※この記事は2016.09.15に作成された記事です。

昼酒、身近にこれほど罪悪感のある言葉はそうないのでは(汗

平日の午後、役所に行きたくて年休を行使し、午後早退しました。

お昼をどこで食べよう。と思い立ったのが餃子よりも先に昼酒・・・

となったら、新宿は思い出横丁に行くしかないかなと。

お昼に、ビール飲んでても白い目で見られないエリアは意外と少ない。

そんな貴重なお店を求めて、思い出横丁の中通りに滑り込む。

http://www.shinjuku-omoide.com/shop/map.html(公式サイト、歴史や横丁通信もいいですね。)

自家製麺が美味しいラーメン・焼きそばの「若月」と悩みましたが、やはり昼酒なら

同じラーメン中華でも「岐阜屋」でしょうと、コの字カウンターに座る。

ビールと 焼餃子400円ともつ煮込み360円を注文(税込)(上の公式サイトの価格は、値上げ前のようですね)

何日も煮込んだような、柔らかい煮込みを突きながら餃子を待つ。

087c2c8f8bfd1da084b785e4e42cba9c.jpg 

ef953fc630c26475aebfb429534f8863.jpg 

来ました餃子。思ったより小振りというか普通サイズかな。

いたって普通かなと思ったら、ニンニクも入り、ニラたっぷりの餃子です。

煮込みじゃなく、水餃子を頼めばよかったかなとちょっと後悔。

左右並びのお客さん、全員呑んでる(笑

サラリーマンの営業中と思える2人組は、レバニラ炒め、木耳と玉子炒め。

とてもとても美味そうです。お近づきになりたい気持ちです!

3197e73b664ea6fada1adb3be8eb7928.jpg 

cbb89edb97f0d19cd9d59040258a1b3f.jpg

そんな炒め物やチャーハン、具入りのいろんなラーメンの値段は、約570~720円

そう安いわけではないですが、ラーメン並は 420円。(若月も安いです)

今時新宿で、そんな低価格はないでしょう・・・いや、としぞうさん・世田子さんの「光来」がある。

623bebf77f68cc58b4a7ca6926467edf.jpg 5efd1f3407ab97df354c258c0d018e90.jpg

(左:呑屋感 満載な仲通り側の入口、藤の花の造花がなんかいい感じ

 右:線路通り側の入口はラーメン屋さんの雰囲気、隣は焼き鳥屋さんとホルモン屋さん)

「あいぼりー97号連動企画:夏の新定番! 個性が光るユニーク餃子!」

このスポットの情報
スポット名 岐阜屋
連絡先 03-3342-6858
住所 新宿区西新宿1-2-1
定休日 無休
営業時間 月~水、日:9:00~翌1:00、木~土:9:00~翌2:00