南平駅周辺に、ラーメン屋さんが4・5軒。

でも、北野街道沿いの”弘前軒“がずっと気になっていたので

入ってみました。

入口の足元には、可愛らしい植木鉢が並んでいます。

ドアを開けると、煮干の匂いが!

そうか、弘前は濃厚煮干ラーメンの有名なところ。

私も、煮干の文化圏で生まれ育ったので

これはいいお店に入ったと思いました。

 57510d83e3cab3d3a4b64d68af609da8.jpg

周りの人を見ると、すり鉢のような大きな丼で黙々と食べている。

なんと、中華そばに、ラーメン2玉、これが普通なのだそうです。

私には無理だな~

と思ったら、

1玉分を、煮玉子か温泉卵に変えられるというじゃないですか。

煮玉子をお願いしました。(中華そば700円)

 41da342d4b2dec7bbdcb8e7057e2b941.jpg

お隣のお兄さんの丼鉢、直径30センチはあるな。

1000円払ったということは、トッピング追加だったのかな?

きましたよ、きましたよ。

煮干の香りが、鼻先まで来ました。

スープ自体は醤油味で薄めです。

わ~このレンゲ、普通の倍ある!

 7d6754d73eb01900675ec06385002b8c.jpg

シナチクと呼びたいメンマ、焼け目がついた焼豚、細かい長ネギ。

そして、分厚い焼き海苔、斜め切りのなると。

どれをとっても、レトロ感というか

本州最北の県らしい、哀愁の漂うラーメンの具です。

煮玉子は、半熟なのに、味がしっかり染み込んでいて

これは美味しい。

麺は、東京ラーメンと違い中細のまっすぐな麺でした。

なんか田舎で食べている感じです。

062e3faf14ef681bfbe9cbd46018927a.jpg

カウンターの調味料はちょっとほかと違い

一味が置いてあったり、醤油だれが追加できるようになっていました。

逆L字型のカウンターだけがある細いお店です。

9人座ると、もう満員。

もちろんタバコを吸う人もなく

ひたすら、TBSラジオを聴きながら、ラーメンとお付き合い。

アド街っく天国2014年3月に放映されたということで

日野近郊だけじゃなく、

かなり遠くからも食べにこられているようですよ。

このスポットの情報
スポット名 弘前軒
連絡先 042-592-2617
住所 日野市南平9-44-11
定休日 月曜日
営業時間 11:00~15:00 17:00~19:30 土・日・祝日は11:00~19:30