※この記事は2015.07.29に作成された記事です。

京王リトナード東府中に出かけるのは開店以来ですから、本当に久しぶり。1階のガストに、面白いラーメンがあるということで、電車に乗って行ってきました。

このメニューは10:30からとなっていました。

efd69f4a3a3a9c6c979b8e1daaeaafc4.jpg

夏におすすめの

「冷やし塩レモンラーメン」は、鶏がらと魚介ダシで出来たスープが味わい深い塩ラーメンです。澄み切った限りなく透明に近いスープ。

麺と具を囲むようにして、6枚のレモンスライスが浮かんでいます。

          49b65dd6f209e3b114d8b42f102cf086.jpg

フレッシュレモンからは、夏の青臭い草いきれや、柑橘類のピキピキとした爽やかさが芳しくって~

麺は、マッチ棒のような細い麺で直です。冷麺の麺のように、硬さがあります。

具は、いわゆる野菜炒めの定番、キャベツ、ニラ、もやしなどで、大きめのチャーシューが3枚乗っかっていました。チャーシューの油で、冷やし塩ラーメンが濁っちゃうのがわかったので、早々と「てりやきチキン飯」の温かいご飯の上に避難しました。

これで、チャーシューもご飯も美味しくなったから、良しとしましょう。

0873accaaf4808af9365807754da8dd2.jpg

この器は、韓国料理などでも使われているもの。

両手で触ってみると、かなり冷えています。だから、冷やしラーメンがいつまでも冷たくいただけるものです。両手を冷やして、額に乗せたら、とっても気持ちが良かったです。

さて、この6枚のレモンのスライス、どうしたらいいものでしょう?

一瞬、照り焼きチキンに絞ろうかと考えたり、皮ごとしゃぶろうかと考えたり、、、

でも、浮き実代わりだよねと思い、スープの中に残してきました。

爽やかなラーメンでした。

742dd023221fbdb7023458e24954746d.jpg

ちょっと気になったのは、塩分が11g。照り焼きチキン丼の方も塩分が2.9gだったので、シニアには少しこすぎました。

もちろんスープは飲まずに帰りました。

「あいぼりー91号連動企画:夏バテ気味でもつるっといける!ひんやり個性派“涼麺”」

このスポットの情報
スポット名 ガスト 京王リトナード東府中
連絡先 042-330-5810
住所 府中市清水が丘1-8-3
定休日 無休
営業時間 7:00~02:00