※この記事は2017.01.31に作成された記事です。

おでんは日本の食文化だから、大きなレストランには、きっとメニューとしてあるに違いない。そう思って新宿のデパートを探しました。デパ地下におでん種売り場はあるものの、おでんはどこのデパートでも食べられない。なぜ?

「おでんは日本の食文化」例えば、にぎりずし・天ぷら・ウナギのように。という考えが間違っているのかしら?調べてみたら、韓国や台湾などにもおでんがあるのですね。魚のすり身を使ったねり物を、だしとしょうゆ、または魚醤などで煮つける習慣のある所には、おでんがある。

そうなんだ、だから「日本のおでんは最高!」なんて言う外国人がそこかしこにいるわけじゃないんだわ。

59ce8385e7363b66bb0a0de51598a2cc.jpg

歩き疲れて、探しつかれて、タカシマヤタイムズスクエア14Fにある、ウナギ専門店に入りました。大正12年から営業。東京で本格的ひつまぶしがいただけるということで、昨年の8月、私もひつまぶしお初にいただきました。

ad8b25f816ea9f899711c0ce3be3f49c.jpg

赤坂ふきぬき

http://www.fukinuki.jp/

店内には、やっぱり中国系の観光客が多いですね。

32dd2a27c29832afe6837d3894659bb2.jpg

奮発してうな重の竹をいただきました。(3000円)

c713c00aa4a484aa291c2a10eddd2981.jpg

その日仕入れたウナギを、専門の職人がさばき、焼き上げ提供してくれるので、少々待ち時間があります。お蕎麦屋さんと同じくらいでしょうか。

いい香りのふっくらとしたウナギです!

73d7a30c5151bc2ef9aa7998655c2299.jpg

柔らかいから、箸で簡単にちぎれます。たれがおいしい!(これでおでんを煮込んだら行けるだろうかしら?)

はじめはそのままいただいていたのですが、途中から山椒を振りかけました。瓶に入っている山椒と違って、香りが半端じゃなくムーディ。おいしいですね。

まだまだ、おでんを探す旅は続きそうです。

このスポットの情報
スポット名 赤坂ふきぬき
連絡先 03-5361-6511
住所 渋谷区千駄ヶ谷5-24-2タカシマヤタイムズスクエア14F
定休日 高島屋に準じる
営業時間 11:00~23:00