※この記事は2015.10.09に作成された記事です。

東府中駅から府中の森芸術劇場に行くのに、このお店の前を通る道を選択する人が多いと思います。外観だけで圧倒されちゃうお店ですが、一度中に入ってみると、どうということがないのが分かり、それからもちょくちょく利用しています。

http://e-fuchu.happy-town.net/t_lunch/00010138.html

スンガリー飯店

かに料理ですね~

蟹粉豆腐というのがあるわ。煮込み。

あとはかに玉丼と、かに玉めん。

458b0f855299f7e9c722806af6003b84.jpg

とにかく量が多いのは分かっているので,蟹粉豆腐は、残っても持ち帰れないだろうしこれは除外しました。かに玉丼は、よくあるし、、、となると、かに玉めんだね。

32f31356b797b57ba11d5862f2a74509.jpg

このお店の摩訶不思議なところは、食事の量が半端じゃないこと、それなのに安い。

そして、この会計のコーナー。チャラチャラした飾りの奥に,銀か錫の器があって、そこにちゃりんとおつりが返される。中国色いっぱい。

             92901080120e1fb04d6af5cc142d33f8.jpg

それからこのテレビ周り。嫌でも奥の龍が目に付く。そして、派手に並ぶ府中の森劇場のポスター。なんでもギャラリーだけじゃなく、演奏家とか出演者も打ち上げに使うお店なんだとか。だから、芸術劇場でイベントのある日は、閉店時間が遅くなっています。

4ae1c9347af0b643bce28d47c0696134.jpg

スンガリーって、なんだろうね?中国の東北部を流れている、松花江のことで、これはロシアのアムール川に合流していくらしい。広大な河なんだね。スンガリーは「天の河」という意味もあるらしい。なんだか、知ってみると身近に感じますわ。

きゃっ!

こんなにでかいかに玉!!

グリンピースとネギ入り。かにの香りがプンプン。

卵は2~3個使っているよね。

蟹は、ほとんどがカニカマでしたが、何となくこれはカニかも。

5e23953035b6f7a27b9dc2e4363de4fd.jpg

麺が中国麺の細いタイプ。これが、量が多い!

食べても食べても減っていかないもの。

食べきれないかと思ったけど、やっとのことで完食。

              5ccb102907bb500edf27a3e9fdd3a139.jpg

あいぼりー92号:贅沢すぎる魅惑のカニ料理

このスポットの情報
スポット名 スンガリー飯店
連絡先 042-361-2578
住所 府中市若松町1-1-1
営業時間 11:30~14:30 16:30~21:00 (イベントの時は21:30)