※この記事は2016.08.15に作成された記事です。

神代団地の手紙舎に寄った帰り、

これまでに通ったことがない道で自転車を走らせて

仙川方面に向かっていたら……

a8861d12140dc61a7c56958b854b211d.jpg

なんとも魅力的な……

611097dac57e128b1fc981362b63cc04.jpg

甘酒茶屋「なな吉」。

甘酒に豆乳や梅シロップなどが付いてくる甘酒セットが600円。

魅力的ではないですか。

これは入るべし。

65210e0e1d739df407005969c3f5bf21.jpg

昭和30年代に建てられた小さな一軒家。

e6f9e46745cb55108a621477d6d75fc3.jpg

そこは、仙川駅近くの自然食品店「納々屋」のBC(ベースキャンプ)里見荘。

甘酒茶屋「なな吉」は、1日限りのオープンだったのでした……。

fc901ed0d79904882cced726da9c34ca.jpg

メニューは、甘酒ストレート300円と甘酒お楽しみセット600円の二つのみ。

セットはこれだけ付いてきます。そりゃ、当然セットにしますよね~。

d69c39fe66b46d844e28dd7100054ec3.jpg

納々屋さんだから、材料はおいしく安心できるものばかり。

豆乳と柿の種以外は自家製です。

b8dd0383927dfca00c97ccb7554a31b1.jpg

甘酒に少しずつ、いろいろ混ぜてみてください、とのことで、

小さめのグラスに入れて、楽しみながらいただきます。

甘酒自体、もちろん自然な味で、それだけで十分においしいのですが、

豆乳で薄めてみたり、黒糖で漬けてつくった梅シロップを混ぜてみたり。

豆乳ヨーグルトもすっぱさが自然な感じで、感動的なおいしさでした。

大根と柿の種は、ポリポリパリパリいただきました。

2438da445673d55f1418b24495505241.jpg

納々屋さんで売っているこだわりの麹に水を加えただけの甘酒。

炊飯器の保温状態で8時間でできるそうです。

以前、一度そうやってつくったことがありますが、

今度、納々屋さんで麹を買ってつくってみます。

da0a150c9dc3c6b7e41a63e24e7652d8.jpg

この日は納々屋さんがお休み(日曜休み)だったこともあって

甘酒茶屋をやってみたそうです。

ちなみに8月28日(日)もまたオープンするとか。

月火金(12~14時)は予約制でランチもいただけるということですが、

8月はお休みです。

行き方は桐朋学園大学の横をカフェのニワコヤのほうへ入ってずっと進み、

東部公民館の角を左へ曲がって住宅街をまっすぐに行った右手にあります。

豆乳ヨーグルトのワークショップなども企画しているそうで、

詳しくはこちらでご確認ください。

今回は偶然、前を通りかかったんですが、いつになく「大発見」な気分でした!

このスポットの情報
スポット名 甘酒茶屋「なな吉」(納々屋BC里見荘)
連絡先 納々屋03-5315-3778/納々屋携帯080-5035-6647
住所 調布市若葉町1丁目-34-14
定休日 不定期営業