久我山に行くたびに、お店の前を通り、いつかは入ってみようと思っていて

お店から声をかけられたので入店しました。

3年前に、街はぴライターよしをさんが、ディナータイムの記事をかかれています。

http://kugayama.happy-town.net/t_gourmet/00013048.html

45ce6acf721408a6c44e149ce48f90ff.jpg

2010年9月にオープンしているので、ちょうど5周年。外食産業で5年というのは、もうすでに定着レベルでしょうね。

04087edabec067cd3ba4aacc5e3d8495.jpg

蟹のカレーがあるということで、それを注文しました。

「それは夜の部ね」

えっ、そんな~~~!

プーニムパブリックタイダム・プーニムトックラティムといった、かに料理も夜の部。

せっかく久我山まで来たのに。

「かにのカレーが食べたいんですけどね、キャンサー」

通じたかな?

厨房と掛け合って、OKしてくれました。(1280円)

21254173eca0fe2c4bf70374e80ed8f2.jpg

ランチセットがお得です。

            e9ff029d6382a8a6b2c0971e6b93b6aa.jpg

でもインド料理・タイ料理の専門店なら、やっぱり

プーパッポンカリーを食べたいです~

ドリンク200円は別料金で、冷たいラッシーにしました。

プーパッポンカリー

カニをカレーソースで炒めて、溶き卵でとじる。

溶き卵に、トムヤンクンなどに使う香辛料と、油を加えながら,とじていくのだとか。

タイ料理。

プーが、カニ

パッが、炒める

ポンが、粉

カリーはカレー

蟹は、お店によって、ワタリガニを使ったり、カニ爪を使ったり、手長エビを使ったり

いろいろです。

まずサラダをいただきました。

甘~いドレッシングが、キャベツとレタスにかかってきます。

028f32c982bbcb5ce938120f369de260.jpg

異国情緒を感じます(笑)

ご飯はサービスで付けてくれました。

(すみませんわがまま婆さんで)

ラッシーは、大きめのコップに出てきます。

そして、このプーパッポンカリー!!

いやはや、大量!

13bf151336841234badbae89c3d21dfe.jpg

食べきれるか?でも持ち帰れないよね。

サー、食べてみよう。

まずソースの甘さを感じて、それから卵の味を感じて、2種類のピーマンの苦味を感じて、ネギの辛さを感じて、最後が、カレー風味の辛さを感じていきます。

まだまだ、カニには到達できません。

これ2人分かな?

やっとカニが出てきました。

57158f2c1da7728b70a18cacd24fee9e.jpg

唐揚げのようになっています。

これが、8個入っている。

旨い!

ちょっと無理を言って夜の部のメニューを作ってもらったので、家人にタンドリーチキンお土産にしました。(2本で900円)

9ed960c2e97b2c9db8fa1b5ca49ec35a.jpg

味見しましたら、スパイスがばっちりで、これは熱いうちにお店で食べてみたい。

久我山に行く楽しみ、またひとつ増えました。

久我山駅北口から1分。

あいぼりー92号:贅沢すぎる魅惑のカニ料理

このスポットの情報
スポット名 サファル
連絡先 03-5344-9569
住所 杉並区久我山5-8-20 ポスタンドB1F
定休日 無休
営業時間 平日 11:00~15:00 17:00~23:00 土・日・祝日 11:00~23:00