※この記事は2016.09.28に作成された記事です。

府中市の南側に「郷土の森観光物産館」という施設があり、市内の新鮮な野菜がそろっているので出かけます。(鉢植えの花・市内の銘菓・観光情報もたくさんあります。)

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/kanko/kanko/kankoubussankan.html

今回のテーマは「ヘルシーなきのこ料理」ということで、キノコの話題を探しに行ってきました。

e431efd4ad0ece23d4aa3796cb30e6b2.jpg

菌床しいたけは、日本の生シイタケシェアの80%を占めています。おがくずと米ぬかで、おいしいシイタケが育つものです。

 この生シイタケのコーナーに「ステーキ用椎茸」という文字を見つけました。

4770728c631542baa7d95afa27187473.jpg

なんだろう?

その前には商品がなかったので、売り切れなのだろうなーと思いましたが、だめもとでお店の方に聞いてきました。

すると、冷凍庫の中にシイタケがいっぱい入っているのです!

それが大きい!!直径8~10センチもあるようなジャンボシイタケです。

1154bb56a6172275cde9bdcf4c19e9ca.jpg

物は試し、買って食べてみることにしました。塩コショウしてバターで焼くとおいしいらしいけど、カロリーが気になるのなら「オリーブオイル」や「米油」を使うといいらしい。

一つだけ注意することは「半解凍で調理すること」だそうです。

生シイタケを冷凍することで、天日干しと同じように細胞壁が壊れて、うまみ成分が出やすくなるもの。もちろん、保存期間が長くなるという利点もあります。

半解凍して、オリーブオイルでソテーしてみました。

10779b332c7293d0d07099c4a52a4823.jpg

2枚入りだったので、1個ずつ。ナイフでカットするとその肉厚なこと!!2㎝近くの高さがあります。そして香りがいい。「香り松茸味しめじ」ですが、冷凍の生シイタケのステーキというのも、香りがしっかり漂うものでした。

別のマーケットで見たものですが、最近は「すぐ食べレンジ」という包装に入っているものもありますね。エア抜きの穴が開いているので、レンジをかけてもパンクしません。うまい具合に、温野菜がどんどん作られる。レンチンしたきのこがあれば、煮物・炒め物・サラダ・マリネなどにすぐ使えます。もちろん栄養分が逃げないので栄養価としても高いものなのだそうですよ。

fe3e1ec07191dd6166165d6ce8e7fe17.jpg

「あいぼりー98号連動企画:食欲の秋をたっぷり堪能!ヘルシーなキノコ料理」

このスポットの情報
スポット名 郷土の森観光物産館
連絡先 042-301-4000
住所 府中市是政6-32-10
定休日 月曜日(休日の場合は翌日)
営業時間 10:00~18:00