古都見カフェが、郷土の森観光物産館の中にオープンしてもうすぐ5年です。とにかく安い!そして外れない味!

今日も、博物館に出かけた後寄ってみました。食券を買います。「府中産野菜のスパゲッティ」(税込み550円)14673af45a99f7755772ef97e3218c55.jpg

キッチンカウンターに食券を出して、テーブルで待つと「〇番さん」という感じで呼びかけてくれます。

キャベツ・小松菜・玉ねぎ・しめじなどの野菜は、すべて府中産。ゆでたてスパゲッティに絡められて、黒コショウたっぷりと刻みのりの天盛で完成です。

ca00e2a705a0c8cbcd79eea8392224d1.jpg

塩コショウだけのシンプルな味というのも、なんだかほっとしますね。

この地産地消ともいえる地場野菜は、輸送コストが少ないうえに、どの農家さんが作っているかわかります。

それ以外にも、大正時代から「身土不二」という言葉があるものなのですね。仏教の言葉らしいですが「身」と「土」は切り離せない。0e1e5ca05e8ff0728f576383fd22829d.jpgだから、地場の慣れた土で生育したものは、体に負担がないのだとか。「食養連動のスローガン」にもなっている考え方のようです。

古都見カフェでは、古代米(黒米)を使ったメニューが人気。

黒米に、地場野菜を入れたスープを上からかけたもの。あんかけチャーハンのように、少しとろみがあるので、保温効果もあり、おなかがいっぱいになる。今度こちらを食べてみようかなーなんて思いました。

以前のレポートはこちらです。

http://bubai.happy-town.net/t_lunch/00015860.html

このスポットの情報
スポット名 古都見カフェ
連絡先 042-302-4000
住所 府中市是政6-32-10
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 10:00~18:00