いま、いろいろなところで紫陽花がきれいに咲いていますが、もちろん京王百草園でも紫陽花が咲いています。

d3d8b6307ba2c4c675f03ebabbd32461.jpg

紫陽花の名所と言われる所のような華やかさはありませんが、日本庭園に静かに咲く紫陽花を鑑賞することができます。

a33b8b696348ab65347eb7d5302c674d.jpg

この日の西洋紫陽花は見頃まであと少しという感じでした。

2438362a889f97939dbea1cdcc02df26.jpg

竹垣越しの紫陽花。手前は「竜安寺垣」と呼ばれる竹垣です。割った竹を斜めに使っています。

京王百草園には、この「竜安寺垣」だけでなく、「銀閣寺垣」と「金閣寺垣」が作られています。

8206b2bf80e4fd7cdfce224b1f4bfda9.jpg

上写真の右側、丸い竹を少し隙間をあけて縦に並べているのが「金閣寺垣」。

下写真の左側、割った竹を間隔をつめて縦に並べているのが「銀閣寺垣」だそうです。

a56f4065d7e1616cda5b2a9bc69c6446.jpg

普段気にせずに見ている竹垣にもいろいろあるんですね。

さて、いま咲いている花は紫陽花だけではありません。

ホタルブクロ、キキョウ科。初夏を感じ花ですね。

d7d63adfd1f839f0baf297a4d2adefff.jpg

アザミ、キク科。この花も夏の花ですね。

b77a1c1698bf3330dffc55d0aa2b3bb4.jpg

こちらは5月から咲いているサツキ。夏の花に負けず、まだきれいに咲いていました。

575150703c8a8e1bd20c84f25d237e98.jpg

ここは心字池の端っこ、私のお気に入りの場所。

eea1c64136695208ea4709902a3849b9.jpg

心字池のまわりの緑が水面に映って、まるで水の中にもう1つ森があるようにも見えます。

見上げると、木々に実が成っています。春に花を楽しんだあとは、実も楽しめるが梅のいいところ。

3281aa92b8dae505380fb43fc6bc4708.jpg

松連庵の前で梅が天日干しされていました。

6185d7706ae1a45ce1f28a99951c541d.jpg

この梅はどうするんでしょうね。百草園の梅干しとして売り出してくれたら絶対買います(笑)

これは京王百草園の入口の案内図。旧松連坂と書かれている部分が急坂です。

0bd3b57c6b268cf271f794816ca9b4e0.jpg

この時期の京王百草園は訪れる人は少ないですが、花はたくさん咲いています。

静かな日本庭園でゆっくりした時を過ごしたいと思ったときに訪れるといいかもしれません。

このスポットの情報
スポット名 京王百草園
連絡先 042(591)3478
住所 東京都日野市百草560
定休日 水曜日 (祝日の場合は翌日、 年末年始12 月30 日~ 1 月3 日)
営業時間 午前9:00 ~午後5:00 (11月、12月は午後4時30分まで)