街はぴは、「あなたのハッピーが街のハッピーに!」をコンセプトとした京王沿線クチコミ情報サイトです。

井の頭恩賜公園でボートデビュー!太宰治も通った「井泉亭」の名物カレーなど昭和レトロをテーマに園内を親子で満喫するおでかけコース

名物グルメ

井の頭恩賜公園でボートデビュー!太宰治も通った「井泉亭」の名物カレーなど昭和レトロをテーマに園内を親子で満喫するおでかけコース

ページ閲覧数
764

100年の歴史がある「井の頭恩賜公園」で、昭和の面影を探しながら子どもとおでかけします。 「井の頭公園駅」を降りてすぐの遊具のある広場でひと遊びしたら、2歳児初体験の「スワンボート乗り場」へ。お昼ごはんは、太宰治も通ったという「井泉亭」で、ピース又吉さんやさまぁ~ずさん絶賛のカレーライスランチ。午後は「三鷹の森ジブリ美術館」の裏手にある「井の頭恩賜公園 西園」へ。たくさん体を動かした後は、公園内の「静養亭」で新緑を眺めながら、ひと休み。外遊びが気持ちいい日におすすめなコースです。

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【10:30】井の頭線「井の頭公園駅」からおでかけスタート!

【10:30】井の頭線「井の頭公園駅」からおでかけスタート!
井の頭公園駅

井の頭線各駅停車に揺られ、吉祥寺駅のひとつ手前の駅で下車します。改札を出て右手に「井の頭恩賜公園」の入り口があります。写真左の、緑に覆われた一帯が公園です。

階段を降りれば「井の頭恩賜公園」に到着!
ベビーカーの方も、安心してください。 道路側を進むと階段なしで公園に入れます。

02

【10:30】まずは「井の頭恩賜公園」の最東端の遊具広場でひと遊び

【10:30】まずは「井の頭恩賜公園」の最東端の遊具広場でひと遊び
井の頭恩賜公園

駅から最も近い、園内最東端にある遊具のあるエリアでひと遊びします。滑り台やブランコなどの定番の遊具が揃っています。

写真左、ふたつの滑り台がついた遊具が娘のお気に入りです。
私はこれまで、この広場が一番遊具が多いエリアだと思っていたのですが、午後に訪れた西園が一番遊具が充実していたことがわかりました!でも、ここは井の頭公園駅からの近さが魅力!
子どもが満足したので「スワンボート乗り場」へ向かいます。 途中で「神田川の源流」を発見しました。

03

【11:00】井の頭池までの間にある、2つ目の遊具エリアで遊ぶ

【11:00】井の頭池までの間にある、2つ目の遊具エリアで遊ぶ
井の頭恩賜公園

先ほどの遊具エリアからスワンボード乗り場までは少し距離があるのですが、スワンボートに向かう途中にもブランコや滑り台がありました。ここでもひと遊びできたので2歳児でも飽きずに歩き続けてくれました。

ローラー滑り台は大人気♪傾斜が緩いので小さい子にも遊ばせやすいです。

04

【11:30】2歳児生まれて初めてのボート体験「井の頭公園ボート場」

【11:30】2歳児生まれて初めてのボート体験「井の頭公園ボート場」
井の頭公園ボート場

「スワンに乗りたい♪乗りたい♪」とはしゃぐ2歳児でしたが、いざ選んだのは、まさかのサイクルボート。スワンに乗りたがると思ったので意外ですが、ピンクがいいという理由だそうです。ボートは3種類あり、手漕ぎのローボート(60分/700円)、サイクルボート(30分/600円)、スワンボート(30分/700円)。※価格は全て税込

昭和を感じさせる売店。横がボート乗り場の入口です。
入口の手前にベビーカー置き場がありました。
券売機でチケットを購入し、サイクルボートのラインへ。
2歳児のボートデビューはサイクルボートになりました。子どもを真ん中に座らせて、ハンドル操作ができるのがとても嬉しかったようで、喜んでぐるぐる回してました。なかなか行きたい方向に進めません(笑)
乗り込んでしまったら、ピンクかスワンかもわかりませんので、結果的には良かったです。価格も100円安いですし。スワンは眺めて楽しむべし(笑)

05

【12:00】太宰治も通った「井泉亭」でカレーランチ

【12:00】太宰治も通った「井泉亭」でカレーランチ
井泉亭

「井の頭弁財天」の目の前にある「井泉亭」は、園内で1番古いといわれるお店です。創業は江戸時代幕末だそう。古くは太宰治が通い、『アド街ック天国』や『モヤモヤさまぁ~ず』でも紹介された「井泉亭」でお昼ごはんにします。

店内にはゆったりとテーブル席が配置されています。ちなみにトイレは清潔で新しめなので子連れにも安心です。定休日は火曜日と雨の日だそう。
ピース又吉さんもさまぁ~ずさんも絶賛した、名物「カレーライス」(大盛800円税込)を注文しました。大きな具が入った家庭的なカレーライスはとってもスパイシーでおいしかったです♪
カレーは子どもにはちょっと辛いので、子ども用に「ざるそば」(大盛600円税込)を注文しました。ちゃんと子ども用の食器もご用意くださいました。
井の頭恩賜公園とともに歴史を刻んできた井泉亭。しっくりと景観に馴染んだ佇まいも趣があります。ランチの後は、西園に向かいます。お店の横の道は、低い低い段差の階段なのでベビーカーでもなんとか進めました。
新緑のきれいな林が続きます。
途中でトイレに行きたくなってしまい、最短ルートから少し外れて歩いたところ、西園の「遊びの広場」の手前にも遊具ゾーンがありました。

06

【13:10】園内一遊具が充実している西園・「遊びの広場」

【13:10】園内一遊具が充実している西園・「遊びの広場」
井の頭恩賜公園西園遊びの広場

新緑のきれいな林の中を通り抜けると、バトミントンやボール遊びのできる広場や駐車場があり、それをさらに進むと、園内一充実した西園の遊具エリア「遊びの広場」があります。ちょうど「三鷹の森ジブリ美術館」の裏手に位置します。

この日も地元の子と思われる子どもたちが大勢遊んでいました。駅から歩いていける場所に、たくさんの遊具やのびのび遊べる公園があることも、吉祥寺の魅力です。
最近はごっこ遊びが大好きな娘。枝や葉っぱを拾ってきて、お店やさんごっこが始まりました。
複合遊具も大いに楽しんでました。
1~3歳児向けの遊具エリアもあります。
隣に「芝生の広場」があり、ピクニックシートを広げて遅咲きの桜を楽しむ人たちの姿も見られました。
たっぷり遊んだので、次のスポットへ向かいましょう。ストレッチ遊具で寄り道しつつ、来た道を戻ります。

07

【14:30】テラスが心地よい「静養亭」でカフェ休憩

【14:30】テラスが心地よい「静養亭」でカフェ休憩
静養亭

本日は井泉亭に続き、昭和な気分でおでかけ。隣の「ぺパカフェフォレスト」が子連れウェルカムなお店で人気があるのですが、レトロテーマな今回は、喫茶が楽しめるこちらのお店に。初めて訪れてましたが、ロケーションも良いので、休憩におすすめです。

大きな階段の右手に回るとスロープがありますので、ベビーカーでもご安心を。
テラス席が多いので、今の季節にはちょうど良いですね♪
テラスから見える公園の景色が遊び疲れた大人を癒してくれます。混雑もなく、穴場な休憩スポットです。
私は「クリームあんみつ」(単品650円税込)を頼んで娘とシェア。烏龍茶とセットにすると850円になりますが、単品でコーヒー(380円税込)にしました。夫は甘酒(420円税込)を注文。

08

【15:30】おでかけのゴール、「吉祥寺駅」

【15:30】おでかけのゴール、「吉祥寺駅」
吉祥寺駅

今日は、懐かしさを感じられる昭和レトロな親子コースになりました。井の頭恩賜公園内は遊具のあるエリアがほどよく点在していて、子どもが飽きることなく散策できてよかったです。子連れでもストレスがないのが嬉しい公園へのおでかけ、いろんなテーマで楽しんでみてください。※このコースは2017年4月22日に行ってきました。

in
16

井の頭公園

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ