896f8ffc644cbc36acf6c14cd5aa6b8f.jpg

冷たい麺特集。

何かと“珍しい麺”を思い浮かべて

歩き回り、食べる日々ですが・・・・

e31420adb3c37052c4c7565e217f4d68.jpg

術後、最初の中華めんはココ。

そう決めていたのは

高井戸にある 中華一光 であります。

前にも書かせていただいたでしょうか。

学生時代にドイツ語専攻していた私は

社会人になっても、

ドイツ語学校で勉強していました。

多くの先生にお世話になる中、

一番親しみがあり、授業も楽しかった先生は

この一光のお父さん・お母さんの大切な娘さんと結婚したのです。

決して大きくはないこのラーメン屋さんの上に

家族仲良く暮らしています。

ここはランチタイムなど特になくて

開店から閉店まで通しで営業しています。

000a88cad4f5c3275afd886bd22c9bf0.jpg

この日は、相撲実況が始まったばかりぐらいの時間で、

お相撲みながら瓶ビールで一杯やる男性。

そのあとラーメンを食べていました。

私は、冷やし中華目当てなのはもちろん。

冷やし中華は3種類ありました。

*冷やし中華 750円

*チャーシュー入り冷やし中華 850円

*冷やしざる中華 600円

ここ一光では、

私は背伸びしません。

だから一番リーズナブルな、冷やしざる中華をオーダー。

もっとも・・・

ハムやチャーシューは残すと悪いから

というのも心にあります。

a6cbc8249afa9ae73ea874f4a98e22d7.jpg

きました。

冷やしざる中華です。

つまりはつけ麺です。

0f661d9b9b5c0e9a0999e0190608540c.jpg

中華めんの上には、

醤油色に染まるメンマがたくさん。

そして細かい短冊の海苔。

醤油味の汁でいただく

冷やしざる中華。

3d9ad4ff24d28afc62aa0038f5c2d810.jpg

メンマはいわゆるタイプと異なりまして、

醤油の味わいがするから

具材はシンプルですが味わい深いですよ。

さて。

食べ進んだところで

二階から、お母さん来てくれました。

そして

感激したことには

次に二階から複数の足音が。

なんと、ドイツ語の先生と奥様とお子さまでした。

一光に行くときは

誰かしらいないことが当たり前なのですが・・・

先生がドイツ語を教える大学はちょうど夏休みで。

一光の家族の皆さんと

楽しくお話をしたら

なんだか夏休みに

親戚の家に遊びに行ったような

楽しい気持ちになりました。^^

682dd18b36b34c59aafce90f404a6685.jpg

一光の 冷やしざる中華。

シンプルだけど、

他のお店では、おそらく食べることのできないメニュー。

昔ながらの懐かしさあふれる高井戸の一光へ

是非、いらしてみてくださいね。

お父さんは、

永年働いているからと疲れていなくて

いつ何時、行ってみても

注文を温かく受けて

丁寧にラーメン

作ってくれますから。

「あいぼりー91号連動企画:夏バテ気味でもつるっといける!ひんやり個性派“涼麺”」

このスポットの情報
スポット名 中華 一光
連絡先 03-3333-7725
住所 杉並区高井戸西2-18-30
定休日 日曜日です
営業時間 11:00~20:00