街はぴは、「あなたのハッピーが街のハッピーに!」をコンセプトとした京王沿線クチコミ情報サイトです。

雑貨屋さん巡りでおすすめコース。「手紙舎 2nd STORY」など個性的な雑貨やカフェを楽しむおでかけコース。

ファッション・雑貨

雑貨屋さん巡りでおすすめコース。「手紙舎 2nd STORY」など個性的な雑貨やカフェを楽しむおでかけコース。

ページ閲覧数
736

今日は雑貨屋さん巡りをしながら、ゆっくりランチやカフェを楽しむコースをご紹介します。京王線「柴崎駅」をスタートしたら、今年7月にオープンしたアウトドア雑貨とキャンプスタイルフードのお店「Campick Stand&Factory(キャンピック スタンドアンドファクトリー)」でアウトドア雑貨とランチを楽しみます。そのあとは「手紙舎 2nd STORY」でお土産探し。最後は、「Gallery&Cafe Warehouse Garden(ギャラリーアンドカフェ ウェアハウスガーデン)」でカフェタイム。さあ、出発です。

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【11:50】京王線「柴崎駅」スタート

【11:50】京王線「柴崎駅」スタート
柴崎駅

京王線「柴崎駅」は、新宿駅から25分前後。「調布駅」の3駅手前の駅です。各駅停車以外は停車しませんので、新宿方面からは「つつじヶ丘駅」まで行き、各駅停車に乗り換えるのが便利です。

02

【12:00】Campick stand&factory(キャンピック スタンド&ファクトリー)でアウトドア雑貨とキャンプスタイルフードを楽しむ

【12:00】Campick stand&factory(キャンピック スタンド&ファクトリー)でアウトドア雑貨とキャンプスタイルフードを楽しむ
柴崎駅

「Campick stand&factory(キャンピック スタンドアンドファクトリー)」は、アウトドア雑貨とキャンプスタイルフードを楽しめるおしゃれなお店。店内には、椅子やバック、Tシャツ、帽子、食器など、全国各地からセレクトされたアウトドア雑貨が販売されています。カフェも併設されており、飲食メニューは、キャンプやピクニックで食べたいメニューが日替わりであり、非日常気分が味わえます。

京王線「柴崎駅」北口から道なりに1分ほど歩いて左に曲がり、そのまま北へ歩いて行くと、水色の外観をしたおしゃれなお店が見えてきます。
店内も外観同様、水色の壁面で明るく、アウトドア用の机や椅子が配置されており、おしゃれな雰囲気です。
1階には、バッグや小物、おしゃれなアウトドア雑貨が置いてあり、購入してすぐにでもキャンプに行きたくなります。
2階もあります。 オムツ替えシートや授乳スペースもありました。細かな気遣いが子ども連れにはとてもありがたいですね。
2階では、Tシャツや食器類がメインに販売されています。
ランチは2種類から選べます。 キャンプやピクニックで食べたくなるようなメニューが日替わりで楽しめると人気です。
注文したのは、「BBQグリルドソースホットサンド」(1,000円税込)。 お肉と玉ねぎを BBQソースで炒めた具がとても美味しく、さらにチーズがとろけて絶妙な味わいでした。
丁寧に淹れられたドリップコーヒーも香り豊かでとても美味しくいただきました。
今回は頼みませんでしたが、デザートの手作りマフィンもとても美味しそうでした。

03

【13:20】「手紙舎 2nd STORY」で可愛いお土産探し

【13:20】「手紙舎 2nd STORY」で可愛いお土産探し
手紙舎 2nd STORY

「Campick Stand&Factory(キャンピック スタンドアンドファクトリー)」のお店の斜め前にある「手紙舎 2nd STORY」。店舗は建物の2階にあり、店内にはカフェと物販とギャラリースペースがあります。物販スペースには、「Good Print、Good Craft、Good Food」をコンセプトに、たくさんのおしゃれ雑貨や文房具、食料品などが置いてあります。

「手紙舎 2nd STORY」の「2nd STORY」とは2階という意味。 ちなみに1階には、「本とコーヒー tegamisha」という、本と珈琲、スイーツが楽しめるお店があります。
それでは可愛い雑貨が溢れる店内へ。 お仕事でも活躍しそうな可愛いハンコやまめ箋。 飲料水のラベルも可愛いのでついつい買いたくなります。
手紙舎のオリジナルグッズは、お土産やプレゼントに喜ばれそうですね。
成形から絵付けまでひとつひとつ丁寧に作られている九谷焼。 器に書かれた絵も、もちろん手書きなので、お気に入りの一枚が見つかりそう。
「ラムレーズンミルクジャム」、「北海道エスプレッソジャム」など、食べたことのない美味しそうなジャムが並びます。 ジャムの瓶や紅茶ケースを置いておくだけでもおしゃれで可愛い。
可愛いレターセットを眺めていると、誰かに手紙を書きたくなります。
普段自分では買わないような、ちょっとおしゃれでいい靴下はプレゼントにちょうど良さそうです。
手紙舎のオリジナルペーパー。 プレゼントの包装紙に使ったり、ブックカバーに使ったり、様々な用途でおしゃれに活躍しそうです。
色々と迷いながら、購入したお土産。 クリアファイル(324円税込)、一筆箋(378円税込)、メモパッド(410円税込)。 すべてここでしか手に入らないものなので、友人へのプレゼントなどにも利用したいです。

04

【14:00】Gallery & Café Warehouse Garden(ギャラリー&カフェ ウェアハウスガーデン)でカフェタイム

【14:00】Gallery & Café Warehouse Garden(ギャラリー&カフェ ウェアハウスガーデン)でカフェタイム
ウェアハウスガーデン

「手紙舎 2nd STORY」から柴崎駅北口まで一旦戻り、そのまま線路沿いを進み、食事処を右折。神代湯奥の路地裏にひっそりと佇むお店「Gallery & Café Warehouse Garden(ギャラリー&カフェ ウェアハウスガーデン)」は、カフェに併設してギャラリースペースもあり、個展やワークショップが開かれていて、緑が心地よいテラス席もあります。「手紙舎 2nd STORY」からは徒歩3分で着きます。

路地裏に入る手前の道に看板が出ているので、この看板を目印に曲がります。
こちらがカフェの入り口。緑が豊かで、ちょっとしたオアシスを感じる雰囲気です。
テラス席も6席ほどあるので、喫煙される方やワンちゃんと一緒に食事をされたい方には嬉しいですね。
14:00〜17:00のカフェタイムは、手作りケーキと珈琲又は紅茶のセットが600円(税込)です。
フランス産チーズとバターをたっぷり使い、イチゴジャムと一緒に焼き上げられた「ストロベリーチーズケーキ」。 下はサクサク、上はしっとりでとても美味しかったです。
カフェに併設されたレンタルギャラリー。 こちらは絵画、写真、音楽、映像などの表現の場として、またワークショップやマルシェとして利用できます。

05

【15:00】京王線「柴崎駅」ゴール

【15:00】京王線「柴崎駅」ゴール
柴崎駅

今回行ったスポットは、全て「柴崎駅」から徒歩3分以内でまわれます。雑貨を見た「手紙舎 2nd STORY」やカフェで利用した「Gallery & Café Warehouse Garden」のランチも気になったので、次回はそちらにも行ってみたいです。自分の時間をゆっくり過ごしたいときにおすすめの「柴崎駅」にぜひ行ってみてください。※このコースは、2017年10月9日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ