※この記事は2015.06.08に作成された記事です。

あじさいまつりの期間中普段は入れないお茶庭を拝見したり、
お茶室でお薄をいただくことが出来ます。

薄茶接待(一服300円)毎週水曜・木曜・金曜、

    及び6日・7日・27日・28日(11時~16時)

0e60d56bd14a02dfb53b37cbb7f75a9e.jpg

お茶庭だけの拝観は無料ですがお茶室の中には入らず庭先を通る形になります。

この時期は縁先を開け放した空間でお薄をいただきます。
丁度たくさんの方がお座敷にいらしたので私は縁先でいただくことにしました。

3b730235b87a2c02d51032bd4c59aca5.jpg

縁側の中から

febdffe306e22a460be29f5b2ddfddd8.jpg


縁側外から

これも今月テーマの「開放感たっぷり!“外飲み”がおいしい極上テラス」になりますか?
思いっ切り屋根付いてるよっ!!と突っ込まないで下さいね。

ca511f67c9789fe3140653d8ddb9389e.jpg

まず最初に羊羹が運ばれてきました。

f7816132ae4277903eee50f59c089464.jpg

食べ終わった頃にお薄が。
抹茶のスイーツは度々食べていますがお抹茶をいただくのは久しぶりです。

12220f2de90ef0a60576aadab016e42d.jpg

4f139c8b97d814d6023e86e61070bff1.jpg

28d3d12bb41fe2daa5a4e26e4897b32b.jpg

お庭を拝見。
今回はサツキが綺麗に咲いています。
梅雨に入る前の爽やかな日、緑が濃くて気持ちが良いです。

ab5d8673d7c988e03ff3d0e07ddcdd93.jpg


玄関のお茶花。シモツケとトウチクラン(唐竹蘭)

0eff7db2b5ca62fd3f2fdf13aea70c90.jpg

広間に人が少なくなったのでお道具、床の間を拝見しました。
ガラスの水指が涼しげ。

def8b4424f6bde3069a17efd6552866f.jpg

床の間のお茶花。こちらもすっきりと活けられていますね。

こちらのお茶室は豊泉寮という名で二間続きの広いお部屋でお薄がいただけます。
目の前でお点前を見る事が出来ないのがちょっと残念なのですが
特にお作法を知らなくても気軽にお薄がいただけます。
紫陽花を見に来たついでに一服・・・和の心を味わってみてはいかかですか?

b2a73e4fa275e73753dedc00562100f8.jpg

3c29ba720d81c2e909ec871783a4a4c7.jpg

「あいぼりー90号連動企画:開放感たっぷり!“外飲み”がおいしい極上テラス」

このスポットの情報
スポット名 高幡不動尊  
住所 日野市高幡733