※この記事は2016.09.21に作成された記事です。

井の頭線で見つける!「ていねいな暮らし」。
このテーマは、人が人らしく暮らすことの大切さについて考えるということです。

時間に追われる毎日を過ごすうちに忘れがちな「大切なこと」を綴っていこうと思います。

池のある公園を散歩する暮らし 鍋島松涛公園

93580f802b661ec237860bfec6daa063.jpg


京王井の頭線 神泉駅を降りて北へ歩くと、
路地の奥に緑で囲まれた散策路のある鍋島松涛公園があります。

公園の真ん中には池があります。大きさは小学校のグランドくらい。
池の柵の外側は、眺めて座れるベンチが並んでます。

水の重みでぐるぐると回る水車小屋があります。

ca4e65e73c5cb8942bb57966ff5ccc00.jpg


池にはたくさんの鯉がいるそうですが、
藻で覆われて、ぷくぷくと浮んでくる水泡だけ。

3a86864f7b5a5462cd9bfb010221946d.jpg


池も周りの木立も、すべてが緑色。


四六時中、PC画面やスマホの画面を見続けている毎日を離れて、

緑の水面と、周りの木立が交互に目に入ってくる時間は、
普段の「雑な時間」の流れとは違い、
「丁寧なくらし」に通じる「綺麗な時間」の流れを感じました。

「meets井の頭線:井の頭線でみつける!ていねいな暮らしのヒント」

このスポットの情報
スポット名 鍋島松涛公園
住所 東京都 渋谷区 松濤2-10-7