※この記事は2016.03.25に作成された記事です。

昨日24日よりリニューアルオープンした京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店のフードアリーナ☆工事の間、通るたびに気になっていたので初お披露目、待っていました!  以前より、ぐっと明るく、開放感あふれる作りですね。 初日そして今日もは夜の時間帯でもかなりの人でにぎわっていました。おむすびやさんやニューヨークスタイルの食を提供するITOなど、取り扱う幅もぐんと増え、よりおしゃれになっているのが嬉しいところ(^^♪ ITOのローストビーフは広告でもとっても美味しそうなんですよね^^ 期間限定販売のコーナーも大賑わい。我が家でも大人気の高尾山天狗焼きは夜の時間帯ともありすでに品薄な感じでしたがまだまだ人の列が。明日早い時間帯に来なくては!

まずは様子見、だったのですがなんと期間限定のエリアに 八王子のJazz bar&cafe ROMANさんのサンドも!こちらはヒレカツサンドと卵サンドがいただけるとしてずっと行きたかったのですが、テイクアウト用もあるのですね☆

卵サンド好きとしては見逃せません!しかも1箱500円。お手頃でうれしい!

こちらの卵サンドはいわゆる関西風、卵焼きがサンドされています。原材料は潔く 卵、パン、調味料、食用植物油。 余計なものが一切入っていないので、より素材の味が楽しめるのですね。 密封された袋に3切れ入っていました。 箱には卵サンドの歴史が。 昭和32年(!)の創業当時からの看板メニューなのだそうです。「魔法のスプーン1つで焦げ目を一切つけずに焼き上げ、味も見た目もシルクのような卵」とあります。 スプーンで焼き上げているのですね!確かに、丸みのある卵焼き。魔法のスプーンって、何でしょう?!お店の人に聞けばよかったです。

よく外箱の説明を読まず、すぐにお皿にあけてしまったのですが(柔らかかったので、マヨネーズが出てきてしまい写真うつりがわるくなりすみません^^;)、、、、、、袋から出さずにレンジで20秒ほど温める食べ方も楽しめるようです。なるほど、マヨネーズが多めなサンドイッチと思いましたがあたためるとマヨネーズが程よく溶けてより美味しくたのしめそうですものね。 卵は君身の部分がぎゅっと濃縮されたような味わい。色も しっかりとした黄色で、いい卵を使っているんだろうな、と思える味。そして、パンも美味しいのです♪ ふわふわでした。 1切れはレンジで少し温めてみたのですが、卵がふんわりと柔らかくなり、パンとより馴染みおいしかったです♪

出店ブースにはこちらの卵サンドとあわせ、ヒレカツサンドも あったので、是非この機会にどちらも試してみてください^^

「あいぼりー95号連動企画:話題のエッグメニューを楽しもう!」

このスポットの情報
スポット名 京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店
連絡先 042(337)2111
住所 東京都多摩市関戸1-10-1
営業時間 午前10時~午後8時