この公園が気に行って立ち寄ることが多くなっています。

今はちょうど花ショウブが見ごろです。

ddd6b229778dac3781c44ee93dea97d4.jpg

懐かしい風情の水車もあって

cd48a4fe8c43b84ac76a1b97da052160.jpg

水が張られた菖蒲田に色とりどりのショウブが

華麗な花を咲かせています。

366ffc0db2ac7cc5afc58d7d01c96370.jpg

菖蒲田には八つ橋もかかっていて

尾形光琳の八橋図屏風を彷彿とさせます。

98b7eff26d2ec48b0041e6df4eab58f6.jpg

もっとも光琳が描いたのはカキツバタということですが、、。

あやめ、カキツバタ、ショウブは漢字も同じ文字を使うことがあり、

花もよく似ていて区別が本当に難しいです。

花の大きさはショウブ・カキツバタ、あやめとあやめがいちばん小さい。

背丈もショウブ・カキツバタ・アヤメの順ですが

あやめは乾いた土地、カキツバタは水辺、ショウブはその両方とややこしいのです。

わかりやすい目安はそれぞれの花を詳しく見るとその中心の花弁の根元のところが

ショウブは黄色い目の形の模様

カキツバタは白い目の形

そしてあやめは網の目状ということです。

0c87bcb6d0f7b64b4174d008965995b0.jpg

0e3c772ef22053a21748284a292b2b6d.jpg

82e12e075a478923c1d06b872f27bc38.jpg

ショウブは確かに花弁の中央のところに黄色が見えます。

花ショウブは色も豊富でそのあでやかな花にちなんで

一つ一つ名前も日本の文字や言葉の美しさを伝えるものが多いのですが

ここでは白色とか紫色のショウブとか物足りない表記なのが

ちょっと残念です。

現在ショウブ以外にも池ではスイレンやコウホネが花をつけて水辺を彩っています。

e7077f2ecf9a52e6560ed1706f7e8eaf.jpg

スイレン

737eef34026d4b3c81e74c3871b5c223.jpg

コウホネ

このスポットの情報
スポット名 片倉城跡公園
住所 八王子市片倉町2475