※この記事は2017.02.16に作成された記事です。

前回は「今でもお気に入りの店」をご紹介しましたが、今回はこの10年で変化した惜しまれるお店についてです。

移転したのは、ケヤキ並木の真ん中にかつてあったタイ料理のスイタイです。今は府中駅の国際通りのビルにあります。8月上旬の大国魂神社の商工祭りではパッタイを出していて、いつもおいしく食べています。

同じインド料理店でもお店が変わったのは、 Karachi。 今ある「アジアンレストラン サハラ」も行ってみる価値ありのお店ですよ。

なくなってしまったお店はたくさんあります。 

ベネディクトダイナー は子連れに人気のお店だったし、情報も発信していました。その後の和食の店はなかなかお勧めです。

ふわふわシフォンケーキ目当てに度々訪れていたお店では、思わず店主に理由を尋ねたところ、介護との両立が厳しいとか。シしフォンケーキだけでも作らないんですか、と聞いてみたものの、それもないとのことでした。

府中本町のヨーカドーは、今、ボーリングのRoud1がある場所です。ヨーカドーは小学校の頃からよく行っていて、場所的にも良かったのに、、、本当は別のモールができる予定だっところ、遺跡が発掘されてその話もなくなってしまいました。

お店を見つけてから品物をゲットするまでに時間がかかった店がはらロールでした。こないだ国分寺のマルイにお店があるのを見つけ、懐かしくなって買ってしまいました。

もっと行っておけばよかったラーメン屋さんが百万豚ラーメン です。その後大鶏という別のラーメン屋になったのですが、それもなくなってしまったようです。

d7fcbf9b3077a20b7f1b69cc1d30c95b.jpg
 かなりの勢いでお店が変化しています。地味でも、小さくてもいいお店がたくさん根付いていってほしいなあと心から願っています。