※この記事は2015.03.16に作成された記事です。

浜田山駅で下車し、今回は高井戸まで歩いてみます。

目的は、五日市街道と善福寺川を見ること。

駅のメインストリートを超えて

井の頭通りに出て、それから浜田山小学校前を通りました。

どの家も玄関エントランス近くが

花いっぱい。

花が咲くことを「花が笑う」とも言うそうですが

小学生の通学路、色とりどりの春の花が迎えてくれます。

これは、井の頭線沿線、23区に住む方の意気込みなのかな。

84ce4c037adee8de3f6cf41408950250.jpg

五日市街道は

西多摩地方の炭荷を江戸に運んだ街道です。

暖をとる炭が,この道を人力や馬に引かれて運ばれたものでしょう。

小平から西の、終点五日市まではよく出かけているので

都心の、それも青梅街道から別れてすぐのこのあたりでは

どんな光景なのかなーと、期待大でした。

一部、  背の高いケヤキに囲まれた地域がありました。

そのほかは、街路樹が低いものに変わっています。

0ca7b92d79a7b092e57ff34ff50ec6e9.jpg

善福寺公園に入ってみました。

桜の名所。

キレイに治水工事された川の両側に、桜並木が続きます。

5cd3fdfce26dbe5fed99f65074e0f8ad.jpg

このあたりの、川の蛇行はWの字というくらいになっています。

ちょうど行った時は、

洪水調整池の工事中でした。

地下3mに、25mプール100杯分の水を貯められる調整池。

d07b9bff6b46b746ab47ec292e749682.jpg

川の蛇行は、

曲がり角になっている部分に大きな水圧がかかるといいます。

それなら、まっすぐにしたほうがいいのに、、、

なんて考えますが

何年もかかって出来上がった川の形。

それを守りながら、災害に対処していく

これぞ、丁寧に自然と向かい合っていく生活なのですね!

再び五日市街道に戻り

少し歩いたら、早咲きの桜と会いました。

91005f9bf2ea54f4e8dc36704abb88ab.jpg

環八通りが見えてきました。

          92a2170894598111081bd1fa2cda6612.jpg

お店先に

「ようこそやっています」

名代更科~こちらにお店を構えて13年目だそうです。

お蕎麦と丼がセットでいただけるようになっているお店で

たくさんのサラリーマンが入るので

一緒に食べに向かってみました。

30b3947f35e57211ca68db22564f89bb.jpg

お客様一人ひとりに声かけられるようすが微笑ましいです。

「いつもありがとうね。きょうはなににする?

 熱いの?冷たいの?」

私は、お店の名前がついている「更科丼」をいただきました。

混み合っているので、最低限の画像だけ、

エビてんの、卵とじと言ったらいいでしょうか。

4bd0e682cd3c2b830ea645bb0bb7afe0.jpg

卵の白身を流し、そこに青のりをかけて。

雪深い更科地方の光景を表しているのかと

食べるのがもったいないくらいでした。

環八通りの上にプラットホームがある高井戸駅。

なんかホッコリした気分で、井の頭線に乗れました。

「meets井の頭線:井の頭線でみつける!ていねいな暮らしのヒント」

このスポットの情報
スポット名 浜田山・高井戸駅ちかく