街はぴは、「あなたのハッピーが街のハッピーに!」をコンセプトとした京王沿線クチコミ情報サイトです。

吉祥寺穴場デートコース。ハモニカ横町で世界のグルメを食べ歩き!

お散歩・行楽

吉祥寺穴場デートコース。ハモニカ横町で世界のグルメを食べ歩き!

ページ閲覧数
298

吉祥寺でデートにおすすめなとっておきのコースをご紹介します。まずは「井の頭恩賜公園」へのアクセス抜群な「吉祥寺公園駅」で待ち合わせ。新緑の公園を散策後、台湾茶「カフェキキチャトウキョウ 吉祥寺本店」のラテでお茶をして、吉祥寺の「ハモニカ横丁」内を食べ歩きます。ハモニカ横丁でご紹介するお店は羽根つきたい焼きで有名な「天音(あまね)」、「上海焼き小籠包 吉祥寺店」、「アヒルビアホール」、そして、シメはタコライスをテイクアウトできる「ハモニカ・クイナ」。数多くあるお店の中でも、おすすめなグルメをご紹介します。

朝 からスタート!

Good Morning!
Good Morning!

01

【11:00】井の頭線「井の頭公園駅」スタート

【11:00】井の頭線「井の頭公園駅」スタート
井の頭公園駅

吉祥寺でデート、というと吉祥寺駅での待ち合わせが定番ですが、広い駅での待ち合わせって大変です。そこでおすすめしたいのが、吉祥寺のひとつ渋谷寄りの駅、井の頭線「井の頭公園駅」!急行通過駅なので、各駅停車に乗ってくださいね。 空いていて待ち合わせにぴったりです。

02

【11:30】緑溢れる「井の頭恩賜公園」を散策

【11:30】緑溢れる「井の頭恩賜公園」を散策
井の頭恩賜公園

「井の頭恩賜公園」は、吉祥寺のオアシス。お散歩する人、ジョギングする人、遊具で遊ぶ子どもたち、ボートに乗る家族やカップル、様々な楽しみ方ができます。自然が多く、園内を歩いているだけで、気持ちが癒されます。「井の頭公園駅」は公園から徒歩1分。ゆったりとデートを始めるのに最適です。今日はこのあとたくさん食べ歩くので、たっぷり体を動かします!

03

【13:30】本格派台湾茶カフェ「囍茶東京(キキチャトウキョウ) 吉祥寺本店」でカフェタイム

【13:30】本格派台湾茶カフェ「囍茶東京(キキチャトウキョウ) 吉祥寺本店」でカフェタイム
本格派台湾茶カフェ 囍茶東京 吉祥寺本店

喉が渇いたので、2016年にオープンしたカフェ「囍茶東京(キキチャトウキョウ)吉祥寺本店」へ。公園出て、井の頭線「吉祥寺駅」方向に徒歩5分ほどのところにあります。 プレミアム台湾茶葉をラテにしたり、本格フレンチクリームを組みあわせて飲む、新感覚のスイーツドリンクカフェです。

台湾マウントティーラテのなかから、「トロピカルフルーツラテ」(650円税込)をチョイス。 ジャスミンティのベースの中にパッションフルーツ、ブラッドオレンジ、そしてドライパイナップルのトッピング。タピオカも入っています。ジャスミン香りとのど越しのよさですっきり!

04

【14:00】ハモニカ横丁で食べ歩き①「天音(あまね)」の羽根付きたい焼き

【14:00】ハモニカ横丁で食べ歩き①「天音(あまね)」の羽根付きたい焼き
天音 (あまね)

「囍茶東京 吉祥寺本店」から歩いて5分ほどで吉祥寺駅です。駅を越え、バスターミナルを挟んだ向かいに「ハモニカ横丁」の看板が見えます。 大通りの平和通り、商店街のダイヤ街、そして武蔵通りに挟まれた一角に足を踏み入れると、縦横に伸びる細い路地。おもちゃ箱のように小さな飲食店がいっぱい並んでいます。まずは、人気のたい焼き屋さん「天音(あまね)」へ。すでに行列ができていました!

「たい菓子(粒あん)」(1個155円税込)を2個購入。 黒糖で風味豊かに炊いた北海道のアズキがしっぽの先までぎっしり。羽根付きなので、まわりはパリッ、中はもっちりとした食感が楽しい!
あんこ好きにはたまりません!

05

【14:20】ハモニカ横丁で食べ歩き②アツアツの小龍包がいただける「上海焼き小籠包 吉祥寺店」

【14:20】ハモニカ横丁で食べ歩き②アツアツの小龍包がいただける「上海焼き小籠包 吉祥寺店」
上海焼き小籠包 吉祥寺店

ハモニカ横丁内のお店を眺めながら、次のお店へ。駅前の平和通りに面した一角に本場・上海でも大人気の焼き小籠包専門店、「上海焼き小籠包 吉祥寺店」があります。

こちらが名物「焼き小籠包」です。ひとつひとつ形が違っているところに手作り感を感じます。1個から購入可能で、1個110円、4個420円、6個600円(税込)があります。
ひと口食べるとアツアツのスープがじゅわーっと出てくるので火傷に注意です!しっかりと味付けがされているので、小さいですが食べ応えがあります。

06

【14:40】ハモニカ横丁で食べ歩き③「アヒルビアホール」で軽く一杯

【14:40】ハモニカ横丁で食べ歩き③「アヒルビアホール」で軽く一杯
アヒルビアホール

焼き小龍包を食べたらビールが飲みたくなり、ハモニカ横丁内を探索。昼から飲めるお店がたくさんあるのも、いい雰囲気です。シメイやヒューガルデンなど世界の生ビールが味わえる「アヒルビアホール」へ。カウンター席でビールをいただきました。

「ランチビール」(432円税込)をいただきました。 系列店の「ミュンヘン」では昼は直売農家の食材を使ったバイキング、夜はクラフトビールも楽しめるそうです。

07

【15:30】ハモニカ横丁で食べ歩き④タコライス専門店「ハモニカ・クイナ」

【15:30】ハモニカ横丁で食べ歩き④タコライス専門店「ハモニカ・クイナ」
ハモニカ・クイナ

そろそろお腹も満たされてきましたが、シメにご飯を食べたいね、とさらに横丁をウロウロして白羽の矢を立てたのは、タコライス専門店の「ハモニカ・クイナ」。ソーキソバやタコライスのイートインスペースもあります。タコライスはテイクアウトもOKなので、ここで買って井の頭恩賜公園で食べるというコースも楽しそう!

「オムタコライス」(650円税込)を注文しました。写真はスモールサイズ。 同じ「オムタコライス」のレギュラーサイズは750円、ラージは900円(税込)です。
サルサソースを添えていただきます。ふわとろの卵の下にチーズとひき肉たっぷりのタコライスが絶品!
ハモニカ横丁は、飲食店の他に、雑貨店や商店、パン屋さんもあるので、昼間は穏やかな商店街といった雰囲気です。夜はオープンな酒場から陽気な声が響く、ディープな場所に変わります。

08

【16:00】井の頭線「吉祥寺駅」ゴール

【16:00】井の頭線「吉祥寺駅」ゴール
吉祥寺駅

待ち合わせを「井の頭公園駅」にしたことで、人混みに疲れることなく、穴場感たっぷりなデートになりました。たくさん歩いて、食べて、話しておなかいっぱい!まだまだ散策しがいのありそうなハモニカ横丁。次はいつ来ようかな? ※このコースは2017年4月22日に行ってきました。

in
16

井の頭公園

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ