※この記事は2014.11.23に作成された記事です。

京王百草園の紅葉が見頃になっているようなので、11月とは思えない暖かな日差しの中で散歩してきました。a9ca4da429f9a7a9b491e4d1944dca1f.jpg
入口正面の階段を上りきって右側のモミジ。まさにいま紅葉が見頃です。ded36f5aa7b2987e247f774a881c616a.jpg
秋の日差しを通してみるモミジ。a8f5fa4eb77cf3b516f105bc267cbdde.jpg

天気のいい日の来ることができて良かったと思える瞬間です。


心字池の回りの紅葉が水面に映って幻想的な光景を作り出していました。0bdb2f714e599cc0cd197f902d6a3b7d.jpg

見晴らし台からの景色がすっかり秋の色。ea4f805c3e8103eb5879c86655d593ab.jpg
ここからの眺めはこの時期が一番きれいですね。

丘の上から松連庵の裏に降りる急階段の途中から見た紅葉。e6c3f21ff92516c7342aadda13d12c1f.jpg

このポイントは向うに見える山のモミジと手前のモミジが重なって見える場所です。
モミジの木が燃えています(笑)08c8e2cfac59f8f66a89d511c772c26a.jpg
これは、若山牧水歌碑のそば、目の前に多摩川が見えるベンチの横から受付方向に降りる階段の途中で上を見上げると見ることができます。

11月22~24日は竹灯籠と紅葉観賞の宵(紅葉ライトアップ)が開催されます。
これはそのためにおかれた竹灯籠。園内の竹林の孟宗竹で作られたもの。d117c6b46415d1b7c42f82c09f4da515.jpg
でもあまり昼にじっくりみてはいけません。日が沈んでからまた来園しましょう。d23749f144d2eed494b3002ee8cea18d.jpg
暗くなった同じ場所。竹灯籠の暖かい明かりが心地よいですね。
9a5210a3d0a662a1570f356086944d95.jpg
こちらは松連庵と茶室の間。毎年竹灯籠の大作が飾られるところです。a305c6acd7de8ab67f379f026247cd13.jpg

これは上から2枚目とほぼ同じ場所。でも夜の景色は昼とは違いますね。5f1f98d470d9b1494029c2f1d08dbceb.jpg
茶室前のモミジ、オオサカズキ。昼間は燃えるような赤だったモミジ。夜はちょっと妖艶な赤い姿になります。
7f84738fd3c5a247dca1437a860dbf5c.jpg
明日11月25日も竹灯籠と紅葉観賞の宵が開催されます。
例年より暖かい紅葉ライトアップ。夜の京王百草園に入園できる数少ないチャンスでもあります。是非訪れてみてください。



このスポットの情報
スポット名 京王百草園
連絡先 042(591)3478
住所 東京都日野市百草560
定休日 水曜日 (祝日の場合は翌日、 年末年始12 月30 日~ 1 月3 日)
営業時間 午前9:00 ~午後5:00 (11 月・12 月は午後4:30 まで)