街はぴは、「あなたのハッピーが街のハッピーに!」をコンセプトとした京王沿線クチコミ情報サイトです。

「耳をすませば」の舞台にもなったいろは坂から絶景の景色を親子で臨むプチハイキングコース

聖地巡礼

「耳をすませば」の舞台にもなったいろは坂から絶景の景色を親子で臨むプチハイキングコース

ページ閲覧数
986

1995年に公開されたジブリ映画「耳をすませば」の舞台にもなった聖蹟桜ヶ丘の街で、イタリアンレストラン「ウブリアーコ(UBRIACO)」でボリュームたっぷりのランチを楽しみ、映画にも登場するいろは坂にのぼり、ちょっとノスタルジックな日本の風景を楽しみながら、地元で愛されるケーキ屋さん「ル・ププラン」でスイーツを堪能するというコースです。

昼 からスタート!

Good Afternoon!
Good Afternoon!

01

【11:30】京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」からスタート

【11:30】京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」からスタート
聖蹟桜ヶ丘駅

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」には両側ホームに改札階までのエレベーター完備。ベビーカー移動でも安心の駅でした。 ちなみに、映画「耳をすませば」の中では、雫が猫のムーンと一緒に降りた駅のモデルとしても有名ですね。

さらにこの駅での驚きの点は駅に隣接したショッピングセンターへ直接ホームからアクセスできるルートもあること。駅に着いてからスムーズに買い物や用事を済ませることができとても便利ですね。

02

【11:40】イタリアンレストラン「ウブリアーコ(UBRIACO)」でランチ

【11:40】イタリアンレストラン「ウブリアーコ(UBRIACO)」でランチ
ウブリアーコ

まず向かったのは美味しいランチが頂けると噂のイタリア食堂「ウブリアーコ(UBRIACO)」。 駅からは大通りをまっすぐ歩いてすぐのところにあります。 おしゃれな扉を開けると店内には心地よいボリュームで音楽が流れ、活気に溢れています。 店内は席と席の間も通路も広くとられていて、ベビーカーも畳まずそのまま楽々入れます。さらに席でもそのままでOKとのこと。これはポイント高いです!

そして私がオーダーしたのがこちらのBランチ。Aランチ(1166円税込)は選べるパスタに前菜、パン、ドリンク、プチデザートがつくのですが、このBランチ(1814円税込)はさらにプラスアルファでお肉かお魚の選べるメインのハーフサイズがついてとてもお得。 期待していたよりもかなりのボリュームです!テーブルの上が豪華。 この日のパスタは5種類から選べたのですが、アマトリチャーナをチョイス。メインはお魚を選び、鮮魚とあさりとそら豆の軽い煮込みでした。気まぐれ前菜のプレートにはたっぷりのグリーンサラダと小さな4種の前菜が盛り合わせになっています。これらにバゲットと飲み物とプチデザートまでついてくるので親子で取り分けて食べてもお腹一杯に!
ちなみに子供にはキッズサイズのパスタとジェラートがセットになったキッズパスタセットもあるので親子でしっかり食べたい派にはこちらもお勧めです。 今回は豪華なBランチにして取り分けスタイルにしたのですが、私たちには大正解。普段はお魚よりもお肉派の娘が、ここのお魚は「おいしい!おいしい!」と喜んで食べてました。 店名である「ウブリアーコ」はイタリア語で「酔っ払い」の意味だそう。次回はぜひディナータイムにお邪魔してワイン片手に酔っぱらってみたいものです(笑)。

03

【13:00】映画「耳をすませば」にも出てくる「いろは坂」をのぼってみる!

【13:00】映画「耳をすませば」にも出てくる「いろは坂」をのぼってみる!
桜ヶ丘いろは坂

大満足のランチで心もお腹もいっぱいに満たされたところで、いよいよいろは坂をのぼってみます。 映画「耳をすませば」の中で雫が猫のムーンを追って、駅前から図書館のあるいろは坂に向かうシーンでお馴染みの場所ですよね。

方角は何となくわかるものの、どれが「いろは坂」なのか地図上にも明確に示されているわけではなく、看板などもないので、向かう途中確認の為に何人か地元の方と思われる方々に尋ねました。「この先の上り坂がいろは坂ですか?」 すると皆さんこういった観光客からの質問には慣れているのか丁寧に答えて下さり、一様に温かい反応!「これからいろは坂のぼるんですか?」とか「あのくねくね結構きついから頑張ってね!」などなど。 何だか街全体の歓迎ムードといいますか、励ましを受け、娘とわくわくしながらのぼってみました。
娘は途中で松ぼっくり拾いに夢中になったり
道端に咲く水仙を見つけ、春を感じたり
なかなかの急勾配な坂を登っていくと、坂の中腹に「いろは坂桜公園」という見晴らしの良い場所がありました。
そんな寄り道をしながらもくねくね道を20分程のぼったころでしょうか。
坂道は平坦な道になり、目の前には街全体を見渡せる風景が広がって来ます。 「わぁ綺麗なまちー」と娘も感動の瞬間でした!

04

【14:00】地元で愛されるケーキ屋さん「ル・ププラン」

【14:00】地元で愛されるケーキ屋さん「ル・ププラン」
ル・ププラン

次に向かったのは、地元で人気のスイーツが買えるお店「ル・ププラン」です。 坂道をのぼって疲れたので何か甘いものでもお土産に買って帰りたいなーと立ち寄ってみることにしました。 お店に入ってまず目に飛び込んでくるのはショーケースに並ぶ美しく鮮やかなケーキの数々。

そして振り返るとフィナンシェやクッキーなどの可愛らしい焼き菓子もずらっと。
可愛いラッピングに目がない私が釘付けになったのは可愛いギフトボックスが山積みになった棚。スイーツを贈り物や手土産に利用する時には可愛い箱やラッピングも重要なんですよね。お家型のボックスなんかは子供が喜びそうです!
そして数あるスイーツの中から娘が選んだのはやっぱりショートケーキ! その名も「しあわせのショートケーキ」です。 ネーミングがいいですね。
お会計をするとレジの前にはこんな可愛いおもちゃも。
ケーキはお土産に…のはずが娘は我慢できずにお店の外のテラス席で早速頂くことになりました。お店の方に声をかけるとおもちゃも外まで貸して頂けて、ケーキはお皿にのせて運んできてくれました。 生クリームとカスタードクリームのダブルクリームでまさに幸せのお味!

05

【15:00】京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」でゴール!

【15:00】京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」でゴール!
聖蹟桜ヶ丘駅

以上。「耳をすませば」の舞台にもなったいろは坂から絶景の景色を親子で臨むプチハイキングコースでした。 よく食べ、よく歩き、大満足の旅を終えましたが、もう一度映画「耳をすませば」を観たくなりました。 ※このコースは2017年3月16日に行って来ました。

ko
27

聖蹟桜ヶ丘

RECOMMENDあなたにおすすめコンテンツ