※この記事は2016.11.16に作成された記事です。

高幡不動尊の秋を彩る菊まつりに行ってきました。

74651880305a68ba506605601e4213e8.jpg入り口の仁王門にも菊が飾られています。

624416bc08665a8bd9f8588c60bfaade.jpg

不動堂横には1本の苗の枝数を増やして半球形になるように花を並べて咲かせる千輪作りが飾られています。

15eea8724576875f4ad16d84d3a63616.jpg

この花が1本の苗から咲いているなんてちょっと信じられません。

c2c51a82a98373f2244e972d6a126830.jpg

菊まつりで一番目立つのは大菊の中で厚物と呼ばれる花びらが盛り上がった菊です。

875d73a980bf189b2cb38da2bb1c4a06.jpg

上の菊は品評会で賞を受賞した花。花びらが整然と盛り上がった具合が良かったのでしょうか。

下の写真は管状の花びらが長く伸びて先端が巻状となった、大菊の中でも管物と呼ばれる菊です。

f8081966fc74d53f4993df74dab90fa9.jpg

この管物は花びらの太さで太管、間管、細管(針管)に分かれますが、上の写真は一番太い太管。下の写真は一番細い細管です。

dd082cd3b189d5e355e0d6551264ad57.jpg

管物と呼ばれるこの菊もちょっと変わっていますがなかなかきれいです。

菊まつりでは大菊だけでなく、小さな小菊も飾られています。

3eefc73fdaf222fe0f417ddf2e164bc1.jpg

上写真は色鮮やかですごくきれいな菊、下写真はピンポン玉のような丸く咲くかわいい菊です。

0b0918ba6701683877e4a4d55cb09d54.jpg

大菊は存在感があって見映えがしますが、小菊は小粒ですが、そのきれいさでは負けていないように思います。

菊まつりは11月17日(木)までですが、七五三参りは11月中は受け付けているそうです。

8bb852057d43dd0f4dafbc50c7039851.jpg

昔と変わらず千歳飴が売られていました。なんだか懐かしいですね。

そして11月14日の世界糖尿病デーにちなんで12日(土)から開催されているブルーライトアップ。

e65a15cd1286db6407986df599f2e61d.jpg

普段見る境内もちょっと違った雰囲気に見えます。

8c322028370c357d964304ff10d08ff9.jpg

五重塔下には、たかはたもみじ灯路と同じ灯籠が置かれていました。

9ded2a36e7efef588fe7b9ee9c48cff4.jpg

4fd8eb2012bd4e589142545eb7815a10.jpg

ブルーライトアップは11月19日(土)までですが、11月18日からはもみじまつりが開催されています。

b44b928475b69e23e1c341a17ee0c55a.jpg

この日も五重塔奥のもみじがだんだんと色づいてきていました。この週末にはもう見頃になるでしょう。

22日・23日は萬燈会とたかはたもみじ灯路。高幡不動尊の秋の行事が続きます。
 

このスポットの情報
スポット名 高幡不動尊
連絡先 042-591-0032(代)
住所 東京都日野市 高幡733