※この記事は2015.07.24に作成された記事です。

北京ダックやフカヒレも味わえ、90分飲み放題の大宴会コースもあるお店。

5・6年くらい前に出来て、分倍河原駅から旧甲州街道に出るのに、このお店の前を通過することが多く、一度入ってみようと思っていました。

万龍記(まんりゅうき)

41aa2c1d5dfb46c0a50e1387f26405e1.jpg

小上がりテーブル席も含めると、60人収容と、分倍河原では広いお店の感じです。

         6bed430fb90ca050ea44d8895dfee939.jpg

冷やし中華を頼みました。(税込700円)

メニューブックを見せてもらって、とにかく定食屋麺類のセットが650円というお得さは、サラリーマンのお財布に優しいでしょうね。

               0f215296e9ec1d17315462aba6b92de0.jpg

ほとんどがテイクアウトできるということだったので、五目焼きそば(700円)を、家人のために作ってもらいました。

冷えた麦茶がセットされています。中華料理には、麦茶が合うのですね!

さて、これが注文した冷し中華。

     d5494f7c49dfffe0f3388d0c3a24fa5d.jpg

ぎょっ!

背が高い。

もしかして、、、、

9ba20d3b2318ec883ace231638f0089b.jpg

いやちがうかも、、、、

でも、やっぱり!

ある種の中華料理屋さんに入ると、とてつもないボリュームだったりしますが、このお店はまさにそうでした。

きりっと冷えた中華麺が、多分1、5人前以上。

朝ごはん食べないできたから、大丈夫だと思う。

お箸は、中国の箸。先がとんがっていないから、お魚を食べるときは難しい。

ecfb18f10b6a617a8e65e0ff6c356129.jpg

そして、特徴的だったのが、薄焼き卵、甘めの卵焼きです。これが幅広に切りそろえてあって、なんか珍しいなーって思えました。

エビは片栗粉をまぶして、ゆがいてあるのでぷりぷりでした。

スープは、少し酸っぱさが勝つ感じ。

ずる~っ ずる~っ といただきました。

言葉はやはり通じませんでした。(私は、中国語も英語も話せないし)

「あんかけですか?」ということを聞いても、理解してもらえませんでした。

マー、それでも冷やし中華を食べられて、これまたどっしり重いテイクアウトができただけで良しとしましょう。

8b8c2f051651c548687b5a28e6074b0d.jpg

「あいぼりー91号連動企画:夏バテ気味でもつるっといける!ひんやり個性派“涼麺”」

このスポットの情報
スポット名 万龍記
連絡先 042-360-7576
住所 府中市片町2-20-3
定休日 無休
営業時間 11:00~15:00 17:00~24:00