※この記事は2017.02.27に作成された記事です。

新宿でおでん屋さんを探してた少し前、おでんを扱ってる大衆酒場ですが

メニューにはおでんとは載っていない・・・、裏メニューではないのですが、

こちらの商品名は「出汁煮込み」

こちらのお店の三大名物の1つ、もつ煮込みは味噌味かな、

2つ目がこの、出汁煮込み。浅草にも濃い醤油味のすじ煮込みのお店がたくさんありますが

あそこまで濃厚ではないです、醤油と出汁たっぷりで煮込んだ牛すじと野菜などのおでん種。

単品だと、牛すじ煮は 480円ですが、野菜はだいたい120円とお得です。

注文すると、大根はあるけど、はんぺんはもう終わってしまったと、うーん・・・

すると、焚き盛りという盛合せがあるのに気付きました。迷った時は盛合せに限ります(汗

ネーミングにも、個性を出してるんですね。

ということなので、その「出汁焚き盛り 580円」をと生ビールを注文。

カウンターの左にあるおでん器から、よそってくれています。

写真撮りに行きたかったけどさすがに遠慮しました(汗

1feab9d36b1f301bee30f782ed9479ba.jpg

すると、とても大きな大根が出てきました。

今回のおでん巡りで、一番大きいものでした。これだけ食べに来てもいいな。

醤油味が染み込んでいますが、しょっぱくないです。いい出汁がたっぷり含んでいます。

牛すじ煮もいっぱい入れてくれました。競馬場ですじ肉に会えなかったので嬉しい。

里芋は、醤油出汁との相性は完璧ですね。すじの下には糸こんも入ってました。

b3ac36ba90362a3cad290d401d8f97d1.jpg

これは、どこのおでんなんだろうと、店長らしき男性に聞いてみると、

「どこのというわけではないです。すじ煮込みがあるじゃないですか、それでおでんを・・・」と

なるほど、と思いましたが、リンクの関東煮(かんとうだき)という文字を見て・・・、まぁご愛嬌(笑

こちらは調べると、大手チェーン東方見聞録や金の蔵の「三光マーケティング」でした。

www.sankofoods.com/shop/akamaruya/​

なるほど、関東煮か。言葉は聞いたことはあるけど、関東煮というおでんを食べるのは初です。

ということは、関東じゃない地域で?、そっか大阪ではおでんを、味噌おでんや田楽と区別するため、関東煮と呼んだのかと、調べて勉強になりました。

c1ea25077c1e5e1f6a72d8c91b56683d.jpg

d9e73ee123c5d5ded3567b8cacf793e5.jpg

まだ店舗は、新宿と高田馬場や水道橋など9店舗のようです。これから増えそうですね。

大手もこじんまりした人気の焼きとん屋さんなどに負けずとオリジナリティを出してきますね。

こういう大手のお店で、お通し無し、チャージ無しは大変ありがたいです。

あいぼりー100号連動企画『身体を芯から温める冬のごちそう絶品おでん』

このスポットの情報
スポット名 アカマル屋
連絡先 03-6279-4821
住所 新宿区西新宿1-14-1
定休日 無休(元日以外)
営業時間 [月~金] 16:00~24:00(金・土・祝前日~翌2:00)  [土日祝] 15:00~