※この記事は2016.07.13に作成された記事です。

久々にやっと行ってきました。幡ヶ谷の不如帰。金色不如帰となっては初です。

(2016年12月、ミシュランのビブグルマンに選ばれました。沿線では3店かな?)

以前は、一番好きなラーメンと言えてたけど、土日のお昼は大行列で全然食べることができなかった。
先日の土曜日、幡ヶ谷で飲んだ後、こちらの話題になり何人もで行ってきました。
少し並ぶだろうなと思ったら、待ちなし。平日だけじゃなく土曜も、夜が狙い目だったんですね。

5年ぐらい前でしょうか? 京王の方の取材に同行した際、確か「うちは3か月同じレシピだったことはないです。」
と常に味の進化を求め、改良を加えて行ってるお店です。

5年前の記事がまだありました。懐かしい!
こちらのご主人、頑なな無口な方と思ったら、そんなことない気さくな方だったなぁと。

4年前に行った時には、醤油の感じがやや濃厚に深く変わったり、麺の塩気をやや濃くしたり、
3年前に行った時には、トリュフオイルも加わり、メンマや麺の全粒粉の配合が増え、結構変わって
もう小躍りするぐらいの喜びでした(汗

それが今年の3月に今までにないリニューアルを遂げたとネットで話題になりました。

04115d4c4d4edd4023ea4c1335424c5d.jpg

醤油そばは、セップ茸のオイルに、トリュフのタルトゥファータ、九条ネギ
塩そばは、トリュフオイルに、セップ茸のデュクセルソース、ルッコラなどのハーブ

う〜ん、私の知識のレベルを超えて、もう言葉すらわかりません(汗
トリュフオイルは、前から使われていましたが、さらに洋食の技法を取り入れて
スープのとり方も、以前より濃いんではないでしょうか、
以前は、豚清湯蛤スープと謳っていましたが、蛤スープも以前より白濁さを感じ、味全体が厚みが出ています。

うーん、これはガラリと変わった、醤油そばも近いうちにイカネバの娘です(汗

 ed46bba35052f74c718ca0d391ee3e40.jpg

 ちなみにこれは、3年半前の塩そば。味玉入っていますが、だいぶ違う。

2c5f1c951d76d891d161e3c47b5b356f.jpg

このスポットの情報
スポット名 金色不如帰
連絡先 03-3373-4508
住所 渋谷区幡ヶ谷2-47-12
定休日 基本無休ですが、木と金は店名も変り、提供するラーメンも違う
営業時間 11:30~15:00、18:30~22:00