※この記事は2016.12.22に作成された記事です。

井の頭線で見つける!「ていねいな暮らし」。
このテーマは、人が人らしく暮らすことの大切さについて考えるということです。

時間に追われる毎日を過ごすうちに忘れがちな「大切なこと」を綴っていこうと思います。

8a22267b439f78c7bfeffa492b01bcc2.jpg

山陽堂書店

渋谷駅から宮益坂を登り表参道との交差点にある書店。
建物が狭い幅の敷地であること、
大きな壁画があること、この2つが気になっていた。


まず、狭い敷地であることについて。
1963年、東京オリンピックのための道路拡幅で、建物の3分の2が削られた。


壁画について。
谷内六郎氏の壁画。
これは、東京オリンピックのための道路拡幅で、建物の3分の2が削られた様子を、
新潮社社長が通勤途中にずっと見ていたため、
週刊新潮表紙の谷内六郎氏の壁画を提案した。

・・・という経緯。

29e26265aff51f21a940d850cc909895.jpg

この書店主がテレビのインタビューに応えていた。
東京大空襲で、店の前の交差点は前は遺体の山だったと。
そして、戦時中の「3分の2が削られる前の書店」はコンクリートの頑丈な造りだったため、
多くの人が店内に逃げ込み助かったとのこと。


このインタビューを見てから、書店の壁画をみるたびに
「東京大空襲」がそれほど昔のことでは無いと実感するようになった。

壁画を見るたびに、凄惨な現場であったことが脳裏を過る様になった。
その土地の過去を知ることは、安易な暮らしへ進まないためのヒントではないかと思う。

e45f0ab384e070b461da29f8b1900bf0.jpg

タイル張りの壁面。タイルのひとつひとつに色が塗られている。

「meets井の頭線:井の頭線でみつける!ていねいな暮らしのヒント」

このスポットの情報
スポット名 山陽堂書店
連絡先 03-3401-1309
住所 東京港区北青山3-5-22
定休日 日曜・祝祭日
営業時間 10:00-19:30 (土曜 11:00-17:00)