※この記事は2016.07.01に作成された記事です。

街はぴでは、あまりにも多くのライターさんたちがアップされている、調布スイーツはここに始まったといわれるお店。イートインしようと出かけましたが、土日限定となっているようです。

サロン・ド・テ・スリジェ

http://www.cerisier-jp.com/access.htm

正面のショウケース、右側のショコラや、左棚など見回して、インパクトを感じた“ラ・マリー”などを包んでいただきました。

d279f20d7cb7d72389b7186f36b78b79.jpg

「お花は食用ではありませんのでね」とマダムが一言。

それにしても、フランス菓子のかわいらしさというか、見目の良さにほれぼれします。

左側の棚の上には、クグロフの型かな?色彩豊かな陶器が大小飾られていました。

6bad6b24d1d92d3ad6fc381422210098.jpg

さて、この“ラ・マリー”ですが、花弁の下は、ライチのムースです。そして中央より少し下側に、フランボワーズのジュレとバラのムースが隠れています。

ケースのすぐ近くはビスキュイ?

フォークで食べていたのですが、途中からスプーンのほうがよかったかなーと思えるスイーツでした。

もう1種類の、チョココーティングされたケーキも、中はほとんどがムース。

簡単そうで、食べやすい硬さと大きさにするのは難しいムースが、お得意なのでしょうね。

a1f327436bea0c1936286c3da8271ad2.jpg

マシュマロが、2種類並んでいて、フランボワーズのピンクに染まったほうを買いました。

158ddcc4d192da42f7997d68417d0563.jpg

マシュマロはそのまま食べるとか、珈琲やココアに浮かべるくらいしか知らなかったのですが、最近面白い食べ方を教えてもらいました。

金串にさして、バーナーや火であぶって食べる。

食パンに載せてトーストする。

そして、ヨーグルトに一晩漬け込む食べ方も教わりました。

とろんとしてきて、ふかひれ?ホヤ?アイスクリーム?という感じの食感になってきます。

スリジェの、フランボワーズ入りマシュマロでやってみたら、

「あっ!ラ・マリーのムースのあじだ!」

3a12f46741115990eb11b7da8ea5a3b4.jpg

調布北口から、南口にわたる開かずの踏切がなくなって、もう何年でしょう?京王線と相模原線の踏切があり、でなかなか通ることもなかったこの道。地下化されて、やたら簡単に行けるようになりました。びっくり。

「あいぼりー96号連動企画:見て楽しい、食べておいしい♪インパクト抜群のかわいいスイーツ」

このスポットの情報
スポット名 サロン・ド・テ・スリジェ
連絡先 042-487-0675
住所 調布市小島町1-35-8
定休日 水曜日
営業時間 10:00~19:30