早春の新宿中央公園。都庁の建物が朝日を反射して光り輝いてます。

9920100b198b4f09fee362096b6f0470.jpg

そんな都庁のホームページから申し込んでいってきました。

東京都庁のホームページトップ右下の「新着情報」http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/ichiran.html

毎日いろいろな情報がアップされています。東京都が主催の「無料で参加」できるイベントやセミナーの情報もここからゲットできます。都民必見です!!

今回参加してきたのは3月5日の「サケの稚魚放流と利根導水路施設見学会」。

参加の倍率が3倍の抽選だったそうです!新宿の都庁から貸切バスで連れて行ってくれるところがいいですね♪

東京都と埼玉・群馬の水道・建設の部署の豪華な合同企画です!

2807cf4ee537ab5cc2978b04cdf8e2c7.jpg

見事なコンクリートの建造物は、埼玉県と群馬県の境にある「利根大堰」。利根川の水をいろいろな水路で分けているところです。東京東部の荒川に流す水もここから「武蔵水路」を経て調整されているのです。

京王線沿いに住んでいると、東京都の水道水はどこでも多摩川の水なのかな、と何となく思ってましたが、東京都全体を見ると、いろいろな川や水路を使って、もっともっと遠くの山奥のダムからはるばると運ばれてきていることに気づかされました。

04acb44772c192e15abf4ed33b6a267c.jpg

都庁から山手トンネルをくぐり抜けるとあっというまに埼玉県!

最初の見学場所は「武蔵水路」。利根川の水を荒川に分けて流すために作られた水路です。最近補修作業が終了したそうで、メンテナンスしやすいように真ん中の仕切りがあります。ところどころ浮いている黄色い球は、万が一人が落ちて流されてしまってもつかまることができるようになってるそうです。この水路はかなりの速い流れでした。

説明しているのは埼玉県の職員さん。普段は遠足の小学生も相手にしているらしく、お話やパネルも準備万端でさすがです。

4b8dca4e3e2be5d181cfc49268ae2311.jpg

巨大な利根川。埼玉県と群馬県をつなぐ橋であり、堰であり、埼玉各地や首都圏に向けた重要な水路の分岐点でもある場所。

以前はゲリラ豪雨などの影響で、都内でもあちこちで浸水被害などが発生したりしてましたが、ここでそれぞれの川に流れる水の適量を管理しているそうです。巨大デジタル画面の表示の数字がちょっとづつ動くのも確認できました。

8563c798447e3e777b0db94c4bc5a3dd.jpg

そんな利根川へサケの赤ちゃんの放流をするのが、今回のメインイベント。

橋を越えて群馬県からの参加の親子さんたちと一緒に、みんなで並んで川に放ちます。

まだまだちっちゃい魚たち。これからが長旅です。利根川を元気に下って、遠くの外国の海まで渡って、大きくなったらまたこの川にかえってきてね。参加したちびっ子たちが大人になるころにまた再会しましょう!

9199bcd45904c1d9a2b397681332488e.jpg

放流後も水槽の稚魚を楽しんだり、行田市と群馬県のご当地キャラの着ぐるみと写真を撮ったりと、親子さんも大人も楽しいイベントでした。

主催が行政機関なので、開会式や閉会式など職員のおじさんが進行役のお堅い決まり事があるところもご愛敬♪

8f3721694a806bf03a51c8b6f5d5eba4.jpg

他には、昼に自由に見学ができた「さきたま古墳公園」。埼玉県の名前の由来となった場所は、広々とした場所のあちこちに古墳が点在してます。登れる古墳もあり、出土品の展示も見られます。日曜日なのに観光で遊びに来ている人も少な目で、かなりのんびりできました。

とにかく広くて平らな「関東平野」を実感。日ごろは住宅密集地帯とオフィスビル街だけを電車で往復している毎日、こんな広さを感じることってなかなかないなぁ。

4b138e9917474a7ba80cbbe3a025332c.jpg

途中のパーキングエリアの休憩中、お土産屋さんも楽しめました。

「ここだけ!」の文字に誘惑されたり、埼玉県(蓮田)なのに「東京土産」「横浜土産」の文字にツッコミたくなったり。。

c80044fdd3b044fd02509d3eec981968.jpg

貸切のバスは黄色いはとバス。プロのバスガイドのお姉さんも同乗していて、遠足気分満喫♪

車内では東京の名水「東京水」。都のイベントでよく配られてますよね。

水を巡る3都県を丸一日楽しめた今回の東京都のイベント。なかなか抽選に当たらなかったりしますが、ぜひともいろいろな遠足&社会科見学系のイベントの参加をおすすめします♪

このスポットの情報
スポット名 サケの稚魚の放流イベント(東京都主催)
住所 東京都庁