伊勢丹の向い、京王フレンテの裏手、新宿三丁目の飲み屋エリア

以前は、調布に本店がある「い志井グループ」が何軒もあり、一人勝ちなんて言われてたことも、

でも最近は、ワインをグラス売りする「マルゴーグループ」の勢いが止まらない。

そのマルゴーの先、桂花ラーメン 末広店の斜向かいに、蝦夷鹿を通年提供するビストロがあります。

ビストロ ブルー BISTRO BLUE。 やや狭い階段を降りた地下にあります。

ビストロなので、気取ってなくて、店内もやや暗めのバーというかパブっぽい感じ。

ここ数年、鹿に限らず、ジビエを扱うお店が新宿にも増えました。

あまり期待しないで入ったら、いい意味で裏切られました。

2軒目ということもあったので、前菜的なのと蝦夷鹿を軽く・・・

こちらの名物は、ステックアッシュという、鹿肉100%のハンバーグだそうです。

どこの部位を頼もうかと悩んでいたので、4種食べ比べプレートがちょうど良かった。

赤身も鮮やかなレアな鹿肉です。

江戸時代は獣肉を嫌い、馬を桜、猪を牡丹、鹿を紅葉と呼んだそうですが、

まさしく晩秋に真っ赤に紅葉したモミジのごとく、深い色ながらも鮮やかな赤です。

d87a307faa5cec972818fd9a7d37fac7.jpg

上は左から、ロース、ウチモモ、下は左から レバ、ハツです。

ロースやウチモモは、まさしくレアなステーキのようで、小さいけどこの赤身が最高でした。

食感のいいハツもさることながら、レバのねっとり濃厚な味に頬っぺたが落ちました。

次行ったら、レバのみを頼みたい!

a3105001923e9b8fb0a9be40d11bf19c.jpg 0b49297df790c45f1f6c48d6fa5dd772.jpg 

合わせる飲み物はもちろん赤ワイン、タンニンが強目のやや重めのをチョイス。

鹿の味に負けずに、しっかりと包んでくれるというか、受け止めてくれるボディがバッチリでした。

熟成蝦夷鹿のサラミも、しっかりワインに負けてない!

年末年始のサービスで、割引券をいただいたので、これはまた近いうちに再訪せねばです。

fec09a8d4ebb3306bddc8ab3ee87a243.jpg

99f1beb05a2aa061a8fb286ee06cfae9.jpg 15b86742341b356b3d6b506d1136e0cf.jpg

     

このスポットの情報
スポット名 ビストロ ブルー
連絡先 03-5315-4511
住所 新宿区新宿3-3-9
定休日 月曜
営業時間 火~土 18:00~23:30、 日・祝 18:00~23:00(LOは1時間前)