第40回せたがや梅まつりレポートの続きです。

三土代会の見事な餅つきを拝見して、

おいしいつき立てのお餅をいただいたあとは、

川場村の物産コーナーへ。

川場村によく行っていた時にお世話になっていた担当者に

久しぶりにお会いできました。

f0fca1b4c719b9ad7420caa327ccc137.jpg

川場村の物産コーナーでは味噌を買うのが目的だったのですが、

お気に入りののむヨーグルトとりんごもいただきました。

00a76f73d412a3e75e7d020a24716555.jpg

いよいよお茶席へ。

今回は梅まつりが第40回ということで、

その記念として大変珍しいお点前を拝見できることになりました。

鏡手前といって、右と左で鏡のように二人でお点前をするというもの。

写真では遠いので分かりづらいですが、左側の男性は普通にお点前をして、

右側の男性は左手でお茶を立てるのです。

よほど練習をしないとできないことでしょう。

c78263a386c0691a119fd9c05459f515.jpg

梅の焼印が素敵。

604c54f299fa3f4953069ff9220d3527.jpg

あ~、青空の下でいただくお抹茶は本当においしいですね。

22a592ed9113fe1c4f7961b76d34c4b3.jpg

私が参加した回が終わったあと、

写真を撮らせていただきました。

衝立の右と左に同じように水差しなどなど置かれているのが

お分かりでしょうか。

鏡手前という名前自体、今回初めて聞いたし、

こんなに珍しいお点前の仕方があることを知って、

また、目の前で見ることができて、

とても貴重な体験でした。

このスペシャルなお茶席は今回だけですが、

梅まつりは3月5日(日)まで開催しています。

4日(土)には抹茶サービス(お抹茶をいただくだけ)と

煎茶野点・茶席があります。

梅もまだ1週間は大丈夫だと思いますよ~。

このスポットの情報
スポット名 第40回せたがや梅まつり
住所 羽根木公園