き添いの大人が利用できます。赤ちゃん、小さい子ども連れファミリーが気になる設備、キッズトイレや授乳スペースを紹介します。

1Fの「キッズトイレ」は京王電鉄の車両と京王バスのデザインです。車両の上部からトイレの内部が見えるのは子どもを見守る親にとってありがたい造りです。 通りがかる大人も、初めて目にする乗り物の形のキッズトイレに驚いて足をとめていました。 ※キッズトイレは1F「はいはいパーク」の向かい側にあります
「キッズトイレ」の奥に「ベビー休憩室」があります。ゆったり座れるソファー、ミルクを作るために必要なお湯も準備されています。 隣はおむつ替えスペースがあります。一見するとソファーが3つ組み合わさったリビングスペースのようでとても広くて、ゆったりできます。
「ベビー休憩室」の奥には「授乳スペース」があります。(お母さんと子どもだけが入ることができます) カーテンが付いた個室と、水色と黄色のパステルカラーのソファースペースがありました。
また、1Fの「もりのひろば」と「きりかぶハウス」のコーナー2箇所には洗面台が設置されていました。広大な施設内のちょっとした場所に洗面所があるととても助かります。 2Fのトイレは「HUGHUG Café」内にあり、授乳室、おむつ替えの台も完備されています。

05

【13:00】「HUGHUG Café」でランチ

【13:00】「HUGHUG Café」でランチ
HUGHUG Café

「京王遊びの森 HUGHUG」1Fのキッズトイレから移動して2Fの「HUGHUG Café」に到着しました。「HUGHUG Café」のみを利用する場合は入館料は無料です。可愛らしいキッズメニューやソフトクリームから大人の食事やアルコール類まで幅広い世代が利用できるメニューを取り揃えています。また「HUGHUG トレイン」が周りを走行する、楽しいカフェです。

カフェの営業時間は以下のとおりです。 平日 10:00〜17:30(L.O.17:00) 土日祝 10:00〜21:00(L.O.20:30) ちなみに、「HUGHUG Café」を利用している間は「京王あそびの森 HUGHUG」の時間制の課金はストップしますので、ゆっくりとお食事が楽しめます! 食べ物はセルフサービスで注文。注文後レジで支払いを行います。現金の他に、クレジットカードやパスモ・スイカも利用できます。
子どもたちが即決したのが「キッズうさちゃんカレー」(550円税込)です。見た目がとっても可愛らしく、みかんゼリーとキッズドリンクもつきます。 味はご飯がもちもち、ルーの味付けもしっかりしていておいしくいただきました。 ※「低アレルゲンカレー」(550円税込)もあります
「ハグーパンケーキ」(500円税込)にはキャラクターのハグーがプリントされていてこちらも可愛らしく子どもたちが喜んでいました。ヨーグルトとキッズドリンクが付きます。バターとシロップをつけてペロリといただきました。
「韓国風牛ハラミDON」(1,000円税込)も気になって注文しました。 牛ハラミは柔らかくて取り分けると子どもたちも喜んで食べていました。 胡麻風味の効いたスープ付きです。
食後に「ミックスベリーサンデー」(450円税込)をみんなでシェアしました。 ほどよい甘さで後味もスッキリでした。
「ノンアルモヒート」(450円税込)はハーブの香りがしっかりとしています。先ほど「ハグハグのき」で汗だくになったのでしっかりと喉を潤すことができました。 他にも生ビールやグラスワインなどアルコール類のメニューもありました。「HUGHUG Café」は土日祝は21時まで営業しているので、今後カフェだけの利用をしにくるのもいいと思いました。
カフェの中央にある「キッズズペース」です。遊んでいる子どもを見守りながら食事をとることができます。
テーブル席の他に小上がり席もあります。お座りのできない赤ちゃんが寝転がることができ、とても便利です。

06

【14:30】「HUGHUG SHOP」でおみやげを探す

【14:30】「HUGHUG SHOP」でおみやげを探す
HUGHUG SHOP(ハグハグショップ)

「HUGHUG Café」から1Fに降りて「京王あそびの森 HUGHUG」を退館すると正面左手側に「HUGHUG SHOP(ハグハグショップ)」があります。こちらでは「京王あそびの森 HUGHUG」の限定のお土産を購入することができます。

限定商品は「京王あそびの森 HUGHUG」のキャラクター、ハグーと仲間たちのグッズです。
「ハグーのおりがみ」(150円税込)は20枚入りです。小さなお子さんには「シールセット」(120円税込)が喜ばれるでしょう。3本入りの「三角えんぴつ」(150円税込)や子ども用の「スプーン」(360円税込)もありました。 初めてみたキャラクターのハグーですが丸みを帯びたデザインが文房具やお弁当グッズにとてもマッチしていました。
おすすめの「アイシングビスケット」(850円税込)は、ハグーと仲間たちのデザインのマグカップに入っています。クッキーは10個入りです。 カップは活用できるので、幅広い年齢層のお土産に最適です。
ハグーと仲間たちの世界を堪能して「HUGHUG SHOP」をでると「多摩動物公園駅」は目の前です。 「さあ、お家に帰ろうか。」 歩きながら横に目をやると大きな「京王れーるランド」の看板がありました。
「みてみて、緑色の電車があるよ!」 建物の外側からも車両がたくさん並んでいるのがわかります。 「電車の中で遊べるのかな~?」
子どもたちはまだ来たことがなく、せっかくだから寄っていこうかと思ったのですが、今日は定休日でした。 ※毎週水曜日が休館日です。 「今度は京王れーるランドにも来てみたいね!」

07

【15:10】「多摩動物公園駅」にゴール

【15:10】「多摩動物公園駅」にゴール
多摩動物公園駅

今日は新しくできた「京王あそびの森 HUGHUG (ハグハグ)」で思いっきり遊ぶことができ、大満足の一日でした。この日はとても寒い日でしたが、「京王あそびの森 HUGHUG」は屋内施設で、天候に左右されることなく身体を使って汗を流しながらたくさん遊ぶことができます。小さなお子様連れ世代は外出先でもおむつ交換や授乳に追われ、ゆっくり食事を摂ることも難しい時期もありますが「京王あそびの森 HUGHUG」はそんな子育て世代を癒してくれる、優しい施設だと感じました。「多摩動物公園駅」は「京王れーるランド」や「多摩動物公園」もあり小さな子どもたちが楽しめるスポットがたくさん!また近いうちに遊びに来たいです。※このコースは2018年3月7日に行ってきました。

ko
47

多摩動物公園

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ