街はぴは、「あなたのハッピーが街のハッピーに!」をコンセプトとした京王沿線クチコミ情報サイトです。

「ボートレース多摩川」へ行ってみよう!B級グルメも楽しめるおでかけコース

お散歩・行楽

「ボートレース多摩川」へ行ってみよう!B級グルメも楽しめるおでかけコース

ページ閲覧数
203

今回は「ボートレース多摩川」を満喫し、安くておいしい居酒屋でお酒と食事を楽しむコースをご紹介いたします。京王線「多磨霊園駅」から専用シャトルバスですぐのところにある「ボートレース多摩川」はB級グルメの宝庫!場内にあるレストラン「ウェイキー」で名物の牛炊をいただき、お腹がいっぱいになったら迫力満点のレースを楽しみます。レース観戦後、小腹が空いたら「黒もつ」や「白もつ」もおすすめです。「ウェイキープラザ」で実際のボートや、記念の品々を見学するのも楽しいです。「ボートレース多摩川」を満喫した後は、再びシャトルバスで「多磨霊園駅」に戻り、駅から徒歩1分の場所にあるお酒も食事も安くておいしい「居酒屋たまじ」で乾杯。カップルはもちろん、女性同士でも楽しめるコースです。

昼 からスタート!

Good Afternoon!
Good Afternoon!

01

【12:30】京王線「多磨霊園駅」スタート

【12:30】京王線「多磨霊園駅」スタート
多磨霊園駅

今回のおでかけは京王線「多磨霊園駅」からスタートです。多磨霊園駅に停車する電車は「各駅停車・快速」。新宿駅からは「特急・準特急・急行」に乗り調布駅「各駅停車・快速」で乗り換えるのが便利です。特急と各駅停車を乗り継ぐと、新宿駅から約25分で到着となります。

02

【12:40】無料シャトルバスで移動

【12:40】無料シャトルバスで移動
多磨霊園駅

「多磨霊園駅」の改札は1ヶ所で、改札を出たら向かって右側の階段を降り、右手に1分ほど進みます。右手にコンビニやコインランドリーがあり、八百屋さんを過ぎたあたりの空き地が「ボートレース多摩川」行きのシャトルバスの発着場所になります。 シャトルバスと言ってもマイクロバスではなく、路線バスタイプの大きなバスなので、ゆっくり座れます。 20分に1本のペースで運行されていて、乗車時間は5分ほど。あっという間に「ボートレース多摩川」に到着します。

03

【12:50】「ボートレース多摩川」へ入場

【12:50】「ボートレース多摩川」へ入場
ボートレース多摩川

「ボートレース多摩川」は朝10時から入場可能で、最後のレースが終わる17時前頃まで1日楽しむこともできます。 私自身、地元に「競艇場」があったので、つい「競艇場」と言ってしまいそうになるのですが、2010年(平成22年)度からは統一呼称として「BOAT RACE(ボートレース)」と言うようになったそうです。

競馬場には何度か行ったことがありますが、ボートレース場は初めて。入場時は駅の改札のような機械を通ります。
ここに100円硬貨を1枚直接投入すると、入場できます。 もし100円硬貨が無い場合は、両替機があるのでそちらで両替できます。

04

【13:00】「ウェイキー」で名物の「牛炊」を堪能

【13:00】「ウェイキー」で名物の「牛炊」を堪能
ボートレース多摩川

想像以上に広い「ボートレース多摩川」の中を歩くと、おいしそうなB級グルメがたくさんありました。ついつい目移りしそうになりましたが、今回は名物の「牛炊」を食べるために、「ウェイキー」で昼食タイムです。 この日は台風が接近していて大雨だったためかなり寒く、寒さをしのげる「ウェイキー」はほっとできる場所でした。

ボートレース多摩川の「ウェイキー」といえば牛すじが入った雑炊「牛炊」が名物です。 入口の食券販売機で食券を購入して、カウンターで食券を渡し、料理を受け取ったら席まで自分で運ぶセルフタイプのお店です。 私はお目当ての「牛炊」(800円税込)を注文しました。 ホロホロの牛すじ肉はとても柔らかく、なによりスープが絶品!カウンターに置いてあるニンニクをたっぷり入れていただきました。 小鉢のキムチを途中で入れると、味が変わってまた違うおいしさでした。
相方は「豚汁ライス」(650円税込)を注文しました。 豚汁は具沢山で少し濃いめの味付けとなっており、ご飯がすすむおいしさでした。

05

【13:40】ボートレースに挑戦

【13:40】ボートレースに挑戦
ボートレース多摩川

「ボートレース多摩川」に来たからには、実際にレースを観戦しないわけにはいきません!迫力満点のレースは観ているだけでも楽しいのですが、どのレーサーが1着2着になるかなどを予想し、勝舟投票券を購入して観戦すると興奮度は倍増です。勝舟投票券は100円から購入できるので、ゲームセンター感覚で気軽に遊べます。紙の出艇表は無料でいただけます。 公式サイトに掲載されている出艇表には予想も掲載されているので、そちらを参考にするのもいいかもしれませんね。

競馬の場合は最大18頭なので予想も難しいですが、ボートレースは最大6艇なので、比較的当てやすいと言われています。マークシートを記入したら、発券機で勝舟投票券を購入します。
お金を入れた後、マークシートを入れるだけで、すぐに勝舟投票券が発行されます。
勝舟投票券には 単勝(1着を当てれば的中) 複勝(1着または2着を当てれば的中) 拡連複(1着-2着、1着ー3着、2着ー3着のどれかを当てれば的中) 2連単(着順通りに1着と2着を当てれば的中) 2連複(着順関係なく1着と2着を当てれば的中) 3連単(着順通りに1着・2着・3着を当てれば的中) 3連複(着順関係なく1着・2着・3着を当てれば的中) と7通りの買い方があります。 私は2連複で「1-3」を購入しましたが、当たりやすいのは単勝・複勝・拡連複だそうです。

06

【14:30】「稲荷大明神」で必勝祈願

【14:30】「稲荷大明神」で必勝祈願
多摩川競艇場

レースまで時間があったので、購入した勝舟投票券が当たるように、「ボートレース多摩川」の敷地内にある「稲荷大明神」で必勝祈願をしました。 「稲荷大明神」は、最初に100円硬貨を投入した入場改札の外側にありますが、改札前にある機械で再入場券を発行してから出れば、再入場時に料金はかかりません。

「ビギナーズラックで予想が的中しますように」とお願いしました。
縁起の良さそうなタヌキの置物もあったので、お腹をさすって験を担いでみました。

07

【15:10】ボートレースを観戦

【15:10】ボートレースを観戦
ボートレース多摩川

スタンド席や有料指定席から観戦することもできますが、迫力を楽しみたかったので、大雨の中、傘をさしてフェンスの近くで観戦しました。レースの迫力をより間近で楽しみたい方は、 第1ターンマークの目の前に設置されたアプローチスペースで観戦すると、水しぶきがかかるくらいの迫力が味わえるそうです。

ボートレースは悪天候でも台風の直撃など以外は開催されるそうです。この日も雨が降りしきる悪条件の中、迫力満点のレースが繰り広げられていました。 ターン付近では、ボート同士が接近しながら水しぶきをあげて方向転換します。
直線に入ると一気に加速!大きなモーター音が響きわたり、ボートレーサーたちの巧みなハンドルさばきに感動しました。 結果は残念ながら「1-2」ではずれてしまいました。ビギナーズラックならず。

08

【15:30】名物の串モツ(黒・白)を味わう

【15:30】名物の串モツ(黒・白)を味わう
ボートレース多摩川

レースを観戦し、少しお腹が減ったので、先ほど昼食で牛炊を食べた「ウェイキー」の目の前にあるこちらのお店で、名物の串もつを購入しました。

手前が「串モツの白」(150円税込)、奥が「串モツの黒」(150円税込)です。 「生ビール大」(700円税込)、「生ビール小」(600円税込)もありましたが、雨風で体が冷え切っていたので、今回は購入を見送りました。 黒は弾力のあるモツ、白は一般的なモツです。私は白派、相方は黒派でした。好みが分かれるようです。
売店の横には無料の給茶機があり、こちらでは冷たいお水や、温かい緑茶などが無料でいただけます。 寒かったので、温かいほうじ茶をいただきました。 でもやっぱり串モツには生ビールですね。次回はお天気の良い日に行って、生ビールと一緒に味わいたいです。

09

【15:50】「ウェイキープラザ」で記念品などを観賞

【15:50】「ウェイキープラザ」で記念品などを観賞
ボートレース多摩川

16:20の最終レースを前に、「ウェイキープラザ」へ行ってみました。

一見、お土産屋さんのような雰囲気ですが、有名選手のポスターや記念レースで使われたヘルメットなどが展示されているスペースでした。
ボートも展示されています。こんなに小さなボートであんなに凄いスピードを出すなんて、あらためて感動しました。

10

【16:50】無料シャトルバスで移動

【16:50】無料シャトルバスで移動
ボートレース多摩川

最終レースを観戦し、「ボートレース多摩川」から「多磨霊園駅」に向かう無料シャトルバスに乗車します。 5分ほどで多磨霊園駅近くのシャトルバス発着場所に到着。 雨の日でもほぼ濡れずに「多磨霊園駅」と「ボートレース多摩川」を往復できるのでとても便利です。

11

【17:00】「居酒屋たまじ」で安くておいしいお酒と料理を満喫

【17:00】「居酒屋たまじ」で安くておいしいお酒と料理を満喫
居酒屋たまじ

「ボートレース多摩川」でレースとB級グルメを楽しんだ後は、「多磨霊園駅」から徒歩1分ほどの場所にある「居酒屋たまじ」で乾杯です。 お酒もお料理も安くて美味しいと評判のお店です。

まずは「レモンサワー」(290円税別)と「梅酒ロック」(390円税別)で乾杯! この日の「お通し」(300円税別)は、ほくほくのかぼちゃの煮物でした。
「ポテトサラダ」(350円税別)。2人で食べるにはたっぷり過ぎるほどの量でこの価格。味も間違いない美味しさでした。
「ニンニク揚げ」(150円税別)。こちらも定番の1品ですが、この価格で出しているお店は見たことがありません。
「鉄板焼きネギだく」(450円税別)は、鶏・豚バラ・レバー・セセリから選べます。こちらは豚バラですが、ネギが本当にたっぷりでネギ塩ダレがよく絡んでお酒が進みます。
あまりに美味しくて、「鉄板焼きネギだく」(450円税別)のセセリを追加注文しました。
最後は「焼きオニギリ」(400円税別)を注文しましたが、チャーハンや焼きそば、お茶漬けやうどんなどもありました。 他に、「ハーブウインナー」(500円税別)や「たたきキュウリ」(350円税別)、お酒の追加注文なども含めて、お会計は2人で約5000円という安さ! 店員さんも気さくで元気がよく、近所にあったら毎週通ってしまいそうな居心地の良いお店でした。

12

【19:00】京王線「多磨霊園駅」ゴール

【19:00】京王線「多磨霊園駅」ゴール
多磨霊園駅

「居酒屋たまじ」から「多磨霊園駅」までは徒歩1分ほどで、お酒を飲んだ後でも安心して帰路につくことができます。「多磨霊園駅」から無料シャトルバスで気軽に行くことができる「ボートレース多摩川」で迫力満点のレースとB級グルメを楽しみ、安くておいしい居心地抜群の「居酒屋たまじ」でお酒とお料理を楽しむこのコースは、独身カップルや女性同士の休日レジャーにおすすめです。※このコースは2017年10月22日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ