街はぴは、「あなたのハッピーが街のハッピーに!」をコンセプトとした京王沿線クチコミ情報サイトです。

高尾山の絶景ビアガーデンで乾杯!名物グルメと観光スポットを効率よく楽しめる夏の定番コース

アウトドア

高尾山の絶景ビアガーデンで乾杯!名物グルメと観光スポットを効率よく楽しめる夏の定番コース

ページ閲覧数
479

年間300万人を超える登山者が訪れる「高尾山」にビアガーデンがあるのをご存じですか? 気持ちのいい大自然でおいしいグルメを味わう、夏におすすめな高尾山コースをご紹介します。高尾線「高尾山口駅」を出発し、「山麓駅」からリフトに乗って山の中腹あたりまで移動します。「売店 香住」で名物・天狗焼きをいただいたら、登山スタート。途中「高尾山薬王院」を参拝し、御朱印をゲットしたら山頂を目指します。登頂後はお待ちかね、大人気の「高尾山ビアマウント」で乾杯!登山を楽しんだ後に飲むビールは格別です。食事とお酒を楽しんだら、日本一の急勾配を体験できるケーブルカーに乗って下山します。最後に「FuMotoYA」でジェラートを食べてゴール。リフトやケーブルカーを利用するので、登山初心者にもおすすめの一号路コースです。

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【11:00】高尾線「高尾山口駅」スタート

【11:00】高尾線「高尾山口駅」スタート
高尾山口駅

今回のおでかけは京王線「高尾山口駅」からスタートです。 京王線「新宿駅」から特急で10駅、約50分です。2015年にリニューアルした駅舎はスギ材を使った大屋根が目を引きます。隈健吾が設計を手掛けた、スタイリッシュながらも自然のぬくもりを感じられる素敵な駅です。

02

【11:50】リフト「山麓駅」から中腹まで空中散歩

【11:50】リフト「山麓駅」から中腹まで空中散歩
山麓駅

今回は初心者やファミリーにもおすすめな一号路で登ります。高尾山には中腹までケーブルカーとリフトが運行しています。所要時間と乗車人数が違いますが、運賃は同額です。 片道480円、往復930円。往復切符は30円お得で、リフトとケーブルカーどちらでも乗車可能なので往復で購入します。 ※価格はすべて税込

行きは自然を身近に感じられるリフトに乗っていくことに。乗り場までは急な階段を上るので、なかなか良い準備運動になりました。
リフトは2人乗りです。 片道12分ほどで高尾山の中腹あたりにある「山上駅」に到着します。 大自然の中をしばし空中散歩。夏は山の緑が鮮やかで、都心では味わうことのできないおいしい空気に包まれ、リフレッシュできました。

03

【12:10】高尾山名物!「売店 香住」で天狗焼きをいただきます

【12:10】高尾山名物!「売店 香住」で天狗焼きをいただきます
売店香住

「山上駅」に着いて一号路を進むと、すぐに「売店 香住」があります。ここに高尾山で外せないグルメがあります。 (この日は工事中で仮設店舗での営業でした。)

立派なお顔が特長!名物の「天狗焼き」(1個140円税込)です。食べる前に記念撮影を忘れずに!
外はカリっと香ばしく、中はモチモチ。中身は甘さ控えめの黒豆あんがたっぷり入っていて、おいしい!天狗焼きは特に有名な高尾山グルメなので、15時頃には売り切れになることもあるそうです。

04

【12:40】「高尾山薬王院」を参拝して御朱印をゲット!

【12:40】「高尾山薬王院」を参拝して御朱印をゲット!
高尾山薬王院

「売店 香住」から15分ほど歩くと、パワースポットとして名高い「高尾山薬王院」に到着します。 立派な楼門は、1984年に再建されたものですが、江戸期に建立された形のままの姿なのだそう。総工費は約5億円!堂々たる重厚感で、高尾山薬王院を護っています。

楼門を通ると、迫力ある天狗像が迎えてくれます。高尾山薬王院の御本尊である「飯縄大権現(いづなだいごんげん)」の守護役である天狗。高尾山には天狗にまつわる伝説が多く、天狗信仰が根付いています。
高尾山薬王院は、「成田山新勝寺」「川崎大師平間寺」に並び、真言宗智山派の三大本山として知られ、江戸時代から信仰を集めてきた霊山。特にご利益があるといわれる除災開運、災厄消除、招福万来を願い参拝します。
参拝後に、御朱印(朱印料・300円税込)をいただきました。 この日は山の日だったので、特別に天狗のスタンプもいただくことができました。

05

【13:30】高尾山「山頂」へ

【13:30】高尾山「山頂」へ
高尾山

「薬王院」から25分ほど登ると標高599mの山頂に到着します。

この日は時折小雨が降る生憎のお天気でしたが、山頂にはたくさんの登山客の姿が。さすがミシュラン三ツ星に認定されている観光スポット! 山頂には平坦な広場があり、週末やハイシーズンはお弁当を食べる方など、大勢の登山客で賑わうそうです。
この日は眺望は楽しめませんでしたが、お天気が良ければ、この展望台から富士山や丹沢の山々を望むことができます。

06

【15:00】山の中で飲むビールは格別!!「高尾山ビアマウント」で乾杯!

【15:00】山の中で飲むビールは格別!!「高尾山ビアマウント」で乾杯!
高尾山ビアマウント

ひと汗かき、喉も乾いたところで「高尾山ビアマウント」へ。標高500mにあるビアガーデンです。 2017年は6月15日(木)~10月15日(日)まで毎日営業しており、都心を一望しながら食べ放題・飲み放題(2時間制/男性3500円、女性3300円税込)が楽しめる名物スポットです。週末はかなり混雑しており、この日も入店待ちの行列ができていました。 公式サイトから予約ができるので、週末に行かれる方は事前に予約されることをおすすめします。 乾杯の一杯に選んだのは、フローズンビール! 大自然の中で飲むキンキンに冷えたビールは格別です。

各種生ビールをはじめ、ハイボール、ワイン、カクテル、サワー、かめ樽焼酎、日本酒など、とにかくアルコールの種類が豊富です。
ビール以外はセルフサービスなので、ソフトドリンクと合わせてオリジナルカクテルを作ることもできます。
お料理は和食・洋食・中華と常時30種以上が並びます。 ラーメンやデザート、果物などもありました。
お料理は常に入れ替えられており、次々と新しいメニューが並びます。
会場はかなり広いですが、この盛況ぶり。 時期により様々なイベントをしているので、何度行っても楽しむことができます。 【9月15日~10月1日】 クラフトビール祭り 【9月15日~10月15日】 鍋バイキング 【10月1日~10月15日】 オクトーバーフェスト ※詳細はHPにてご確認ください

07

【16:20】ケーブルカー「高尾山駅」からラクラク下山

【16:20】ケーブルカー「高尾山駅」からラクラク下山
高尾山駅

おいしいお料理とお酒を楽しんだら、「高尾山駅」からケーブルカーで下山します。 ケーブルカーの線路では日本一の急勾配(31度18分)を体験することができます。

片道6分ほどでふもとの「清滝駅」に到着です。

08

【16:40】高尾山グルメの締めくくりは「FuMotoYA」のイタリアンジェラート!

【16:40】高尾山グルメの締めくくりは「FuMotoYA」のイタリアンジェラート!
FuMotoYA

高尾山口駅へ向かう前に、途中にある「FuMotoYA」へ立ち寄ります。最後の高尾山グルメはイタリアンジェラート!おいしいデザートを食べながら楽しかった1日を振り返りましょう。

マンゴーやフランボワーズなど旬の果物を使ったシャーベットがたくさんある中、ダイエットや便秘、二日酔いにも効果があるという「桑の葉のジェラート」(450円税込)と「イタリアンバニラのジェラート」(350円税込)をいただきました。 桑の葉は抹茶のような風味でとても食べやすく、おいしかったです。
「FuMotoYA」では、ジェラートを購入すると足湯を楽しむことができます。 (繁忙期など除外日あり) 登山後に足湯を楽しみながらジェラートを食べて疲れを癒す、なんて贅沢ですよね。

09

【17:00】高尾線「高尾山口駅」ゴール!

【17:00】高尾線「高尾山口駅」ゴール!
高尾山口駅

心もお腹も満たされて帰路につきます。高尾山口駅の入口には、登山客のために靴の泥を落とすためのブラシなどが準備されていますので、土汚れを落としてから電車に乗りましょう。 都心から約1時間のミシュラン三つ星観光地「高尾山」で、登山初心者でも楽しめるおすすめコース。高尾山ビアマウント開催中にぜひ訪れてみてください。 ※このコースは2017年8月11日に行ってきました

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ