※この記事は2016.12.17に作成された記事です。

井の頭線で見つける!「ていねいな暮らし」。
このテーマは、人が人らしく暮らすことの大切さについて考えるということです。

時間に追われる毎日を過ごすうちに忘れがちな「大切なこと」を綴っていこうと思います。

94309351b93e2617c7e8c7a409062a54.jpg

渋谷区役所へ行った。
仮庁舎が何棟も建っている。
渋谷の駅近くに、こんな大きな空き地があったのか。


出入り口の脇を見ると、
仮庁舎の新しいプレハブとは対照的に、
塀の内側の朽ちた緑の中に「石碑」が廃墟のように残っている。

そして朽ち果てた緑と対照的に
花壇に可愛い色の「新しい花」が咲いている。

石碑まで近づくと「渋谷小学校」と書いてある。
えっ。と思った。

知らなかった。渋谷小学校跡地。
良く調べると、正しくは渋谷小学校は統廃合され、
跡地には別の施設が建っており、その後に仮庁舎が建ったという流れだ。


しかし、奇妙なのは、
「渋谷小学校の石碑と花壇が残されていること」
石碑までは残すとして、花壇はなぜ?

理由がわかった。

「校庭の花壇にタイムカプセルを埋め、50年後の2025年に開封することになっている」


2025年。東京オリンピックよりも、まだ先。
渋谷駅前の開発が終わりに近づいている頃だ。

それまで、ずっと花壇には花が植えられ、世話をされ咲き続ける。

81013926f9db4c6811ca7975752c599e.jpg

「meets井の頭線:井の頭線でみつける!ていねいな暮らしのヒント」

このスポットの情報
スポット名 渋谷小学校跡地
住所 東京都渋谷区渋谷1-18-21