京王線沿線の初詣の定番、5大寺社を一挙ご紹介!

夜まで待って年明け早々に参拝するもよし、正月三が日大賑わいの中、屋台や出店も楽しみながら参拝するもよし、大晦日より前または新年落ち着いたタイミングでゆっくり参拝するもよし。杉並・調布・府中・多摩・八王子・高尾山地区の、日本を代表する神社やお寺を集めました。

 

「高尾山薬王院」 (高尾山口駅)

初詣から初日の出を拝める、沿線随一の観光名所
アクセス:「高尾山口駅」下車徒歩5分、ケーブルカー乗り継ぎ「高尾山駅」下車徒歩20分

年間登山者数250万人以上を誇る高尾山は、初詣でも人気のスポット。天狗信仰が盛んなことで知られる高尾山の中腹に建つ、真言宗智山派の大本山「高尾山薬王院」の新年は、「新春特別開帳大護摩供」の御祈祷で幕を開けます。除夜の鐘とともに、大護摩で無病息災・家内安全を祈願して、山頂から御来光を拝めば、幸せな1年を過ごせること間違いなし?!

 

場所:〒193-8686 東京都八王子市高尾町2177

ホームページ:http://www.takaosan.or.jp/

お問い合わせ:☎ 042-661-1115(受付時間9:00~16:00)

 

「深大寺」 (つつじヶ丘駅/調布駅)

多数の店が並び賑わう門前町や、豊かな自然と湧き水に囲まれた古刹
アクセス:「つつじヶ丘駅」または「調布駅」から深大寺行バス終点下車すぐ

だるま市や、そば・土産物屋が集う門前町でも親しまれる深大寺。初詣には毎年約20万人が訪れます。元日0時、除夜の鐘とともに迎える新年最初の行事として、寺の全僧侶が元三大師堂(がんざんだいしどう)に集まり天下泰平、国家安穏、仏法興隆を祈願する「修正会大護摩供」に始まり、正月だけで約200座に上る護摩祈願が執り行われます。名物の深大寺そばにゲゲゲの鬼太郎と、初詣後の見所も満載です。

 

場所:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-15-1

ホームページ:http://www.jindaiji.or.jp/

お問い合わせ:☎ 042-486-5511

 

「高幡不動尊」 (高幡不動駅)

新撰組土方歳三の菩提寺としても有名な、「関東三大不動」の一院
アクセス:「高幡不動駅」下車徒歩3分

仁王門・不動堂は国の重要文化財に指定され、新撰組土方歳三の菩提寺としても有名な「高幡不動尊」。三が日には「祈念大護摩」が執り行われ、日野市の人口約18万人をはるかに超える、約30万人の参拝者が訪れます。また例年1月下旬に執り行われる、参拝すると特にご利益があるとされる「初不動大祭」には、同日開催の「だるま市」とあわせて、多くの人で賑わいます。

 

場所:〒191-0031 東京都日野市高幡733

ホームページ:http://www.takahatafudoson.or.jp/

お問い合わせ:☎ 042-591-0032(代)

 

「大國魂神社」 (府中駅)

「東京五社」に名を連ねる、武蔵国の守り神
アクセス:「府中駅」下車徒歩5分

元日午前0時、響きわたる太鼓の音によって悪疫退散を目的とした「初太鼓打初式」や、三が日に御神酒がふるまわれることで知られる大國魂神社は、約50万人の参拝者が訪れます。全国でも珍しい「北向き」の本殿に祀られる大國魂大神は、福神、または縁結び、厄除け・厄払いの神として著名です。

 

場所:〒183-0023 東京都府中市宮町3-1

ホームページ:https://www.ookunitamajinja.or.jp/

お問い合わせ:☎ 042-362-2130

 

「大宮八幡宮」 (西永福駅)

大東京の重心に位置する、緑豊かな「東京のへそ」
アクセス:「西永福駅」下車徒歩7分、または「永福町駅」下車徒歩10分

御祭神に親子三神を祀ることから、子育厄除け・安産・縁結びの八幡さまとして愛される大宮八幡宮。元日0時の初太鼓を皮切りに毎年約15万人が初詣に訪れます。正月2日には、鎌倉時代より続く魔障退散の儀式「小笠原流宗家奉納の蟇目(ひきめ)の儀・大的式」が執り行われます。東京の中心に位置し「東京のへそ」とも呼ばれるパワースポットで、新年早々東京のエネルギーを感じてみては。

 

場所:〒168-8570 東京都杉並区大宮2-3-1

ホームページ:http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/

お問い合わせ:☎ 03-3311-0105(受付時間10:00~17:00)