府中駅を出て、西側にほんの少し歩くと、行列のできているラーメン屋さんがあります。今は、再開発のビルが完成するまで、仮店舗で営業中。来年の暮には、府中の街の賑わいが増しますよ~

行列を横眼では見ていても、なかなか入るチャンスはなく、ちょうど検査が終わるのが遅かったので、勢いで入ってきました。府中の誇る、ラーメン屋さんにおじゃまです。

麺創研 奏

券売機は、一番左上にお店のおすすめがあるようになっている(?)でも、まずはシンプルにスープを味わってみたかったので、正統派の中華そば(750円)を頼んでみました。

da8c8083faa58eedcda885ed7d1aeef9.jpg

あら!お隣の「麺創研 紅」とは、厨房がつながっているんだわ。あれこれ、必要な調理器具を貸したり借りたりしています。

麺はゆでて、スープは小ぶりの鍋で温めています。

そして、ビニールの手袋をして、肉切り包丁でカットしたのは、ピンク色の塊。なんだろう?低温調理されたチャーシューでした。

(これは炊飯器利用して自宅でできるらしい。肉に焦げ目をつけておいて、漬け汁を温め、両方をフリーザーバックに入れて、炊飯器の保温機能で4時間。)

ラーメン丼に、2種類の醤油っぽいものが注がれ、レードル1杯のスープをかけられます。

ゆでた麺が入り、2・3回向きを変えて。

チャーシュー・小ねぎ・メンマ・のりがトッピングされます。

いい味!比内地鶏を丸鶏で使ったスープは、こくがあって、でもさらっとしているものです。麺は断面が四角のストレート。自社で開発した麺、自家製麺です。なんだろう、柔らかいんだけど、腰のある感じの不思議な麵です。

メンマはマッチ棒より細い。

022ba56537b0284bd88b1157c978326b.jpg

そしてピンクのチャーシューは柔らかくって~!こんなレアなチャーシューお初です。

688ecd0644401a596992934489cd6a14.jpg

月曜日は、「塩そばかなで」がここで営業されます。

『寒い季節に食べたい!おしゃれなあっさり系ラーメン』

このスポットの情報
スポット名 麺創研 奏(かなで)
連絡先 042-361-7792
住所 府中市寿町1-2-3
定休日 月曜日 (月曜日は塩そばかなでが営業)
営業時間 11:30~15:00