1日20万人の方が利用されるという「下北沢」駅は、小田急線が地下2階になって、まだまだ駅構内は工事中が続いている。

南口をでて、ユザワヤのはいった建物「Recipe SHIMOKITA」を探した。1本道を間違え、ベビーカーを押している方に聞いてみた。

「私も、その建物に行くところなんです。ご一緒しましょう♪」って。

用事を済ませて帰ろうとしたら、駅の方向に何かオブジェらしきものを発見。これはなんだろう?

3b41e8212ee3abbb5ded118cc8e28ce8.jpg

”こいぬの木”というタイトルのついた、リリーフランキーさん作のオブジェ。彼は若かりし頃、下北に住まわれていて、特にこの中央にある青い空の雲は、下北の雲・下北の風景を思い出しながら、フリーハンドで書かれたものだとか。

53bfac2fae9a623320044293974b9082.jpg

南口から30秒の広場にあるこの木は「今まで、下北になかったもの」を作るきっかけになっている。それは、「待ち合わせの場所」!

2015年11月に作られたこのオブジェは、人目を惹き、大人でも≪なんだろう?≫と一周していく。下部の丸い部分は、ベンチとしても利用されるもの。

新しい、待ち合わせのスポットとして、この「こいぬの木」ができていた。

f0eb16d7d36522f03b7b58ca41ce3e7a.jpg

リリーフランキーさんが語った、このオブジェ制作のコンセプトには、なんだか思わず同意してしまった。

「下北には”何かになりたい人”が住んでいる。

  そんなこいぬが、

  下北という木に集まって

  大人の犬になって

  巣立っていく」

「meets井の頭線:井の頭線でみつける!ていねいな暮らしのヒント」

このスポットの情報
スポット名 下北沢駅 南口