※この記事は2014.10.19に作成された記事です。


平日ランチは、曜日によってお得なサービスを利用するために、だいたい曜日によって
行くお店が決まってきています。

お店によって「○曜日はランチ××円!」とか「○曜日は××が半額!」など。

ここもその一つ。
新宿西口、小滝橋通り近くの『讃岐うどん大使 東京麺通団』さん。

新宿や吉祥寺にお店があるので、過去に街はぴライターさんも記事にされていますね。


さて、何がお得かというと、うどんにはつきものの天ぷら。
これが通常100円~150円のところ、月曜日は全品50円になります!

ということで、もともとお安い価格帯なのですが、同じ行くなら月曜日に行きたいですよね。


     8bbe3ffd6151295f6506cf7f43eb279e.jpg

いつも決まったメニューにしてしまうのですが、うどんはあつかけ(小)310円。

     a07015c79f216d0788ca9f8b2b83b741.jpg

お出汁はレジでお金を払った後、自分で入れます。
ねぎとしょうがもお好みで自分で入れます。

うどんの玉は(小)で約200g。いわゆる一玉くらいの量ですね。

天ぷらがお得となれば、3品ほど食べたくなっちゃいます。

ちくわ、半熟卵、わかめのかき揚げ。

     3d39286a33fcb5a3632e246b953ec980.jpg

半熟卵はハマります。
とろ~っと中から黄身がでてきて、うどんによく絡むのです。

ただ、天ぷらは作り置きなので、タイミングによってはちょっと冷たい時も・・・。
熱々に当たった時はラッキーなのかもしれません。

うどん一玉でも天ぷら3品で満腹に・・・女性なら食べ過ぎか?!といつも
会社のお友達と話しているのですが、
やはりサラリーマンの方々を見ていると、天ぷらの量が半端ない。
何と言っても1品50円ですもんね。

私もこれだけ食べて460円で収まるという、なんとも安上がりなランチです。
月曜日はお財布に優しい日なのです。

ちなみに天ぷら全品50円はランチタイムだけではなく、どの時間帯もです。


そしてこのお店に置いてあるフリーペーパーも楽しみのひとつです。

     7d90c1e5b2c4259ec5f1cd7dae59c5ef.jpg

香川県広聴広報課が発行されている、香川県の情報誌。
うどん県に足を運びたくなるような記事がたくさん載っていて、楽しく読ませてもらっています。



このスポットの情報
スポット名 讃岐うどん大使 東京麺通団
連絡先 03-5389-1077
住所 新宿区 西新宿7-9-15 ダイカンプラザ ビジネス清田ビル1F
定休日 年中無休
営業時間 10:00~23:30(L.O.23:00)